FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (44)補習決定と苦手な藤堂

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (44)補習決定と苦手な藤堂

「じゃあ、いまからいい?」
尼位島瞬だ。「ルール」の見直しが済んで、昨日できなかった第3グループのご褒美をして欲しいという。

「そうね、いいわよ、でも教室使用の許可をもらってくるからちょっと待ってて、全国模試の申込書も持ってくるわ」
終業式の今日は午前中で解散する。学年主任に午後も教室を使えるように許可を取っておくべきだろう。
「みんな待ってるよ、先生愛してるっ」
教室を出て行く私を遊治がからかった。みんなの笑い声を背に受けて私は職員室に向かった。

「…ということで、おねがいします」
私は学年主任に補習で教室を使うことを説明して深々と頭を下げた。もちろん「ルール」のことは一切触れてない。
「そういうことなら、いいでしょう、2学期も今みたいな成績なら…、わかってるね」
彼は2学期も成績が上がらなかったら辞めろと言った。
「わかりました、先生のご期待に沿える結果を出してみせます、夏休み中も補習で使わせていただきたいのですが、よろしいですか」
もう後戻りできない。「ルール」がバレたら懲戒免職だ。やるしかないのだ。
「いいでしょう、のちほど教室使用の計画書を提出しなさい」
学年主任が私の不退転の覚悟をわかってくれたのかわからないが、あっさり認めてくれた。

教室に戻る前にトイレに向かった。二人の精子がパンティからあふれて太ももがヌルヌルしていた。

「んっ…」
下着を替えるだけのつもりだった。しかし何人もの男の子に弄ばれたカラダがうずいてガマンできなかった。
「あ…、ん…」
パンティを脱いだ。立ち上る精子の臭いにお腹の芯が熱くなる。私は便座に腰を下ろすと脚を広げて女の子に指を這わせた。
「はっ、んっ…」
ヌルヌルの縦スジに指が食い込む。クチュクチュイヤらしい音がする。淫らな気持ちが止まらない。エッチな声があふれそうだ。口を押さえ、水を流して消音する。

「いっ…」
絶頂はすぐに訪れた。男の子達に弄ばれたカラダの昂ぶりは決壊寸前だった。電流のような快感が脊髄を走り、胸が突き上がる。広げた太ももがピクピク震えた。
「あ…、ああ…」
便器の水面におツユがピュッと飛んだ。ヒクヒク震える縦スジを手で押さえた私は、天井を見上げて快楽の頂点でウットリしていた。


「先生だったんですか」
手を洗っていると声を掛けられた。
「あ、藤堂先生…」
英語担当の藤堂だ。奥の個室から出てきた。恥ずかしい声を聞かれたかも知れない。私はカワイイ笑顔に愛想笑いしながら身構えた。

藤堂は1年先輩なのだが、1年休学している私と同じ歳だからか妙に懐いてくる。私が来るまで佐藤先生のイヤミを一身に受けてきたが、矛先が私にも向くようになって仲間意識を持っているのかもしれない。

彼女は美人なのに気さくで明るい。この男子校のアイドルとして絶大な人気を誇っている。教師にも隠れファンがいるらしい。

幸せな人生を歩んで育ちの良さそうな彼女に、私はソープ嬢をしていた後ろめたさを覚える。純真で一点の曇りもない彼女はまぶしすぎる。汚れた自分をいやでも意識させられて苦手だ。

「学年主任は厳しすぎますよ、1学期の成績でそんなに目くじら立てなくてもいいと思います」
学年主任に叱責された私に同情している。あるいは単にトイレでの女子トークがうれしいだけかも知れないが、社交辞令はいいから早く行って欲しかった。

「夏休みに補習するんですね、よかったら、お手伝いさせてください」
さっきのやりとりも聞いていたらしい。カワイイ笑顔で私を見つめてくる。
「え…、そんなことお願いできません」
お人好しの彼女らしい申し出だが、よけいなお世話だ。「ルール」は秘密厳守が絶対条件だ。部外者を入れると秘密漏えいにつながる。

「先生のクラスで英語の成績が落ちた責任を感じてるんです、ぜひ協力させてください」
彼女はちょっとくらいの拒絶にはめげない。遠慮していると勘違いしたようだ。
「どうせ夏休みは登校するだけで特にやること無いんですから」
ニコニコ笑って善意を押しつけてくる。全く悪意を感じないこの優しい笑顔が、私は苦手なのだ。

女教師鈴子のルール (45)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:52:48 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4210-d3f7ebf0
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next