FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (68)破廉恥衣装でお出かけ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (68)破廉恥衣装でお出かけ

「起きなさい、エリ、夜は長いのよ、お楽しみはこれからよ」
バイブ強姦で失神した藤堂を起こした私は、彼女のクローゼットから持ち出した衣装を渡した。

「ん…、あ…、鈴、ちゃん?…、な、なに?…」
エクスタシーの頂点に突き上げられた余韻で意識がはっきりしない藤堂は、渡された服で瑞々しい裸体を隠しながら不安そうに私を見ていた。
「これから飲みに行くのよ、約束したでしょ」
サディスティックな攻撃的欲望が収まらない。私は彼女を外に連れ出して淫らな屈辱を味わわせたいリビドーで昂ぶっていた。

「え…、でも…」
まだまともな判断力が戻らない藤堂は、時計に目をやって不安そうに私の顔色を伺っていた。
「9時なんてまだ宵の口よ、早く着なさい」
可愛い美人顔が怯えるのを見るとますます虐めたくなる。私はチェストから引っ張り出したニーハイストッキングを脚に滑らせながら、笑って彼女を見つめた。
「は…、はい…」
私から目をそらして顔を伏せた彼女は、下着を着けないままあてがわれた服に頭を通した。

「似合うわよ、エリ」
ニットのサマーワンピは熟れた女体にピッタリ張り付いて体の線をクッキリ見せて裸とさして変わらなかった。大きく開いた胸元に深い谷間がクッキリ見える。二つの大きなおちちから急にすぼまるウエスト、そこから大きく張り出したお尻が男を誘うような艶めかしい曲線を描ている。
「行きましょうか」
豊かな腰回りに張り詰めたミニ丈は、薄い茂みが張り付いたVラインをかろうじて隠す長さしかなかった。私はいつも清楚なファッションで決めている藤堂の破廉恥なセクシーワンピ姿に満足だった。

「え…、でも」
私は色違いの同じサマーワンピを勝手に着て彼女を連れ出そうとした。通常アンスコを履くのが当たり前のミニワンピなのに、まだ下着すら着けてない彼女は尻込みした。
「いいから来るのよっ」
ウジウジする藤堂に無性に腹が立って私はミニワンピが張り付いたお尻の丸みを平手で打った。
「きゃっ」
スパンキングされた藤堂はお尻を押さえて小さく飛び上がる。彼女はこういう仕草も妙に可愛いが、ずり上がったスソから裸のお尻が丸出しだった。
「はやくっ」
腰砕けにミニワンピのスソを引っ張る藤堂の手を引いて強引にハイヒールを履かせた。シンプルすぎるが上品な顔立ちの藤堂が体の線をクッキリ見せるファッションは高級娼婦に見なくもない。

「すぐにタクシー来るから」
通りに出た私は、なるべく学校から離れたタクシー会社を選んで電話した。近くのタクシー会社だと私たちの顔を知ってるかもしれない。
「やっぱり、やめない…、恥ずかしいよ」
短すぎるスソをしきりに押さえて腰を引く不安そうな藤堂を見た私は、
「親友の私と一緒だから、恥ずかしくないでしょ」
思わず抱きしめてキスした。どうしてそうしたくなったのかわからないが、彼女の唇は柔らかくて気持ちよかった。

「あ、あの、鈴ちゃん…、こんな、とこじゃ…」
抵抗することなく抱きしめられてキスを受けた藤堂だったが、帰宅するリーマンからニヤニヤ見られているのに気付くと、そっと胸を押し返してきた。
「そう、じゃあ、こうしてあげる…」
エリに意図せずおちちを愛撫された私は、レズビアンな昂ぶりでおちちを触り返して揉み揉みした。彼女のおちちは私より立派で柔らかい弾力が押し返してきて心地がよかった。

「や…、お願い、ここじゃ…」
セクシー衣装の女二人が絡みあう光景を会社帰りのリーマンがスケベ面でジロジロ見て通り過ぎる。屈辱に近い恥ずかしさに頬を朱に染める藤堂は、私の手を押さえて震えていた。
「じゃあ、ここなら、見られないでしょ」
彼女の手を軽く振り払った私は股間にに手を入れた。彼女の女の子はしっとり濡れて触ってくれるのを待っていた。

「や、あ、ああ…、鈴ちゃん…」
藤堂は感じる部分を愛撫されて恥ずかしそうなあえぎ声を漏らしたが、胸と違ってアソコは下半身を押しつけていれば見られないと思ったのか、下腹を私に密着させてガマンしていた。
「エリは感じやすいのね」
抗いながら淫らな悦びに悶える藤堂に異様にムラムラする。可愛い顔が卑猥に歪むのにどうしようもなく興奮した。
「口では嫌がっても、エッチなお汁がいっぱい出てくるわよ」
手を圧迫する下腹や太ももの心地いい弾力にウットリしながら、私は濡れたスジに入るだけの指を差し込み、あちこちの感じる場所をムチャクチャに愛撫した。切れ目からしみ出たおツユは私の手をヌルヌルにして、太ももまで濡らしていた。

女教師鈴子のルール (69)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:41:23 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4236-cd90fd03
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next