FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (10)昇天する優佳

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (10)昇天する優佳

「う、うん…、もうしないよ…」
優佳の正体がマゾ女だと知らないしげ雄は、いつも味方になってくれた優佳に嫌われるのがこわくて、きっと期待されているだろう返事を口にしていた。

「そう、わかってくれてお姉ちゃん、うれしい」
優佳はうれしそうに言うとしげ雄を抱きしめた。ベビードールから溢れたナマ乳の張りのあるシットリ肌がエロ中学生の顔を柔らかく圧迫していた。

「うっ、ゆっ、優佳ちゃんっ」
ついさっき窒息しそうになったのをすっかり忘れてしげ雄は思いっきり抱きついてナマ乳に顔を埋めた。
「ゆっ、優佳ちゃんのっ、はっ、オッパイ、好きだよっ」
なんども味わった柔らかい弾力だったが、直接触れる今日の感触は全然違う。半剥けチンポが固くなって先にガマン汁が滲んでいた。
「しげちゃんって、ホントに甘えん坊さんね」
きつい抱擁にマゾ女の被虐欲情を熱くする優佳は、高校1年にしては大きすぎる乳房の先端を固く突き出していたが、おしめをしていた頃から知っているしげ雄を子供のつもりで優しく抱きしめていた。

「えっ、しげちゃん?、あ、あんっ」
湿り気を帯びた女体の温かい弾力にまた頭に血が上った。変質者のような目つきで突き出された乳首に食らいつき、こんもりした乳輪ごと思いっきり吸引した。
「しげちゃん、吸っちゃ、だめえっ」
伸び上がる半剥けチンポがジンジンして息を荒げる変態中学生は、ベビードールをはだけると膨らんだ先端を口に含んでチューチュー吸いまくる。

「しげちゃん、やめてえ…、それ以上されたら、おねえちゃん、変に、なっちゃう」
乳首の吸引だけでは飽きたらずシットリスベスベ肌に手を当てて揉み出した。中学生の貧弱なカラダにのしかかれたマゾ女子高生は、乳房にむしゃぶりつくエロガキを突き放せないでいた。

「はあ、はあっ、優佳ちゃん、はっ、さっきみたいに、はっ、コスって」
変態じみた吐息にまみれ手乳房に食らいつくしげ雄は、ベビートールをひん剥いてヒジまでズリ下げた。それから背中に回された手を引っ張り、半剥けチンポを握らせた。
「はあっ、しげちゃんの、おちんちんっ…、んっ、ふあんっ、固くて、熱いよっ…」
勃起した乳首をしゃぶられて淫らなアヘ顔を見せていた優佳は、強制された手コキをマゾ奴隷気質であっさり受け入れ、痛くないように優しくさすった。

「あうっ、あふっ…、りっ、優佳ちゃんっ、はっ、ううっ、気持ち、はわうっ、いいよおっ」
優しいタッチながらポイントを押さえた愛撫にエロガキは有頂天だった。片乳吸引して口中で甘嚙みしながら、乳房を鷲掴みした手を下げるとヌルヌルに濡れた亀裂を触りだした。
「いっ…、あ、ああ…、お姉ちゃん、もっ…、あっ、ああっ、気持ち、んっ、いいっ」
感じる突起を乱暴に愛撫されて一瞬息が止まった優佳は、アヘ顔に妖しい笑みを浮かべた。触りやすいようにオマタを緩めて恥部を広げ、のしかかるしげ雄の股間を内太ももに受けていた。

「あ、んっ、いっ、いっちゃう、お姉ちゃん、いっちゃうっ」
マゾ気質の優佳は中学生のチンポをしごきながらただれた官能に悶えた。クチュクチュとヌルヌルのヒダが擦れ合う音がし、大人の女性のような成熟した女体がピクピク痙攣する。
「あ、んっ、いっ、いっちゃ、ううっ」
子供っぽい指が膣口をクチャクチャ音を立ててこねくり回す。それがブチュッと音を立てて強く挿入されると、優佳は白目を剥いて昇天し、イスの上で反り上がった。

「ぐっ…、ふわおっ…」
エクスタシーで緊張した女体が強く抱きつき、半剥け勃起チンポを強く握りしめた。きつい手コキで頂点に突き上げられたしげ雄もあっけなく射精した。
「んっ…、はふ…、ふはあ…」
太ももの根本に食い込んだタートルネックのカリ首がビクビク痙攣して白濁液を吹き出す。しげ雄は緩んだバカ面で片乳吸引したまま、やさしくて綺麗な優佳にドロドロの汁を浴びせて欲望の滴りをぶちまける悦びを味わっていた。

幼なじみ (11)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:01:52 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4247-38d7d37c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next