FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (67)バイブ強姦に悶えるエリ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (67)バイブ強姦に悶えるエリ

「あっ、あんっ、や、やだあ…」
私は藤堂を押さえつけてバイブを挿入した。透明な粘液を帯びた女の子が口を開けてバイブを咥え込む。ピンク色の柔らかい肉が淫靡に歪み、スキマからお汁が垂れた。

「何がイヤなのっ、下のお口はおいしそうに咥えてるわよ」
辛そうなあえぎ声に耳をくすぐられて加虐衝動がゾクゾクする。先輩を威圧的な口調で罵る私のヌルヌルに濡れた女の子はヒクヒク震えた。
「んっ、あふっ、んっ、ふっ、ううっ」
私はシックスナインで彼女を押さえ込み、女の子を彼女の顔に押しつけた。苦しそうな吐息に感じる部分を刺激されてますます昂ぶる。愛液が溢れるスキマにバイブをズコズコ挿入した。
「あらら、エリ、いっぱい出てるわよ…、ホントにエリはエッチな娘」
カリでかき出された愛液が溢れてアヌスの皺を透明の膜で覆う。私はプニプニした唇に濡れた女の子の唇をすりつけて甘美な快感に酔っていた。

「んんっ、い、いやあ…、もう、ゆるしてえ…」
我が校のアイドルのすすり泣く声が女の子のスキマを切なげに震わせる。サディスティックな昂ぶりが抑えきれない。
「じゃあ、これでいい?」
私は体位を入れ替えるとバイブの底を下の口で咥え込んだ。
「や、あんっ、ああっ」
女の子をぐっと押しつけてあげると、バイブが根本まで押し込まれて彼女が辛そうに仰け反る。正常位で女を犯す男はこんな気分だろうか。

「可愛いエリ、もっと、気持ちよくなって、いいのよ」
突き上げたアゴ先から舌を滑らせ、唇のプルプルした感触を味わう。ついばむようなキスで柔らかい唇の弾力を吸う。
「あ、んっ、や、やあんっ」
ゆっくり腰を揺らすとバイブの底を咥え込んで広がった女の子が藤堂の女の子と擦れる。彼女が甘えたあえぎ声を漏らす。ヌルヌルした貝合わせの快感にお腹の奥が熱くしびれる。
「エリ、可愛い娘、んっ、ちゅっ、ぬぷちゅっ、るっ」
舌を差し込んで出し入れする。唾液が粘って絡むイヤらしい音が聴覚を刺激する。

「こんなに固くしちゃって、エリ、そんなに気持ちいいの?」
腰を揺らしてバイブを圧迫しながら、おちちの先端をクリクリすると
「あ、んっ、ひっ…」
汗に濡れた官能的な女体が辛そうに踊る。汗でヌル付く腰を抱えて股間を押しつける、子宮口までバイブを押し込まれた藤堂はまた潮を吹いた。
「や…、ああっ…」
藤堂は白目を剥いてアゴを突き上げている。頼りなく開いた口の端からはヨダレが垂れていた。

「んふふ…、エリ、イッたわね…」
アイドルとして生徒から神聖視さえされている藤堂が本能をさらけ出して悶えている。常に完璧に見えた彼女に私はいつも劣等感を感じていた。その彼女を淫らな肉欲に堕として私は満足だった、
「鈴、ちゃん…、おねがい、もう、許して…」
気持ちよすぎて力が入らない彼女は、ボロボロ涙をこぼしながら哀願する。端正な顔が辛そうに歪む光景がますますサディスティックな昂ぶりを煽る。

「ふっ、これからが楽しいんじゃない、一晩中楽しみましょう」
彼女は何度も潮を吹いたが私はまだ満足してない。私の処女を奪った斉藤に一晩中弄ばれたのに比べたら、こんなのはまだ序の口だ。滅多にお目にかかれない極上の女体で楽しませてもらうつもりだ。
「やっ…、あ…、や…、ああ…」
太ももを大きく広げさせたオマタに女の子を押しつける。根本まで挿入されたバイブに、勢いはなくても強い圧力で子宮口をこじ開けられた藤堂は、半ば気を失って官能的な女体をピクピク痙攣させていた。

女教師鈴子のルール (68)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:24:37 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4235-4197dca1
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next