FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (35)公園の茂みで3P

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (35)公園の茂みで3P

三人に従って駅を出た。朝の日差しがまぶしい。まだ涼しい空気がヒンヤリして火照ったカラダを意識させた。どこに連れて行かれるのかわからないが、お腹の芯がゾクゾクする変な気分だった。

3ヶ月間通い慣れた道なのに初めてのような違和感があった。いつもの風景が違って見えるほど私は変わっていた。生徒達にカラダを弄ばれてカラダだけでなく気持ちまでソープ嬢だった3年前に戻っていた。

「じゃあ、おねがいしますっ、うっ、ほおっ、挿ったっ」
私は通学路の途中にある公園に連れ込まれた。痴漢に絶好の目隠しされた茂みの中に引き込まれた私を、裕太はパンティを下げてお尻をむき出すやいなや後ろから犯した。
「あっ…、んん…」
前戯が全くない挿入だった。電車痴漢で濡れ濡れだった女の子はあっさりオチンチンを受け入れた。私は脚を広げてうしろから抱きつく彼を支えていた。
「はああっ、せんせいの、オマ○コ、きもちええっ」
立ちバックでスカートをまくり上げた腰を抱えた裕太は、バカみたいな声を上げて不器用な挿入を繰り返した。
「あ、んっ、ああっ、んっ」
若い男の子らしい独りよがりなセックスだったが、オチンチンが女の子の入り口を出入りするたびにカラダが震えた。太ももの根本に食い込んだパンティゴムの拘束感がなんだか心地いい。

「せんせっ、フェラっ、してっ、早くっ」
ズボンを脱ぎ捨てた啓士が肩を押し下げて勃起したオチンチンを口に押しつける。私のカラダは90度に曲げられて、オチンチンの出し入れに夢中の裕太にお尻を突き出していた。
「んっ、ふむっ、はふっ、ちゅっ、るっじゅっ」
唇のスキマに強引にねじ込んだ啓士は頭を抱えて前後にシェイクして腰を振る。私は彼の脚に掴まってなんとか強制フェラを受け止め、オチンチンに舌を這わせた。口をふさがれて鼻がフンフンなるのが恥ずかしかった。

「オレ、触ってもいいんだよね」
一緒についてきていた卓治が、口と女の子を犯される私のシャツのボタンをはずしてオナニーし始める。さっき射精したばかりなのにオチンチンはビンビンに固くなっていた。
「せんせい、オッパイでかいよねっ」
二人に犯される私の淫らな姿に興奮しているのか、卓治はハアハア呻きながらブラをズラして胸からぶら下がるおちちを手の平で受けて乱暴に揉んだ。
「せんせいっ、見て、おれのチンポっ」
私に見せつけるように顔の横に腰を突き出して半剥けオチンチンを上下に擦った。

「せんせっ、きもちいいよおっ、あっ、ああっ」
くびれを抱えて腰を振っていた裕太の情けない声がして体重をかけてきた。
「んっ」
根本まで挿入されたオチンチンがお腹の中で暴れて精子が吹き出す。中出しされた。熱いほとばしりにカラダがビクッと震えて背筋が反る。

「おれもっ、うっ、もうっ、おっ、んっ…」
ほぼ同時に啓士も果てた。私の頭を抱えた彼は髪をかき乱して股間に引き寄せた。私は鼻をくすぐるモジャモジャをガマンしてノドに直接射精されるのを耐えた。

「せんせっ、オッパイっ、おっぱいっ、うっ、くおおっ」
卓治も連鎖反応した。横から私のカラダを抱えた彼はビクビク震える半剥オチンチンをおちちに押しつけて射精した。ゆがめられたおちちが大量の粘液にまみれてとがった乳首から滴が垂れていた。

三人同時に犯されるのは無理な体勢の苦しさもあったが、カラダを求めて群がる若い男の子達によってたかって弄ばれるのがうれしくもあった。私はザーメンまみれにされる変態色情な悦びを心のどこかに感じて、放出して動きの止まった彼らに体を預けていた。

女教師鈴子のルール (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:44:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4201-bef35c7e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next