FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (26)手コキからフェラで連続発射

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (26)手コキからフェラで連続発射

「わかりました、オレなんて子供だから、先生にふさわしくないですし」
怒ったような顔で彼が見つめている。拗ねた口ぶりだ。

「そうね、アナタが立派な青年になる頃には、私はオバサンだもの、そんなのヤダわ」
彼を怒らしてしまったが、私はふざけた口調でつき離した。こんなことしか言えない自分が情けなくて悲しくなる。でも彼を惑わしてはいけない。彼には将来があるのだ。
「…、わかりました、じゃあ、次を教えてください」
いつもの毅然とした顔だ。わかってくれた。優等生の仮面を脱いだ彼は聞き分けのいい子。うれしいけどちょっと淋しい。

「じゃあ、オナニーさせてくれる?、オチンチン、シコシコさせて」
気づかないフリをしてたけど、彼の分身はずっと固いままだった。こう言えばすれっからしな女に見えると思う。
「…、お願いします」
オナニーを否定していた彼があっさり受け入れた。私に心を許して任せてくれる。

「じゃあ、脱がすね」
私は彼の前にひざまずいた。ソープ嬢に見えるように振る舞っていたが、目の前で立派にそそり立つオチンチンに、太ももの根本で圧迫された女の子がキュンキュンする。
「あ、ああっ」
立派だ。まだ半分ほど皮をかぶっているが固くてまっすぐのおちんちんだ。皮を優しく剥くようにさするとビクッと震えた彼は天井を仰いだ。
「あ、ああっ」
そしてすぐ果てた。彼の興奮した吐息に煽られてつい本気を出してしまった。遠慮して私にさわれない手が拳を結んで震えていた。
「はあっ、んおっ、はああっ」
オナニー経験がないのだから溜まってる。先っちょがビクビク震えて精液が噴水のようにあふれる。血管の浮いたサオや根本のモジャモジャがヌルヌルだ。私の手にもたっぷりかかっていた。
「はあ、あああ…」
若い男の子特有の濃厚なザーメン臭が鼻腔粘膜を強烈に刺激する。頭がクラクラして気が遠くなりそうだ。私の女の子はジュンジュンし、あふれたおツユがお尻まで濡らしていた。

「…、気持ちよかった?」
精液が垂れないようにまだ元気なオチンチンに手を添える。彼が私の手に敏感に反応してくれたのがうれしい。私は娼婦の顔で聞いた。
「はい…、でも、早すぎ、ですよね…」
彼が恥ずかしそうに目をそらす。女のことは知らなくても早すぎるのは男として恥じだという意識はあるようだ。優等生として常に堂々と振る舞う彼らしいと思った。

「そうね、でも最初はこんなものよ、すぐに慣れるわ」
下手な慰めはかえって傷つける。これもソープ時代に覚えたことだ。
「じゃあ、オレが慣れるまで、せんせい教えてください」
こういうところも優等生の彼らしい。初めてで失敗しても反復練習で正しく身に付くことを知っている。それにずっと一緒にいて欲しいと言われたようでうれしい。

「いいわよ、でも万一成績が落ちたら、こんなことできなくなるけどね」
私は笑顔でイジワルを言った。彼のためだと思ったけどやっぱりイヤな女だ。
「…、5回連続トップを取って、先生を奴隷にします」
今の調子を維持すれば第1グループから転落することはないが、彼は強がってそれ以上にがんばると宣言し、私を奴隷にするとうそぶいた。
「じゃあ、私のご主人様にふさわしいだけのことを憶えてもらわなきゃね」
オチンチンはもう回復していた。頼もしい。私はザーメンでベトベトのサオをやさしく撫でた。

「今度は口でするね」
返事を待たずに咥えた。濃厚なザーメンの味が口に広がる。私の女の子がヒクヒクしてエッチなお汁を垂らす。
「はうっ、んっ、うはうっ」
舌を皮に差し込んでカリ根をなぞる。頭の上で苦悶の声がする。そんな声を聞くのもうれしい。彼は私の口に感じてくれている。
「うくっ、はあっ、ああっ」
サオに舌を這わせてへばりついたザーメンを舐め取る。濃厚な匂いに欲情する。犯して欲しくて下腹がズキズキする。
「うふおっ」
だいたい舐め取った頃に彼はまた果てた。

「あっ、んふっ」
2度目の絶頂で彼は私の口に激しく挿入した。腰がバウンドして口の中でオチンチンが暴れる。二発目とは思えない濃厚で大量なザーメンが吹き出す。
「んっ、んっ、うっ、ふわうっ」
油断したらむせて鼻から出てしまいそうだ。そんなみっともない顔は彼に見せられない。私はドクドク脈動する太い幹を懸命に咥え、口内発射されたザーメンを全部ノドに流し込んでなんとか飲み込んだ。

女教師鈴子のルール (27)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:32:54 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4192-07409580
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next