FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (62)酔っぱらいセーラー服美人教師

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (62)酔っぱらいセーラー服美人教師

「こんな感じ、どう?」
赤いリボンを巻いた藤堂は恥ずかしそうにポーズを取った。借りたパンティのことは聞かれなかった。

「はあ…、高校生、みたいで、かわいいです…」
胸や腰回りが高校時代から成長してきつそうだが、笑顔の可愛い彼女なら女子高生でまだ通りそうだ。しかし必死で考えた言い訳をまたもスルーされて私はおもしろくなかった。
「やっぱり、呆れてるっ、恥ずかしい」
不機嫌な私を勘違いした藤堂は大げさに恥じらった。

カラダはエッチだけど…、やっぱり可愛い…。
あの写真を見つけた時から呆れているのであながち間違いでもないのだが、背中を向けた彼女はモジモジしながら私をチラチラ見てくる。セーラー服を突っ張らせるおちちやお尻はセクシーダイナマイツなのに、指を絡めてこちらを窺う様子は小動物のような可愛いさだ。

「あの、呆れてませんから…、ホントに可愛いです」
まともな社会人だと思っていたが結構面倒な人かも知れない。でもそんな彼女は不快じゃない。私は本心から彼女のセーラー服姿を褒めていた。
「ホントに?…、うれしいっ」
不安そうに私を見ていた藤堂はうれしそうに笑った。24歳の大人の女性なのにホンモノの女子高生に見えた。可愛すぎる。私が男だったら抱きしめていたかもしれない。

「あ、ごめんね、冷めちゃうから早く食べて、ビールでいい?」
顔を伏せてはにかんでいた彼女はスーパーで買ったお総菜を勧めると、パタパタスリッパを鳴らしてビールを取りに行った。
「じゃあ、鈴ちゃんと私の友情に、カンパーイ」
かってに私を親友扱いする彼女は大きめのコップをうれしそうに差し出した。カチンとコップを鳴らすとノドをコクコク鳴らして一気に飲み干した。
「はあっ、おいしっ、さあ、食べよっ」
空になったコップを置いた彼女の口には白ヒゲが生えていた。私はコップを口に付けたまま笑いを堪えるのに必死だった。

「どうしたの、ひょっとして、焼き鳥嫌いだった?」
上唇の上にビールの泡を付けているのに気付かない藤堂は、不安そうに私を見つめた。
「あ、あの…、これ…」
白ヒゲをつけたまま真面目な顔で心配する彼女がガマンできずに失笑してしまった。
「え…、あ、やだっ、えへっ」
唇の上を触ってこみ上げる笑いに震える私を不思議そうに見ていた彼女は、やっと気付くと恥ずかしそうに笑って上唇をペロリと舐めた。

か、可愛い…。
ドキッとした。ペコちゃんみたいな仕草をしただけなのに私のハートは射抜かれた。テーブルがなかったら彼女を抱きしめていただろう。
「やだあ、そんなに見ないで」
藤堂は可愛く恥じらっているが、見とれてしまった私も恥ずかしい。
「食べましょ、ねっ」
私にお総菜を勧めた彼女は、手酌でコップを満たすとまた一気飲みした。膝を崩して女座りしている。彼女は呑兵衛らしい。


「鈴ちゃん、困ってることがあったら、なんでも言ってね、私、なんでもするから、ね」
いつの間にかウイスキーのボトルを持ち出した藤堂は水割りを作って飲んでいた。私の分も作ってくれた。御機嫌だ。ほろ酔いのセーラー服美人教師はエロ可愛い色気を発散していた。
「…、藤堂先生は、どうして私に親切にしてくれるんですか?」
藤堂のハイペースにつられて私も飲み過ぎていたようだ。つい思ったことを口にしてしまった。

赴任して以来、一緒に仕事をしたこともないのに彼女が懐いてくるのがずっと不思議だった。日本史教師の佐藤にネチネチいびられている立場は同じかもしれないが、それだけとは思えなかった。

「もうっ、鈴ちゃんたらっ」
それまで行儀よく飲んでいた彼女が突然絡んできた。水割り片手に肩を抱かれてビックリした。
「あの、なんですしょう」
妖しい目つきで見つめられた。ドキドキした。セーラー服が張り詰めた胸を押しつけられて息苦しい。
「…、エリ、って呼んで、ね、鈴ちゃんっ」
私をジッと見つめた彼女はニンマリ笑った。完全に酔っぱらいだ。
「は、はい、エリ…、さん」
我が校のアイドルが台無しだが、私もつられて笑ってしまった。

「うふふっ、鈴ちゃん、ずっと一生懸命だったでしょ、だから…」
妖しい目つきで笑う彼女は私のうかつな問いかけに答えてしなだれかかっていた。セーラー服がはち切れそうな女体の柔らかさに圧迫される私は、意味が分からずに曖昧に笑っていた。

女教師鈴子のルール (63)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:25:42 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4230-bfb36b42
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next