FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (388)放尿舐めプレイ

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (388)放尿舐めプレイ

「…、オシッコ…、漏れそうなんだよ…」
冷たい薄ら笑いで睥睨するデカ女祐香里に観念したタダシは、みっともなく引いた股間を両手で押さえてせっぱ詰まった尿意を正直に訴えた。

「お、オシッコ?…、あははっ…、ただちくんは、おちっこ、ちたいんでちゅかあっ」
みっともない言い訳に一瞬高校1年の素の顔を見せた祐香里は、高笑いして豊かな胸をブルンブルン揺らすと、赤ちゃん言葉で小バカにしていた。
「そっ、そうだよっ、生理現象だっ、仕方ねえだろっ」
尿意は限界に近づいていた。冷や汗を浮かべたタダシはトイレに行こうと立ち上がった。
「ふんっ、そんなウソ信じると思ったの、じゃあママがちーちーさせてあげまちゅよ」
オッパイの横をすり抜けようとするチビヘタレの襟首を掴んだ長身美人は、またソファに投げ出すと横に座って社会の窓に手を掛けた。

「やっ、やめろって、ホントに漏れそうなんだよっ」
一刻の猶予もないタダシはチャックをつまむ綺麗な手を払いのけ、寄りかかる外人並みのセクシーボディを押しのける。
「…、ナニ勝手に触ってるのよっ、この変態ヘタレっ」
押しのけた手がスイカのような丸い膨らみを鷲掴みしていた。乳肌に食い込む指先に冷たい視線を投げかける高慢女子は、唖然とするマヌケ面に思いっきり平手打ちを見舞った。

「いっ、いてえっ、うひっ…、ひわわっ」
180センチの長身から繰り出されるビンタに思いっきり床に倒れたタダシだったが、その拍子に粗相してしまった。チャックをつまむ手を払いのけた時に全開になった社会の窓から、コンニチワした皮被りチンポがシャワー状にオシッコをばらまいていた。
「やっ、なっ、バカっ、汚いっ」
扇状に放射された黄金水が祐香里の脚線美にかかった。汚いオシッコの洗礼を受けた高慢長身女子はキンキンする大声で騒いでいた。
「ホントにするっ?、このバカっ、変態っ」
放出が収まったラッキョチンポをチラ見した祐香里は、あいかわらずのキンキン声でオシッコを引っかけられた脚を嫌そうに振っていた。

「…、悪かったよっ、キレイにするからっ」
こみあげる尿意から開放されてスッキリしたタダシだったが、恥ずかしい放尿現場を見られた上に罵倒されてキレた。頭に血が上って見境の無くなった変態ヘタレは、滴を振り払う足先にしがみつくとナマ脚をペロペロ舐めだした。
「きゃっ、きゃああっ、なっ、なにしてんのっ、やっ、汚いっ、へんたいっ」
自らが放出したオシッコを舐める変態に、背筋が冷たくなるような怖じ気に襲われた祐香里は甲高い「女の子の悲鳴」を上げた。

「んがっ、べろっ、じゅびびっ、ちゅじゅずびっ」
可憐な悲鳴にいつものどSな昂ぶりを刺激されたタダシは本来の調子を取り戻した。わざわざ擬音を発して脚肌を舐めまくった。白人AV並みに見事な脚線美は博多人形のようなスベスベモチモチ肌で、舌が蕩けそうな気持ちよさだった。
「やっ、へっ、へんたっ、いいっ、やだああっ」
腰砕けにソファに尻もちをついた祐香里は温かいナメクジが這い回るような気持ち悪さに戦慄し、鳥肌が立つ感覚に狼狽えた。少女のようなキンキン声の悲鳴を上げて、内股に合わせた太ももにマイクロミニのスソを引っ張ってせわしなく押し込んでいた。

「うがっ、ベロベロッ、じゅびびっ、ンヂュジュルルッ」
震える膝頭を思いっきり開いて顔を突っ込んだタダシは、レースに恥ずかしい場所の地肌が透けた純白パンティにシミを見つけて、ますます調子に乗って内太ももの柔らかい肉を舐めまくって唾液まみれにしていた。

女子校生由貴 (389) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:04:33 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4279-bef32ac3
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next