FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (42)前とうしろから発射

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (42)前とうしろから発射

「せんせっ、いいっ?、出してもいいっ?」
私は屋上で前と後ろから犯されていた。遊治は口内発射する気だ。フェラがよほど気持ちいいようで、私の頭を抱え、浮かれて腰を振っていた。

「うぷっ、うふうっ」
オチンチンの裏側がビクビク震える。私は咥えたまま上目線でうなずいた。
「ぶぶっ」
そのときバックから犯す郁夫が裸に剥いたお尻を強く握って突き上げた。押された勢いで遊治のオチンチンは根本まで差し込まれ、ノドがポッコリ膨らむ。
「出るっ」
ノドマンコに締め付けられた遊治が呻く。頬に当てた手に力が入る。大きく口を開けた顔がゆがんで変顔させられた。
「んっ」
オチンチンがビクビク震えて精子が吹き出す。息が出来なくて苦しい。私はノドを突き出して注ぎ込まれる熱い粘液を飲み下していた。

「くっ、せんせい、でるっ」
今度は郁夫だ。遊治のオチンチンが抜けてやっと息が出来たと思ったらうしろから抱きついて呻き声をあげた。
「はあっ、はうっ、あ、あんっ」
しがみついて胸を鷲掴みした郁夫はビクッと震えた。オチンチンが私の女の子の中で暴れる。また中出しされた。私はお腹の奥で吹き出す精子に昂ぶり、まぶしい陽光に目を細めてウットリしていた。

「せんせい、戻らないと…」
膣内射精してスッキリした郁夫は学級委員の顔に戻っていた。
「…、そうね…」
私はまだだ。彼らの精子がまみれた女の子がジンジンする。もっと犯して欲しかったが教師の私が自分からおねだりは出来ない。私は精子が垂れる女の子をそのままにしてパンティを履いた。

「朝陽君、行ける?…」
ダランとしたオチンチンを出したままボンヤリしていた朝陽に声を掛ける。
「あ、はい…」
顔を上げた朝陽が無表情に応えた。のそのそとオチンチンを仕舞う。
「まあ、よかったじゃんか、オマエ第1なんだから、またやらせて貰えるぞ、あんな気持ちいいこと知ったら、もう死のうなんて思わねえだろ」
私がパンティを履く姿をニヤニヤして見ていた遊治が朝陽を立たせる。彼は御機嫌だ。
「朝陽君、悩んでることがあるなら後でゆっくり聞くから、とりあえず教室に戻って」
セックスしたからといって悩みが解決するはずはない。朝陽はまだ何か抱えている気がした。

「…、みんなに迷惑掛けたんだから、まず謝ってね」
教室に戻る廊下でも朝陽は無言だった。私はパンティの中で女の子がヌルヌルするのを意識しながら、教室に入る前に彼に声を掛けた。
「そうだぞ、オマエいい思いできたんだから、みんなに謝っとけよ」
遊治が調子を合わせてくる。よく分からない理屈だ。彼は朝陽の悩みを知っているのだろうか。

「「ルール」を見直す必要があります、朝陽のように暴走するヤツが絶対出てきますよ」
浮かれる遊治を押しのけるように郁夫が提案した。彼らしい建設的な意見だ。遊治が思いつきで提案したような「ルール」がなし崩しに受け入れられたのが気に入らないのだろう。
「そうね、ちゃんとみんなにわかってもらうつもりよ」
私もそれを話すつもりだった。彼らに成績を上げてもらうために「ルール」をすると決めたが、セックスに興味を持つ若い男の子たちの手綱をしっかり握り、秩序立って相手をする新しい「ルール」が必要だった。

女教師鈴子のルール (43)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:43:22 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4208-d63d7c18
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next