FC2ブログ

== 緊縛人妻華恵 ==

緊縛人妻華恵 (15)ホームレス中年の極楽

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
緊縛人妻華恵 目次

緊縛人妻華恵 (15)ホームレス中年の極楽

「やっ、は、う、ううっ」
下半身でつり上げられた体勢から地面に降ろされた華恵は、M字開脚した股間に固い肉棒をズコズコ挿入されながら、がむしゃらなディープキスで窒息寸前だった。

「うっ、ふふおっ、ふぉあっ、ふぐうっ」
立ったままで腰を抱えあげて陵辱する変則体位に疲れたホームレス中年は、草地でぐったりした官能的な女体に覆い被さって腰を振りながらセクシーな唇に吸い付いた。ポッテリした唇の柔らかい感触に頭の芯が痺れて意識が朦朧とし、勃起チンポナマ挿入の勢いが俄然激しくなる。
「あふっ、んっ、うっ、くうっ、うううっ」
薄汚れたオジサンにのしかかられて強姦される屈辱に豊かなまつげに飾られたまぶたのフチから涙がこぼれる。ホームレス特有の異臭に切迫した嘔吐感に襲われながら、同時に熱烈なキスの息苦しさに女体の芯が厚くなる。
「はあっ、あっ、はっ、オッパイ、はっ、はっ、おっぱいいっ…」
たっぷりした唇を嬲る快感に息をするのを忘れていた納屋川は、突然顔を上げて荒い吐息で息継ぎすると、仰向けに寝ても綺麗な球体を保つ巨乳に顔を埋めて「オッパイ」を連呼した。

「あ、やっ、はっ、ああっ、んっ、はああ…」
高校生に続いて正体不明の汚いオジサンに犯される災難に我が身の不幸を嘆く華恵だったが、妊娠可能な成熟したカラダを激しく犯されて翻弄されるメスの悦びも同時に味わっていた。がむしゃらにしがみついて乳房にむしゃぶりつく納屋川に赤ん坊に授乳する錯覚を誘われて母性本能されも刺激されていた。
「はっ、んっ、ふっ、んんんっー、ふぐっ、ふはっ、うめえっ、はあっ」
バレーボールが二つ並んだような乳房にむしゃぶりつき、極楽気分でのぼせた納屋川は狩りに成功した肉食獣が血まみれの獲物の肉を食いちぎるように頭を上げて咥えた乳首を引っ張る。
「ひっ、ああっ、あっ、ああっ」
驚くほど伸びた乳首に華恵は噛み切られる恐怖に襲われてオシッコを漏らした。肉棒が絶えず出入りする媚肉の切れ目を愛液とオシッコでネチョネチョした人妻は、暴力的な仕打ちに心のどこかで悦びを感じていた。それがマゾ女が感じる倒錯した悦びであることを理解する余裕はなかった。

「んっ…、お、はっ、はあっ、おおっ、おおおっ」
極上の女体を犯す悦びに没頭した納屋川は突然電撃のような射精感を裏スジに感じてアゴを突き上げて反り上がった。タプタプ揺れる乳房の頂点で歯形が付いた乳輪が腫れていた。
「あ、で、出てるうっ、うっ、んっ、いっぱいっ、ああっ」
怒張する肉棒で思いっきり突き上げられた肉感的な女体も大きくのけぞって白いノドを突き上げた。膣奥に突きつけられた鈴口で炸裂するザーメンが、子宮口に吸い込まれるゾクゾクするような昂ぶりに華恵はメスの根源的な悦びに襲われていた。
「ふっ、んぐっ、うっ、ふぐっ、ふはあっ…」
納屋川にとって数十年ぶりの膣内射精だった。極上の女体にのめり込んだ中年ホームレスは、真面目一途の人生で初めてセックスの悦びを味わっていた。官能に悶える柔らかい女体を下半身で押さえ込んだオッサンは、気が遠くなりそうな快感にウットリして妖しく濡れた唇に吸い付いていた。

「はふっ、んっ、ふはんっ、んんっ、んっ…」
子宮に熱い白濁液が注入される悦びに悶える華恵は強引にねじ込まれた舌に応えて自らの舌を絡ませた。オッサンに押しつぶされてゆがんだ肉感的な女体がせつなげにくねっていた。
「んっ、はっ、はああっ」
子宮を満たすザーメンと同じくらい上の口にも大量の唾液を注ぎ込んだ納屋川は、ウットリした笑いで頬をすりつけて汗で湿った肉布団にのしかかる。自らの胸で押しつぶした乳房をいとおしむように両手をあててゆっくり揉んでいた。

緊縛人妻華恵 (16)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:46:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4273-7c9df91c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next