FC2ブログ

== 緊縛人妻華恵 ==

緊縛人妻華恵 (16)ホームレス仲間のホンダさん

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
緊縛人妻華恵 目次

緊縛人妻華恵 (16)ホームレス仲間のホンダさん

「はあ…、あ…、ああ…」
一時の快楽に支配されて見ず知らずの女性を強姦してしまったことにようやく気付いた納屋川は、華恵の柔らかくて官能的な肉布団にのしかったまま罪悪感に襲われていた。

「ナヤさん、お楽しみ中かっ」
そこにホームレス仲間のホンダさんが現れて、着乱れた美人にしがみつく納屋川を冷やかした。
「あっ、やあんっ」
精子をナマ注入されたメスの悦びにウットリしていた華恵は、ニタニタ笑って近寄ってくる垢まみれの老人に怯えた声を上げて納屋川にしがみついた。
「や、ホンダさん、ちがうから…」
納屋川は華恵を抱き抱えると背中を向けてスケベ笑いするホンダさんから隠した。ホンダさんは60過ぎで納屋川も本名を知らないが、ホームレスの先輩としていろいろ世話になっているので頭が上がらない。

「こんな綺麗な女と、ナヤさん、うらやましいなあ」
垢だらけの顔をしわくちゃにしたホンダさんは逃げ腰の納屋川の前に回り込むと、いやらしい笑いを浮かべてワンピースがまくれ上がった女体を視姦していた。
「おねがいします、見ないで、ください…」
気弱そうな声を漏らした華恵は納屋川の腕の中で顔を伏せていたが、性欲剥き出しの視線に息苦しい昂ぶりを感じて女体の芯を火照らせ、まだ挿入されたままの半立ちチンポを愛液が溢れる蜜壺で締め付けていた。

「んっ、くうう…、そ、そうなんだ、くっ、ううっ、ほ、ホンダさん、た、頼むよ」
萎み始めた分身を膣粘膜でネットリ刺激された50がらみの中年は、逃げ出そうとして女盛りの女体を抱えてあげ、図らずも駅弁ファックの体勢になっていた。
「おっ、やっぱしてんだっ、なあナヤさん、おれもいいいだろ」
大きく脚を広げて丸見えの接合部を覗き込んだホンダさんは、うしろの穴でいいからと言わんばかりにヒクヒク震える菊門を指でツンツンした。

「いやあん、だ、だめえ、見ないでえ」
まだバージンの排泄器官を触られた華恵は、甘ったるい悲鳴を上げてブルブル震えてかろうじて駅弁体位を保つ納屋川に強く抱きついた。腰に絡めた太ももをきつく締めているのお尻のワレメをパックリ開き、うしろから覗き込むホンダさんに細かいシワがヒクヒク震えるアナルのすみずみまで見せつけていた。

「うひひっ、可愛いケツしてんなあ、すぐにいい気分にしてやるよ」
官能妻の熟れた肉体にケダモノじみた欲情を昂ぶらせる初老ホームレスは、チンカスが溜まった半立ちチンポを取り出してしごきながら、スベスベした丸みをなで回してアナルあたりをベロベロ舐めだした。
「やあん、いやあ、やだあんっ、やめてえっ」
恥ずかしい排泄器官を初めて刺激された華恵は、背筋が冷たくなるような嫌悪に襲われて納屋川に強く抱きついた。しかしノーブラの乳房をホームレス中年の胸で押しつぶす官能的なカラダは、下腹をゾクゾクさせて元気を取り戻し始めた納屋川の息子を、愛液まみれのヒダヒダ膣粘膜で締め付けていた。

緊縛人妻華恵 (17)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:40:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4274-261971e8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next