FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (12)局部露出羞恥プレイ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (12)局部露出羞恥プレイ

「み、見てもいいのっ?…、広げるよ」
恥ずかしいシミから粘り気のある糸を引くTバックパンティを、足から抜き取る優佳の女体を見下ろしてゴクンとツバを飲み込んだしげ雄は、ベッドにはい上がると返事を待たずに太ももを広げた。

「あ…、ん、は、はずかしい」
ベッドに沈み込んだ女体に中学生の頼りない体がのしかかる。恥ずかしい汁を垂らす亀裂を至近距離から観察されて優佳の心臓は早鐘のように高鳴り、汗が滲んだ張りのいい乳房がプルプル震えていた。
「あんまり…、みないで…」
しげ雄の興奮した吐息が敏感な素肌をくすぐってエッチな声が出そうになる。優佳は脚を閉じたくなる気持ちを抑えつけることで露出倒錯な欲情がお腹の奥をジンジン熱くするのを感じながら、M字開脚を続けた。

「はっ、ゆ、優佳ちゃん、はっ、糸引いてるよ…」
花びらがわずかにはみ出したスジがにじみ出た汁気でヌル付いてテカる。花びらに触れた指がネットリした汁が糸を引く。興奮した鼻息が鳴って太ももの素肌がビクンと震える。
「やっ…、そんなこと、言っちゃいや」
淫らな昂ぶりの徴を指摘された女子高生は脚を閉じないで、その代わり重ねた両手で豊乳をギュッと押しつぶした。飛び出した乳首があらぬ方向を向いて奇妙で卑猥な風景を作っていた。

「こ、この中…、はっ、ど、どうなってるの?…、はっ、み、見せて…」
エロ中学生はネットに転がっているエロ画像は肝心な部分がぼやけてよく見えないのでまだ見たことがなかった。湿った吐息を恥部に吹きかける欲情中学生は図々しくお願いしていた。
「…、恥ずかしい…」
マゾ心理をくすぐるセリフに大人っぽい女体を緊張させた優佳はしばし躊躇したが、
「でも、しげちゃんだけに、見せてあげるね…」
思い切ってアソコに手を伸ばすと両側の肉に指を当ててゆっくり引っ張り、ピンク色の中身をさらしてみせた。

「はっ、ここに、はあっ、おちんちんが、はっ、入るんだよね…」
女体の神秘に生まれて初めて触れる興奮で心臓がバクバクするしげ雄だったが、湿ったピンク色のアナを見つめてセックスに関する浅薄な知識を口にした。
「…、う、うん…、そ、そうだよ…」
優佳は性器の内側まで見せる恥ずかしさで顔から火が出そうだったが、半剥けチンポを挿入される予感にゾクゾクし、不安そうな口調で応えた。

「はっ、優佳ちゃん、はっ、オナニー、はっ、したことある?…」
見つめすぎて目がマ○コマークになった変態中学生は、生マ○コを見ながらオナニーしたくなって逆に優佳のオナニー経験を聞いた。
「う、うん…、あるよ…」
SM妄想でオナニーする習慣のある女子高生は、そんな変態行為を見とがめられた気がしてマゾヒステックな昂ぶりを泡立てた。媚肉を広げた指に力が入って、広がった穴からトロリと粘液が垂れた。

「はあはあっ、優佳、はっ、ちゃん…、はっ、セックス、はあっ、したこと、はっ、あるの?」
ちんちんが痛いほど勃起して頭がおかしくなっていたエロ中学生は、優佳を言葉責めしている意識もなく思ったままを続け様に聞いた。
「セックス…、う、ううん…、まだ…、ないよ…」
普通のまともな神経なら聞かないだろうど直球の質問は本当に恥ずかしくて逃げ出したかったが、バージン女子高生はかろうじてガマンして正直に答えた。

「はっ、そう、はっ、なんだ…、はっ、はっ、オレとっ、はっ、優佳ちゃんはっ、はっ、セックス、はっ、はっ、したい?」
優佳は恥ずかしさで悲鳴が出そうになるのをガマンして、今にも襲いかからんばかりに昂ぶるしげ雄に震える指でアソコを広げてマ○コを見せつけていた。ヒダヒダの壁から汁が沁みだして広がった入り口の下側からダラダラ垂れていた。

幼なじみ (13)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:26:24 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4249-54f0f91b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next