FC2ブログ

== 隣のナミさん ==

隣のナミさん (8)初フェラと初キス

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
隣のナミさん 目次

隣のナミさん (8)初フェラと初キス

(やばい、やばいよお…、あっ…)
ザーメンまみれのお尻をティッシュでゴシゴシ拭く悠希は、乱暴な手つきで目覚めるかもしれないとハッとなり、那美の様子を伺った。

(はああ…、う…、お掃除フェラ…)
垂れた目を閉じたままで目を覚ます気配のない那美に大きくため息を付いた悠希は、だらしないスキマを見せる唇に見入っていた。艶かしい唇にまた変な気分になった悠希はダランとした息子が目に入ると強烈にフェラさせたくなった。
「ハ、ちょっとだけ…、ハア、お願いします…」
脱力した半剥けチンポに片手を添えた変態は、激しい動悸と苦しい息を意識しながら顔を横に向けた那美の唇に先端を押し付けた。
「くっ…、あ、う、ううう…」
へばりつく残滓を唇で削ぎ落とすぐらいのつもりだったのに、エッチな唇は先端を咥えると舌でペロペロ舐め出した。思いがけない濃厚サービスに変態はベッドに腰をつきだした不安定な体勢で情けない声を漏らし、カラダ全体でガクガク震えていた。
「む…、く、ふっ、はううっ…」
那美は目を閉じたままだった。皮のたるんだ先端を咥えた唇がクチュクチュする。尖った舌が鈴口を分けるようにチロチロ舐め、広がったカサをなぞってカリ根をこそげるように舐めあげる。息子を翻弄するネットリした舌の気持ちよさに意識が飛びそうな悠希は、ベッドのヘリにつかまって崩れ落ちそうなカラダを支えていた。
「う、くううっ、はうっ…」
いやらしい唇に半立ち息子がすべて吸い込まれそうな錯覚を覚えた悠希は、焦って腰を引くと慌ててジャージをずり上げた。

「…、あ、ごめん、寝ちゃってた?…、ごめんね、マッサージ、気持ちよすぎたから、つい…」
フラフラして足元のあやしい悠希がジャージをあげて半立チンポを収めるのと同時に那美は垂れ目をパッチリ開けて恥ずかしそうに笑った。
「え、あ、いえ、別に、そんな…」
カラダを起こした那美が胸の下までまくれ上がったキャミをさり気なく下げるのを悠希はオドオドしながら見ていた。
「あれ、なんか変な味…、ん、苦い?…」
半立ち息子で盛り上がった股間を隠してうろたえる悠希を楽しそうに見る那美は、ペロッと唇を舐めると難しそうな顔をした。
「んんーっ?、ゆうきくん、ちょっといい」
それがザーメンの苦さだとは言わないまま、唇にへばりついたザーメンの残滓を味わってしかめっ面する那美が、挙動不審な悠希を手招きする。
「なに?、あっ、んっ、ふああ…」
面白くなさそうに横を向くタレ目顔に恐る恐る近寄ると、突然首に腕を回してきた那美に抱きつかれてキスされた。とっさのことに硬直する童貞浪人は口の中をクチュクチュ舐めまわして舌に絡んでくる艶かしい愛撫に、のぼせそうな気持ちよさでカラダから力が抜けて頼りない吐息を漏らしていた。

「んっ…、ね、苦いでしょ、なんだろう?…」
口移しでツバを飲ませた那美は突然離れると、お掃除フェラをされたことをしらばっくれたまま恥ずかしそうに笑った。ディープキス初経験の悠希は緩んだ艶かしい唇を凝視して固まっていた。
「ん、なにかしら、これ…、同じ味がする…」
キャミがまくれ上がって丸出しのお尻に手を伸ばした那美は、尻ワレメの拭き残しを指ですくい取り、立ち尽くす悠希にゼリー状の残滓を見せつけるようにして指を伸ばすとペロリと舐めた。
「悠希くん、これなにか、知ってる?…」
妖しい笑みを浮かべたままゆったりと立ち上がった那美は、ブルブル震える悠希に寄りかかってたるんだキャミに乳首が見えそうな乳肌を押し付けると、悠希の口に指先を優しく差し込んだ。

「ん、あ、あのっ、すいませんっ、ボクっ、そのっ、がまんできなくてっ」
ここまでされたら那美が気づいていることはわかる。そもそもあんなに乱暴なことをされて気づかないはずがないのだ。しかし女の子とまともに付き合ったことのない悠希にうまい言い訳などできるはずもなかった。自分のザーメンを初めて味わった童貞は謝るしかなかった。
「うふふ、謝らなくていいのよ、だって私『けしからん尻』だし…、そうだ『デカすぎるパイオツ』だもんね、謝るのは私よ、ね」
泣き出しそうにうつむく悠希を起こした那美はちょっと楽しそうだった。悠希が素直に認めたことが嬉しかっただけなのだが、悠希には不可解な笑みだった。少女のような笑顔を見せるタレ目美人はあの時のセリフを思い出して口に出しながら悠希の手を引いてお尻と乳房を触らせていた。

「う…、あ、あううっ、ホントにっ、すいませんでしたっ」
胸やお尻の左右に張り出したゴージャスなボリュームの感触に性懲りもなく勃起した悠希は、意識のない女性に変態行為したふしだらな自分がどうしようもなくいたたまれなくて、ジャージを中途半端に引き上げると部屋を逃げ出した。
「…」
童貞少年のめんどくさいこだわりに若干呆れ気味な寂しさを漂わせる那美は、半ケツジャージの後ろ姿を黙って見送っていた。

隣のナミさん (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:03:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4347-75fe2493
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next