FC2ブログ

== 交渉人涼子 ==

交渉人涼子 11話 (37)

裏ろま中男 作品リスト
交渉人涼子 目次

交渉人涼子 Negotiator Ryoko
11話 死なないで…、交渉人涼子よ永遠に (37)

山田が取りだしたのはリングケースだった。指輪…、それが指輪だとすぐにわかった涼子だったが、意表を突かれて素になってそれを見つめていた。安物で恥ずかしいんですけど、いちおう給料3ヶ月分です、山田が照れたように笑っていた。涼子が刺された時、涼子を失うことの空虚感を痛切に思い知った山田は、次の日コレを買ったが渡す勇気が出せなくてずっと隠し持っていた。でも涼子の妊娠を知った今がチャンスだと思った。もらってくれますか、ふたを開けて差し出す手に小さいけどキラキラ光る石がついた指輪がのっていた。

震える手で受け取った涼子がそれを見つめて、キレイね、と山田に笑顔を向けた。その目は潤んでいた。よかった…、うれしそうに山田が笑った。ケースから指輪を取りだした涼子は山田の手に渡すと、して、と恥ずかしそうに左手を差し出した。潤んだ目を伏せた涼子の美しい顔に一瞬見とれた山田は、興奮した鼻息を響かせると涼子の手を取って指輪を差し込んだ。左手の薬指に輝く指輪を見つめた涼子は、うれしそうに笑ってその拍子に目尻から涙をこぼした。幸せそうな涼子に感無量の山田は、綺麗な顔をつたう一粒の涙を、真珠のようだと見つめていた。

こんな情けないオレですけど…、だけど…、だからっ、涼子先輩がいないとダメなんですっ、結婚してくださいっ、涼子の手を優しく握って大きく息を吸った山田はイッキに言い終わると涼子の答えを待った。…私で、いいのね、山田の真剣な顔に涙があふれてかすかに肩を震わせながら目を伏せた涼子が聞くと、涼子先輩じゃないと、ダメなんですっ、山田が大声で叫んだ。声の大きさに涙が止まって、ビックリしたように大きく目を開いた涼子は、怒ったような山田の顔を見て、いいわ、と笑うと山田の胸に寄りかかり、結婚して…、あげる、とつぶやいた。

ホントですか、肩を抱いて涼子の顔をのぞき込んだうれしそうな山田に、うん、と涼子も笑った。ありがとうございます、山田はうれしくて涼子をぎゅっと抱きしめると、あっ、と叫んで、腕の力を緩めた。大丈夫だから…、涼子のカラダを心配する山田に、ニッコリ笑った涼子は背中に手を回して抱きついていた。山田の胸に顔を埋めて高鳴る鼓動を感じながら、うれしそうに笑っていた涼子は、ご飯、食べましょう、と顔を上げた。そうですね、と山田もうれしそうに笑った。

交渉人涼子 11話 (38) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
関連記事
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:58:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/424-67955a3f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next