FC2ブログ

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (3)幽霊にナカ出し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (3)幽霊にナカ出し

「あ、そう、オレも童貞だから、おあいこだな」
美少女の官能的な女体にのぼせ上がったオレは、オマタを隠す手を引きはがして勃起チンポを濡れ濡れのスジにすりつけた。

「や、ああ、擦れてるう…、あんっ、そうなんですかあっ」
性欲まみれのケダモノになったオレはセーラー服が乱れた艶かしい肌にのしかかってスマタに腰を振った。感じる部分を刺激されて可愛い顔が淫靡に歪んでいたが、童貞と処女の組み合わせに反応した気がした。
「ああ、まさに運命の出会いってやつだっ」
ヌルヌルのヒダがサオに絡みついてくるのが気持ちよくてオレは適当に相づちを打っていた。この一言のせいで幽霊美少女に取り憑かれるなんてその時は夢にも思わなかった。
「そう、ですね…、あんっ、そこ、はあっ」
快感を貪るオレを見つめた彼女は背中に手を回してしがみつくと、オレに頬ずりしてスマタする男根に腰を押し出してきた。
「んっ…、お…、いいっ、気持ちいいっ」
密着した股間にサオを強く摩擦される快感にのけ反った。
「あ、あっ、んっ、はあっ」
彼女も同じように感じているようで、耳元でエッチな吐息を激しくしていた。

「くうっ、挿れてやるっ」
気持よすぎて発射しそうだった。このまま暴発する恥さらしに焦ったオレはサオを握って入口を探した。
「あ、んっ、そこ…、あ、ああっ」
小陰唇の谷間を行き来する亀頭にお腹を反りあげてのけ反った彼女だったが、腰の位置をうまく微調整して入り口に誘った。愛液でヌルヌルの膣口に咥え込まれたのを感じたオレは一気に腰を突き上げた。
「おっ…、くうう…」
膣中は冷たかった。チンポが凍傷になるほどの冷たさにオレは動けなくなった。チンポから股間、そこから全身に冷たさが広がってブルっと震えたオレは、金縛りにあったように微動だにせずに彼女の温かい官能的な女体にしがみついていた。
「あ、ああ…、どうしたの?…、だ、大丈夫?…」
きつく抱きしめられた彼女は苦しそうにエッチな吐息を漏らしたが、オレが動かなくなったので心配そうな声を耳元に囁いた。

「あ…、くっ、くそっ、おらあっ」
その声で緊張が溶けた。凍傷しそうな冷たさというのは錯覚だった。温かい肌の感触と対照的な冷たさにそう思い込んでしまったが、せいぜい気温と同じくらいだとわかるとオレは冷めたカップ麺でオナニーするつもりで思いっきり勃起チンポを挿入した。
「あ、んっ、ああっ、いいっ」
きびしい突き上げにブラにひしゃげた豊満な乳房が大きく波打ってタプタプ揺れ、のけ反った美少女顔が白目のアヘ顔を見せる。ヌルヌル愛液まみれの冷たい膣は、汁を吸って膨らみきったラーメンでオナニーするより数万倍気持ちよかった。
「おっ、くうっ、ううっ」
冷たい膣粘膜がサオに絡んで締め付けてくる。溢れた冷たいラブジュースが大陰唇をビショビショに濡らし、そこにぶつかる鼠径部がヒンヤリして汗で濡れた背中がゾクゾクする。
「あ、やっ、ああっ、だ、めえっ、い、いくうっ」
自称処女はナマチンポの挿入に悶えた。頂点に達してエクスタシーに襲われていた。力んだ手が背中をかきむしり、赤い爪痕を幾筋もつけた。チンポが出入りするたびに「ヌプジュプ」と愛液がかき回される卑猥な音がする。
「んぐっ…、く…、うう…」
冷たい膣粘膜の強烈な締め付けにオレも絶頂に達した。裏スジを駆け上がる精液の熱さにのけ反ったオレは、思いっきり挿入して膣奥を突き破り、ドクドクと射精した。

「あっ、ああっ…、いっ、いいっ」
子宮内射精された彼女はギュッと抱きついてきて豊満な乳房を押しつぶし、密着して汗に濡れた肌がビクビク震えて痙攣していた。お腹を持ち上げて反り上がる女体は冷たい膣壁をキュウキュウ締め付けて尿道に残った精液を絞りとっていた。

彼女は幽霊 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:1 ━ Trackback:0 ━ 20:36:09 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4354-e778ad0e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next