FC2ブログ

== 緊縛人妻華恵 ==

緊縛人妻華恵 (13)親切なホームレス

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
緊縛人妻華恵 目次

緊縛人妻華恵 (13)親切なホームレス

「あ、ああ…、うっ、ううっ…」
華恵は夏のまぶしい日差しの下で暴力的に犯されて膣内射精された。慟哭を誘う絶望とは裏腹に、久しぶりにセックスを味わった女体は受精本能で膣ヒダを強く収縮し、ドクドク脈動する隆太の肉棒から最後の一滴まで精液を搾り取ろうとしていた。

「うひいっっ…、はうっ、くううっ…」
初めてのリアルなセックスで生殖衝動のまま熟れた女体を蹂躙して快感の絶頂で欲望を吐き出した強姦高校生は満足そうな笑い声を漏らすと、悲痛な嗚咽に震える柔肌にしがみついて脂が乗ってシットリした柔肌の気持ちよさを味わっていた。
「ほらあっ、笑え、変態痴女」
ナマで射精して目的を遂げたが隆太はまだ妄想世界の支配者だった。グッタリしてうなだれる華恵の脚を広げてザーメンが溢れる女性器をスマホで記念撮影した。

「うう…」
ザーメンが垂れるマ○コの接写写真まで撮られた華恵は、屈辱的な仕打ちに死にたくなるほど落ち込んだが、暴力的な陵辱に欲情して疼きが治まらないカラダがままならず、オモチャ扱いされていた。
「や…、やああ…」
ピースを強制された華恵は二人で並んだ記念写真も撮られ、股間に顔を押しつけられてお掃除フェラを強制される写真も撮られた。加虐色情に狂った高校生に弄ばれる華恵は泣き続け、ザーメンが溢れる花芯からイヤらしい蜜を垂らした。
「ほらっ、綺麗にしろ」
抵抗する気力もなくお掃除フェラを強制させる華恵はダランとしたイチモツを口の中でクチュクチュ舐め続けた。頭を抱えて股間に押しつけた隆太はカリから玉袋までキレイに舐めさせた。

「じゃあ、メアド交換な」
ザーメンにまみれた充血した花びらや透き通る白い肌に血管が浮いた巨乳をクローズアップで何枚も写真に撮った隆太は、華恵のケータイを勝手に取り出してアドレス交換した。
「気持ちよかっただろ、ギャラに貰ってやる、また遊んでやるからな」
ポケットをさぐって財布を見つけた隆太は諭吉を失敬してから、泣き続ける華恵を置いて去っていった。

「あんた、大丈夫か…」
うしろから気弱そうな声がした。華恵は強姦高校生に脱がされた姿のままで雲一つ無い青空を見上げていた。
「え、…」
その声に我に返った華恵は、首までまくり上げられたワンピースを慌ててズリ下げてからおそるおそるうしろを伺った。
「ひどいコト、するよなあ…」
そこには薄汚れた中年がいた。彼は公園で寝起きするホームレスで納屋川勝也という名前だか、ホームレス仲間からは「ナヤさん」と呼ばれていた。

「や、やだ」
生々しい強姦現場を目撃して、着乱れた肉感的な女体に劣情を催さないでもない納屋川だったが、あくまでも強姦被害者に同情して親切心から声を掛けたつもりだった。しかし陵辱体験に打ちのめされた華恵はにじり寄る垢まみれの顔に恐怖した。
「さ、触らないで、どっか、行ってっ」
太ももにイヤらしい視線を感じた華恵はワンピースのスソを引っ張って隠し、思わず攻撃的な口調で拒絶した。

「え…、あの、いや…」
思いがけない口撃に納屋川はうろたえた。50過ぎのオッサンは10歳以上も年下の女性に挙動不審になっていた。
「やだっ、変態っ、けっ、警察っ」
高圧的な夫に従ってきた人妻はその反動か、強姦されたショックで動転していたからか、弱気な男に厳しかった。親切なオジサンに敵意を剥き出しにした華恵は、ケータイを握って110にダイヤルしようとした。

緊縛人妻華恵 (14)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:05:19 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4271-18e02c04
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next