FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (391)ナマ本番に悶える長身美女

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (391)ナマ本番に悶える長身美女

「やめるわけ…、ねーだろっ、うひいっ、はいっちゃったあっ」
祐香里の脚を広げさせて膣口にいきり立ったズル剥けチンポを突きつけたタダシは、イジワルな笑みを浮かべながら腰を突き出すとおちゃらけた声を上げた。

「やっ、やだっ、変態っ、死ねっ、あっ、やっ、ああっ、もうっ、やだあっ」
先っちょを挿れられた長身美女は少しでも逃げようとしてか、アゴを突き上げて着乱れた女体を緊張させていたが、ハンドボール大のふたつの爆乳をプルプル震わせただけだった。あえぎ声混じり罵声は最後には泣き声になっていた。
「おいっ、オマエはオレにチンチン挿れられたら、『ご主人様、ありがとうございます』っていうんだよっ」
目尻から涙をこぼす美人顔を両手で押さえたタダシは奥まで突っ込みたくなる下半身の衝動を自制しながら、憎々しげな笑いを浮かべて奴隷調教していた。
「ば、バカじゃ、ないの…、もう、やめてよお…」
キスしそうなほど近くですごむエロガキに哀願するような泣き声を漏らす祐香里は、後ろ手拘束で自由を奪われて何も出来ない状況に半ば観念していた。先っちょだけの生殺し状態に「いっそのこと早く挿れて」が毎晩のオナニーが習慣になった早熟な女体の本心だった。

「『ご主人様、ありがとうございます』だ、言わねえとちゃんと挿れてやらねえぞ」
言うとおりにならない長身美女にいつもの癇癪を起こした堪え性のないエロガキは、横にはみ出すほどバカデカイ乳房を握って指先を突き立てた。
「いっ、痛いっ、やっ、も、もう、やだあ…」
敏感な乳肌に食い込む指先に端正な美人顔が歪む。指の間から突き出した乳首がよけいに飛び出してピンク色をした何か別の生き物のようだった。
「わかってねえな、オレのチンポか、他の変態どものチンポか、どっちがいいかって、それくらいわかるだろ」
かつての初恋の女の子の泣き顔がちょっとかわいそうになったタダシは、乳首をクリクリ愛撫しながら脅迫材料のケータイ画面を祐香里の目の前に掲げた。
「あん、あ…、や…、やだあ…、もう、いやああ…」
優しい愛撫にエッチな声を漏らした祐香里だったが、自分の恥ずかしい姿を見てさめざめと泣き出した。しかし先っちょを咥え込んだ下の口はイヤらしいヨダレを垂らしてソファを濡らしていた。

「…、とりあえずやっとくかっ、おらっ」
ヒクヒクする膣口にカリ根を刺激されてゾワゾワしだしたタダシはガマンできずに腰を突き上げた。
「あっ、や、んっ…、あっ、ああっ」
いきなり子宮の入り口まで貫かれた祐香里は涙にまみれた目を思いっきり見開いた。反り上がった女体に二つの爆乳がバウンドして固くなった乳首が陥没して飛び出すのを繰り返した。
「うひいっ、ぐふっ…、んっ、おらっ、はっ、いいっ、はっ、だろっ、はっ、んっ、うれしっ、はっ、いかっ」
根本まで挿入したタダシは由貴やエリとはひと味違う処女○ンコの良さにバカ笑いしてナマ本番に没頭した。中学時代の妄想オナニーでよがる祐香里の幻影を見ながら腰を振りまくった。
「やっ、んっ、あっ、やっ、だっ、ああっ、ああっ、んっ、はっ…」
自由を奪われて何も出来ない祐香里は無垢な女体をムリヤリ蹂躙される屈辱に堪えるしかなかった。しかしオナニーに慣れた早熟なカラダは激しく出入りする肉棒に応えるように、潤沢な愛液を溢れさせていた。

「んっ、出して、いいかっ、くっ、うっ…」
ナマ本番の快感とすすり泣きに震える女体にしがみついてナマ本番の快感を貪るタダシは、裏スジが痺れる発射の予感にナカ出しを宣言した。
「あ、や、やだっ、あ、やっ、ナカは、あ、ああっ、いやっ、ああっ」
激しい突き上げに頭を忙しく上下させる祐香里は、ピンク色の靄がかかった意識で中出し妊娠を意識してイヤイヤして顔を横に振った。しかしメスの受胎本能は授精を求めて膣壁を収縮し、いきり立った肉棒をネットリ締め付けていた。

女子校生由貴 (392) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:45:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4282-2620041b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next