FC2ブログ

== 幼なじみ ==

幼なじみ (7)焦らされるエロ中学生

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
幼なじみ 目次

幼なじみ (7)焦らされるエロ中学生

「しげちゃん…、女の子の、ここ…、見るの、初めて?…」
湯船に背中を当てた優佳は大胆に脚を広げ、愛液まみれの性器をさらしていた。息をするのさえ苦しそうで、大人の女性と変わらない大きな乳房が呼吸に合わせて辛そうに揺れていた。

「はあはあ…、う、うん…」
ネットでモザイクがかかった写真しか見たこととがなかった女体の神秘が目の前にあった。周りはほとんど無毛のツルツルで、愛液でテカテカしたピンク色の肉にまっすぐスジが入っていた。
「い、いいよ…、もっと近くで、見て…」
スジの下側からネットリした汁が垂れてくる。興奮してハアハア唸るしげ雄は生ツバを飲み込むと、緊張した面持ちで覗き込み、優佳も色っぽい吐息を弾ませて近くに誘った。

「は、はあっ、触って、はあっ、いい?」
ヘタレチビはビビっていた。さっき触っていたところだがこうして真っ正面に見ながら触るのは勇気が必要だった。
「う、うん…、いいよ…」
改めて聞かれたことで誰にも見せたことのない恥ずかしいポーズを意識させられ、太ももに力が入る。羞恥心で泡だった気持ちをチリチリ焦がされながら、優佳は自ら手を当てて両側の肉を広げてみせた。局部の内側まで見せる露出狂的な倒錯した興奮で広げられたスキマから若い肉汁があふれる。
「はっ、これ…、はあ、はあっ、アナ、はっ、だよね…」
息がかかるほど股間をのぞき込んだしげ雄は合わせ目に指を引っかけ、ピンク色の柔らかい肉を広げて小さく口を開けたそこに指を入れた。

「あっ…、う、うん…」
興奮した吐息と指で濡れた花びらをコスされる快感に声がうわずる。汗で前髪を額に貼り付けた優佳は恥ずかしさに耐えきれないように目をギュッと閉じていた。
「はっ、はっ、ここに、はっ、チンポ、はっ、入れるん、はっ、だよね」
つらそうな顔に淫靡な空気をまとった優佳にしげ雄はますます昂ぶった。愛液でヌルッとした軟らかい肉の感触に過呼吸気味に息が荒くなって頭の芯がジンジンする。

「はっ、はっ、いっ、入れてもっ、はっ、はっ、はっ、いっ、いいっ?」
知識として勃起したチンポをマ○コに入れるのがセックスを知っていても、童貞のしげ雄はどうしたらいいかわからない。しかし痛いほど膨らんだチンポを入れたい衝動で、頭がおかしくなりそうだ。

「…、しげちゃん…、お姉ちゃんと、セックス…、したいの?」
優佳は太ももに手をかけてのぞき込むしげ雄の頭頂部をジッと見つめて聞いた。バージンを弟のように思ってきたしげ雄に捧げることに抵抗をまったく感じなかったが、初めてセックスする恐怖はあった。
「シゲちゃん…、どうしてもしたいの?…」
自分からしたいとは絶対に言えないが、しげ雄がどうしてもしたいなら許してもいいと自分に言い聞かせていた。

「はっ?…、はっ、うっ、うんっ、はっ、はっ、どうしても、はっ、したいっ」
性器をしゃぶりつかんばかりに見ていたしげ雄は顔を上げて不安そうな優佳を興奮して見つめた。

「でも…、しげちゃん…、まだ中学生、だし…」
強引に押し倒されたらあっさり許してしまう心境だったが、わずかに残った理性がお姉さんとしての建前を言わせた。
「お願いだから…、ガマンして…」
せっぱ詰まった顔をして迫ってくるしげ雄に悲しそうに笑った優佳は、本心と裏腹のセリフをささやいて優しく抱きしめた。本人は意識してないが、どMな潜在意識がセルフでおあずけを食らわせて自ら焦らしていた。

「うっ…、う、うん…」
チンポが爆発しそうだったが、いつも優しくしてくれる優佳にそんなやるせない顔を見せられたらガマンするしかなかった。汗でヌルヌルした女体の弾力に包まれたしげ雄は半剥けチンポを手でギュッと押さえつけ、発狂しそうな衝動をなんとか堪えてしぶしぶうなずいた。

幼なじみ (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:00:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4244-88aea0e4
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next