FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (33)満員電車痴漢に悶える

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (33)満員電車痴漢に悶える

「先生、今日はスーツですか?」
寝不足の終業式の朝、駅のホームで名奈倉卓治に声をかけられた。

彼は当時から20番あたりをウロウロしている第3グループの常連だ。思えばこれが卓治の痴漢相手にされた最初だった。

「名奈倉君?、キミ、この電車だったの?」
朝の通勤電車で生徒に会うことはなかった。同じ電車内にいたかも知れないが、声をかけられたのは今日がはじめてだ。
「うひひ、聞きましたよ、ずるいじゃないですか」
イヤらしい笑いだった。すぐに昨日相手にした誰かから話を聞いたのだと思った。
「そう…、いいわよ」
卑猥なご褒美を期待しているのは明らかだった。私は学校に着いたらオナニーの相手になろうと考えていた。

「いひひっ、そうですか、すいませんねえ」
スケベ丸出しの顔だった。そこにタイミング良く急行電車が到着した。
え?…、痴漢?…。
私は彼に押されて満員電車に押し込まれた。お尻が揉まれた。その痴漢が彼だとすぐにわからなかった。
「(な、なにしてんの)」
痴漢の経験はあったが生徒にされたのは初めてだ。真面目な生徒ではなかったが、平気で性犯罪をする子だと思わなかったので狼狽した。
「(触っていいんでしょ、オレ第3なんだし)」
振り返った頬にキスするようなスケベなささやきだった。そうする間も私のお尻は痴漢被害に遭っていた。

「…、(周りに気付かれないように、して…)」
そのとき思ったのは、痴漢行為を周りに知られていけない、だった。彼の痴漢行為が発覚して問題になってはいけないということだ。
「(わかってるって、せんせがエッチな声出さなきゃ、バレないって)」
全く緊張感のない声だった。首筋に吐息がかかってゾクゾクした。私の女の子は湿っていた。

昨日一日でソープ時代の淫乱な私が完全復活していた。私は童貞の男の子にお尻を触られただけで欲情した。

「…、ん…」
や、だめ…、感じちゃ、だめ…。
彼は痴漢行為に没頭した。背中に密着して周りから見られないようにスーツスカートの上からお尻を揉みまくった。女の子がヒクヒク震えてエッチなお汁が止まらない。私は不覚にもあえぎ声を出してしまった。
「(せんせっ、感じてんのっ?)」
スケベ丸出しのささやきだった。彼は最初の痴漢から言葉責めした。
「(だ、黙って…)」
あっ、んっ、ああっ…、気付かれ、ちゃう…。
とにかく気付かれたくなかった。彼の痴漢行為もそうだが、痴漢されて感じる淫乱女だと絶対に知られたくなかった。

「…(せんせ…、濡れてんじゃん…)」
スカートをくぐった手がパンティの上から女の子をまさぐる。カラダがビクンと震える。パンティはもうビショ濡れだった。それを指摘されて恥ずかしかった。

「(だ、だめ…、だ、黙ってて…)」
やっ…、あっ、ああっ…、感じちゃう…、
指先がパンティに食い込んで感じる部分を擦る。彼の指の動きに私のカラダは翻弄された。指先に弄ばれる柔らかい部分から熱い波が広がって私は欲情した。
はっ、あっ…、やっ…、お願い…、早く…。
私は顔を横に向けたまま、どうすることも出来ずに固まっていた。とにかく早く駅に着くことを願っていた。

女教師鈴子のルール (34)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:48:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4199-a6d59c84
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next