FC2ブログ

== 短編 ==

短編 (248)会社の先輩リナ(13)マシュマロパイズリフェラ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
短編 会社の先輩リナ 目次

短編 (248)会社の先輩リナ(13)マシュマロパイズリフェラ

「ああ、しまったあっ、ああーっ、困ったことが…」
オッパイ星人のボクはフワフワマシュマロFカップを好き勝手に揉みまくって幸せの極致にいたが、勃起した息子におねだりされてもっと気持ちよくなるスケベな悪巧みを巡らせ、大げさに困ってみせた。

「はあん…、数馬様、お困りなのですね、すずがお助けいたします、何でもおっしゃってください」
激しい乳揉みにウットリしてボクにカラダを預けていたすずさんは、真剣な顔で迫るボクにエッチな笑みで応えてくれた。
「ふーっ、実はこれなんですが…」
頭の中がエロ妄想まみれでスケベなことしか考えてないボクは素早くズボンを脱ぐと、カウパーで濡れた勃起チンポを透け透けパンティが食い込んだ腰肉に押し付けた。
「あら、おちんちんですね、数馬様、ごりっぱです」
臨戦状態の男性器に警戒する気配もなくウットリ笑うお嬢様は、柔らかい下腹に押し付けられた固い先端をちょんちょん触ってきた。
「おふうっ、おちんちんではなく、ふーっ、これはペニスです」
絶妙な軽いタッチに浮き立つボクだったが、真面目な顔のまま迫った。
「うふふっ、すず間違ってしまいました、そういう言い方もするんでしたわ」
無意味に顔をしかめるボクに笑うのをやめたすずさんは、カウパーで濡れた先端を優しく撫でていた。
「んふーっ、ペニスが固いままなのは、ふーっ、じつは体に良くないことなのです」
ボクはお嬢様が口走るエロ単語に萌えた。心配してくれるすずさんの優しい気持ちを一切無視したボクは、フワフワマシュマロパイにペニスを挟んでオナニーすることしか考えてなかった。
「まあ、それはたいへんですわ、どうしましょう」
ミエミエの大嘘だったが、お嬢様はいたって真面目で本気で心配しているように見えた。世間知らずなお嬢様の天然なオトボケにボクは吹き出しそうだったが、懸命に我慢しして難しい顔を続けていた。

「そこですずさんに、ペニスを大きなオッパイに挟んでしごいて欲しいんです」
ボクは単刀直入におねだりした。
「はあ…、わかりました、ずすは数馬様のためならなんでもいたしますわ、これでよろしいですか」
意味がわからないという不思議そうな表情を見せたが、すずさんは真面目な顔でボクの前でひざまずくと特大マシュマロで勃起チンポを挟んでくれた。
「はうっ、あああ…、い、いいですっ、ふーっ、で、両側から押して、ふーっ、揉んでください」
チンポが蕩けそうな柔らかさだった。ボクは夢心地でお嬢様のパイズリを楽しんだ。
「はい、これでよろしいですか」
すずさんはぎこちない手つきでFカップ爆乳を両側から押して勃起チンポを愛撫する。フワフワマシュマロに勃起チンポが蕩けてしまいそうな極楽気分だ。
「んふーっ、、い、いいいですっ、すずさんのオッパイは、んふーっ、素晴らしいですっ」
夢のフワフワFカップのパイズリだ。勃起チンポをフワフワマシュマロの弾力が圧迫してきてボクはサイコーの気分だった。
「で、ふーっ、ツバを、ふーっ、垂らしてください」
スベスベ素肌パイズリに満足してのぼせたボクは、ツバのヌルヌルトッピングを要求した。

「そんなことして、よろしいのかしら」
特大オッパイを両側から押していたお嬢様は失礼な行為だと思ったらしく上目遣いに聞き返してきた。
「ふーっ、ツバには殺菌効果も、んふーっ、ありますし、んふーっ、とっても効くんです」
ボクは自分から腰を振って極上のパイズリを楽しみながら、荒い吐息に勢い込んでデタラメをわめいていた。
「はあ…、そういうものなのですね、ずすはがんばります」
ボクの迫力に気圧されたようで大きく見開いた目で見返していたが、覚悟を決めたすずさんは大きなマシュマロから顔を出したカリに厚ぼったい唇を突き出してツバを垂らしていた。
「あら、ヌルヌルしますわ、はあ、すずはまた変な気分になってきました」
パイズリチンポにたっぷり潤滑油を供給したお嬢様は、両側からフワフワFカップを押してパイズリを再開した。自分でする乳揉みで気持ちよくなってきたのかうっとりした表情を見せて、透け透けパンティの腰を妖しく降りだした。
「んふーっ、、い、いいですっ、上手ですよっ、ふーっ、じゃあ、先っちょをしゃぶってくださいっ」
ヌルヌルフワフワの圧迫にボクは天国に昇るくらい気持ちよかった。のぼせまくって調子に乗ったボクはパイズリフェラを要求していた。

「はあ…、お口で、しゃぶるんですか?」
いやらしいことを強制されているという意識はないようだが、男性器をしゃぶった経験のないお嬢様はためらっていた。
「んふーっ、実はテニスの上達はペニスの扱いが、ふーっ、うまくなることが大前提なんですっ、んふーっ、だからずすさん頑張ってください」
浮かれたボクはくだらないダジャレに吹き出しそうだったが、懸命にこらえて真面目な顔でフェラ初体験のお嬢様に迫った。
「そうでしたのね、すずは何も知らなくて恥ずかしいです、それでは参ります、ん、ちゅううっ、このような感じでよろしいでしょうか?」
お嬢様のゴキゲンなフェラにボクはのけ反ってバカ笑いしていた。やり方が分かってないすずさんがいちいち確認してくる。
「んふーっ、いいですよ、もっと頑張って、ふーっ、奥まで咥えましょうか、ふーっ、はわあっ」
一生懸命奥地のご奉仕を捧げる良家のお嬢様にボクは得意の絶頂だった。わずかにウェーブのかかったセミロングの頭を抱えると巨大マシュマロ山脈から顔を出した鈴口に厚ぼったい唇を押し付けて、ボクはあまりの気持ちよさで全身がガクガク震えていた。

短編 (249)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:52:56 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4335-4347b6e2
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next