FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (8)オッパイ攻撃で撃退

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (8)オッパイ攻撃で撃退

「一緒に入ろうか?…」
セックスを拒絶されて落ち込むしげ雄にシャワーを当てて、カラダの泡と元気に反り上がるおちんちんにへばりつく白濁液を洗い流した優佳が優しい笑顔で湯船に誘ってきた。

「うっ…」
優佳が湯船のヘリに手をついてカラダを曲げた拍子に、ワキ腹に刻まれた淫靡なシワが性器の裂け目に見えた、
「はうっ、ゆっ、優佳ちゃんっ」
心臓が口から飛び出しそうだった。ドキンと鼓動が大きな音を立て一気に頭に血が上る。ブツンと何かが切れる音がしてしげ雄は片足を湯船に突っ込んだ不安定な裸体に抱きついた。

「あっ、だっ、だめえっ、しげちゃん…」
汗と湯気で濡れて吸い付くような素肌に食い込んだ半剥けチンポは、先端が先走り液でヌルヌルだった。背中におぶさるように火照った柔らかい女体に抱きついたしげ雄は、ソレをムリヤリお尻のワレメにねじ込んだ。
「しげちゃんっ、お願い、ガマンしてっ…」
愛液で濡れた花びらのスキマに勃起半剥けチンポが食い込む。固い肉棒をブチ込まれる予感にお腹の奥がキュンとしたが、優佳はかろうじて体勢を入れ替えてむしゃらにしがみついてくるしげ雄を抱きしめた。

「はっ、こっ、はあっ、こうされるとっ、はっ」
柔らかい弾力に包まれてますます激高したしげ雄は、ハアハア呻いて太ももの奥に手を突っ込み、愛液で潤んだスジをムチャクチャにかき回した。
「はっ、きっ、はっ、きもちいっ、はっ、いんだろっ」
もう一方の手はアナルに指をねじ込もうと、尻タブの綺麗な曲面を歪めながらシワの寄った菊門をグリグリした。

「いたいっ、だめっ、しげちゃんっ」
前戯とはとてもいえない乱暴なやり方で性器と肛門を弄られて優佳は、どMな被虐色情を刺激されてお腹の奥がジンジンし、媚肉をヒクヒクさせて肉汁を垂らしたが、なんとか押しとどめようと抗った。
「落ち着いてっ、ムリヤリなんて、だめえっ…、女の子には、やさしくしないとっ…」
興奮して息を荒げて強張った顔で迫るしげ雄にますますマゾ女の性根を熱くする優佳だったが、肩に回した手に力を込めて豊満な胸の谷間に押しつけた。

「んっ、ふっ、ぶううっ」
二つの大きな弾力が顔に密着する。スベスベ乳肌に口と鼻をふさがれて息が出来ない。
「んっ、ぐうっ、たっ、たんまっ、じぬう…」
しげ雄はしばらくジタバタしたが、デカパイで窒息死するというある意味幸せな最期を迎えそうになって降参するしかなかった。

「大丈夫、しげちゃん…、出ようか?」
ぐったりしたしげ雄を介抱した優佳は入ってきたときのようにしげ雄と手をつないで浴室を出た。オッパイ攻撃であっさり撃退されたしげ雄は素直に従うしかなかった。

「拭いてあげる」
性欲の昂ぶりと怒りと恥ずかしさと後悔といろんな感情が綯い交ぜになったしげ雄は、ひざを突いてナマ太ももをムッチリさせた優佳に黙って体を拭いてもらっていた。

幼なじみ (9)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:47:08 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4245-c3bdbf05
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next