FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (36)強姦魔登場

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (36)強姦魔登場

「あなた達、先に学校行ってて」
先に三人を学校に行かせた。精子まみれのカラダの後始末をしたかったし、時間があればオナニーして中途半端に弄ばれたカラダのうずきを鎮めたかった。

「はあいっ」
射精してスッキリしたのだろう。彼らは私にまとわりつくことなくあっさり去った。使用済みティッシュになった気分だ。一抹の寂しさと惨めさに襲われる。

どうだった、せんせっ…。
さいこーっ、いがったあっ…。
ちくしょうっ、ぜってえっ、第1に入って、やってやるっ…。
はじめての体験に浮かれて脳天気にはしゃぐ彼らは早すぎることを気にしてないようだ。セックスを経験した裕太を卓治と啓士がうらやましがっていた。

「せ、せんせっ」
おちちの精子を拭き取っていた時だ。うしろから抱きつかれた。
「だ、だれっ」
性犯罪の不審者だと思った。おちちを鷲掴みにする腕はムダ毛が汗でへばりついて汚らしかったし、不気味な吐息混じりの声は異常者のそれだった。

「おっ、おれも、いいだろっ」
声の主は片手で精子がまだへばりついたおちちを揉みくちゃにして、うわずった声を上げてせわしなくズボンを脱いだ。
「やっ、やめてっ」
彼は腰をモジモジさせてズボンを引きずり落とした。スーツスカートを皺くちゃにまくり上げ、固くなったオチンチンをお尻に押しつける。

「おちついて、ねっ」
昂ぶった声は変態そのものだったが聞き覚えがあった。私の生徒だと思った。彼は髪に顔を埋めてハアハア息を荒げ、オチンチンをお尻のワレメに挟んでこすりつけた。
「んっ、ふっ、せ、せんせっ、はあっ、ああっ」
彼は下げられたパンティとお尻のスキマにオチンチンを差し込んだ。女の子の入り口にオチンチンが食い込む。広がった入り口から裕太の精子があふれてオチンチンをヌルヌルにした。

「きもちいいっ?、おれっ、すげえっ、きもちいいよおっ」
彼は性器を直接擦りつけるのがうれしいのかますます興奮してはしゃいだ。ハアハア呻きながら密着させた股間をグイグイ押してオチンチンでヌルヌルのスジにこする。くびれまでスカートをまくり上げ、おちちを嬲っていた手が落ちて恥毛ごと股間をまさぐる。
「ひいっ、やめっ」
股間をまさぐる手が恥毛を握りしめてブチッと音がした。痛さに思わず肘打ちを繰り出していた。

「ぐっ、あ、あばっ、暴れるなよっ、いっ、痛い目に、あ、あい、たいかっ」
たいして効かなかった。彼は不気味なドモリ声で唸ると両腰を強く掴んで激しく突き上げた。
「もうっ、やめなさいっ」
女の敵という3文字が頭の中で点滅した。嫌悪感が昂ぶって相手を気遣う余裕はなかった。私は股間に手を入れるとオチンチンを掴んでひねり上げた。

「ぐぎゃあっ」
ヒキガエルがひねりつぶされたような断末魔の呻きだった。彼は股間を大事そうに両手で包み込んでうずくまった。
「…、大丈夫?…」
強姦魔は小さく丸まって嗚咽混じりの唸り声を上げていた。やりすぎた。

「あ…、筑紫君?…、筑紫君でしょ」
おそるおそるしゃがみ込んで見るとやっぱり私の生徒だった。筑紫朝陽(ちくしあさひ)だ。成績は5番ぐらいで目立たない子だったはずだ。
ちゃんと言ってくれれば、こんなコトしなくてもよかったのに…。
性欲に駆られてこんな犯罪まがいの行為に突っ走ってしまう心理がわからない。私はウエストまでまくり上げられたスカートを直すのも忘れて小さく震える彼を見下ろしていた。

女教師鈴子のルール (37)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:06:02 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4202-38e2992a
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next