FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (50)教室で2P

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (50)教室で2P

「?…、みんな帰らないの?」
今日は終業式だけで授業はないので解散した。朝陽をのぞく第3グループの子は帰ったが、教室には10人くらい残っていた。

「…、ガマンできないんだけど」
美髯治(びぜんおさむ)が遠慮がちに歩み寄ってきた。彼は第2グループだ。オドオドしているがその目は肉欲がこもってギラギラしていた。
「オレも…」
香摩伊志信夫(かまいしのぶお)も寄ってきた。彼は第1だ。膨らんだ股間を隠すように前屈みになり、上目遣いに私を見ている。
「ガマンできないの?…、しょうがないわね…」
彼らの視線にこもる若い欲望に私はドキドキした。女の子がジュンと濡れた。

藤堂に借りたパンティに恥ずかしいシミが広がる。第3グループの子達に弄ばれたカラダがうずく。そのときの私は欲求不満な淫乱オンナだった。第1の信夫ならセックスできると思った。

「朝陽君、ちょっと待っててね」
朝陽を待たせて教室の後ろに行った。郁夫が心配そうに見ていたが無視した。遊治も残っていて、やっぱりニヤニヤしていた。
「ちょっと手伝って」
衝立代わり机を移動してカーテンを引いて目隠しした。
「いいわよ」
私はパンティを脱いでスカートをまくった。壁に手をついて裸のお尻を突き出す。濡れ濡れの女の子が空調された空気に触れてヒヤッとした。

「はっ、はいっ」
焦ってズボンを脱いだ信夫がうしろから抱きつく。
「あん、あっ…、もうちょっと、下、んっ」
お尻にしがみついた信夫は固いオチンチンを握ってハアハア呻きながら入り口を探す。ヌルヌルの縦スジをオチンチンがこする。頭の芯がしびれる。私は脚を開いて誘った。
「来てっ、ああっ、あんっ」
ヌルヌルの切れ目にカリが食い込む。私はお尻を押し出す。オチンチンは女の子の中に吸い込まれる。

「う…、くうう…」
挿入に成功した信夫はお尻を両手で抱えて股間を突き出した。こもったうなり声が頭の後ろでする。オチンチンはお腹の奥まで入り込んだ。
「んっ、いいわよ…、動いて…」
愛液を垂らす女の子の最奥まで貫かれた。カラダがエビ反る。もっと気持ちよくなりたかった。彼が少しでも長持ちするように締め付けすぎないように注意しながら、彼を促した。

「おれも、いい?…」
下半身裸になった治が勃起したオチンチンを両手で隠しながら、フェラをおねだりする。
「あっ、い、んんっ、いいわよ」
目配せして彼を誘う。目の前に勃起したオチンチンがそそり立つ。タートルネックタイプだ。
「あっ、んっ、あんっ、きて…」
うしろから突き上げられて前後に揺さぶられる。おちちが前後に揺れる。突き出した乳首がシャツに擦れて熱い。激しい挿入でかき回されるお腹の奥がキュンキュンする。
「んっ、ちゅっ、ふちゅるっ」
立ちバックの快感に悶えながら治の腰にすがりつく。ガマン汁で濡れた先端に軽くキスすると皮かむりのカリをしゃぶった。

「はっ、くっ、うおっ、ふおっ、はあっ」
広げた脚の間に入り込んだ信夫がくびれを抱えて引き寄せ、根本まで挿入する。ナマ本番の気持ちよさにうれしそうなうめき声を上げる。
「あひっ、くっ…、んっ、く、ううっ」
ズンズンと突き上げられながら皮の間に下を差し込んで剥く。バックからの挿入に揺れる私の頭を押さえた治が天井を仰いでのけぞる。舌先に苦い感触があった。チンカスが溜まっている。私はかまわずフェラを続けた。

「せんせっ、出るよっ」
信夫がお尻の肌を強く握った。同時に私の中でオチンチンがビクビク震える。ドクドクと精子が注ぎ込まれる。
「うわっ、おっ、おれもっ」
中出しされる気持ちよさについ本気でフェラしてしまった。強烈なバキュームフェラに治もあっさり果てた。口の中いっぱいにオチンチンが膨張してドロッとした粘液が舌に吐き出される。

「んっ、ふっ、ふあっ」
射精が終わっても信夫はしばらく腰を振っていた。まだ満足できてないカラダが2回戦を期待して、精液まみれの粘膜を収縮させて縮みだしたオチンチンを締め付ける。
「あふっ、んちゅっ、じゅじゅるっ」
前でうなだれた治に私はしがみついていた。しぼんで皮が戻ろうとする治の分身を、口にザーメンを溜めたまま舐め続けた。

女教師鈴子のルール (51)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:00:36 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4216-dec9d31b
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next