FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (55)みゆきの告白

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (55)みゆきの告白

「んぐっ、ううっ」
私に枕カバーをかぶせてナマ本番した朝陽は、突然唸ると膣内射精した。

「…、満足した?、じゃあいきましょうか」
私の女の子のナカでビクビク震えるオチンチンを味わったがまだ満足できてなかった。私は昂ぶったまま顔にかぶせられた失礼な枕カバーを取り、のしかかる彼を押しのけた。
「どこに?…」
溢れてくるザーメンを拭き取る私に、今日3回目の放出で脱力した彼は気の抜けた顔で聞いてくる。
「いいから」
私はおちちをひしゃげるチビT状態のTシャツをズリ下げ、妹コスプレのまま彼を連れて部屋を出た。

「あらま、お楽しみのところ、失礼しますね」
隣の部屋のドアを開けると、みゆきはまだオナニー真っ最中だった。
「えっ、やっ、なんでっ」
壁に向かって大胆に開脚し、濡れた女の子をイジっていたみゆきは、私の顔を見るなりマイクロミニを股間に押し込んで背を向けた。
「せんせいっ、だめだって」
ワケがわからないまま引っ張られてきた朝陽は妹のあられもない姿に顔をスケベに緩めながら、アンタッチャブルな秘め事の暴露に慌てていた。

「いいじゃない、みゆみちゃんだって朝陽君を誘ってたんだし」
みゆきは部屋の隅に逃げ込んで小さくなっているが、チラ見して兄のスケベな視線を窺ってた。
「みゆきちゃん、お兄ちゃんと血がつながってないこと、知ってるんでしょ」
「せんせい、だめだって」
兄にオナニーを見せつけるぐらいだから、朝陽が頑なに隠してきた養女のことは知っているのだろう。みゆきは血のつながった兄に発情するような変態には見えない。しかし朝陽は慌てて私に抱きついてきた。

「お兄ちゃん…、みゆき、知ってたから…」
みゆきが私に抱きついて無意識におちちやお尻を触りまくる朝陽を不安そうに見ていた。
「えっ、うそっ」
必死に隠してきたつもりだった秘密をみゆきが知っていたという事実に朝陽は哀れなほど驚いていた。バレてないと思う方がおかしいと思うのだが、朝陽はちょっと抜けたところがあるようだ。
「みゆきがいろんなことしても、お兄ちゃん逃げでばっかり…」
オナニー現場を見られたショックから立ち直ったみゆきは、私から奪い取るつもりなのか、私に抱きつく朝陽にしがみついていた。

「よかったじゃない、やっちゃえば」
『みゆき』も最後は結婚したし、ハッピーエンディングで一件落着と私はお気楽に考えていた。
「せんせいっ、何言ってるんですかっ、血がつながってなくたって、おれとみゆきは兄妹なんですよ」
しかし頭の固い兄は物心ついた頃から守ってきた禁忌を破るつもりはなさそうだ。

「お兄ちゃん、みゆきが嫌いなの?」
あくまでも兄でいようとする朝陽にみゆきは今にも泣き出しそうだ。思い切って告白した妹をソデにする朴念仁を私は呆れてみていた。
「じゃあ、高校卒業するまで私にみゆきちゃんのカッコウさせて欲求不満解消する気なの?、それも枕カバーかぶせて」
「ルール」で決めたこととはいえ、彼の身勝手なワガママにいつまでもつきあうほど私はお人好しじゃない。それに今のままじゃ彼の変態行動がますます昂進する恐れがある。

「あっ、これ無くなったと思ったみゆきの…」
枕カバーの意味は分からなかったようだが、私のセクシーナイスバディをボンレスハムのように締め付ける子供服に気付いたみゆきは、怒ったような哀れむような表情で私を見た。
「みゆきちゃんもお兄ちゃんに変態になって欲しくないでしょ」
女子中学生に憐れみの目で見られるのは屈辱だったが、そこはぐっと堪えた。当初の目的である朝陽の変態行動を改称するために、みゆきを引き込んだ。

「う、うん…、お兄ちゃんが変態なんて、イヤ…」
さっきまで敵意剥き出しだったみゆきだがあっさり乗ってきた。告白して私のことなんてどうでもよくなってるのだろう。
「じゃあ、みゆきちゃん、やっちゃえば、私が抑えててあげるから」
「せんせっ、やめて、みゆき、見るなあっ」
ここは実力行使だ。私はうしろから朝陽を羽交い締めすると、フルチンの股間をみゆきに向けた。みゆきはマイクロミニの股間に手を押し込んで横縞パンティのお尻を揺らし、ダランと垂れたオチンチンを恥ずかしそうに見ていた。

女教師鈴子のルール (56)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:59:51 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4223-960ab4b5
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next