FC2ブログ

== 美有姫乃雅人 ==

美有姫乃雅人 (66)本生異物挿入二本差し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
美有姫乃雅人 目次

美有姫乃雅人 (66)本生異物挿入二本差し

おっ、いいモンあるじゃん、これでロストバージンの予行練習だ…。
感じすぎてメロメロで無抵抗になった美子にナマ挿入しようとM字に広げた太ももの間に入り込んだ雅人だったが、菓子パンの中にホットドッグを見つけてニンマリした。

「にゃ、らあ、もう、やめれえ…」
M字開脚してさらした濡れ濡れのスジに食い込むイチモツにあえぐ美子は、はだけたオッパイを押しつけるように雅人に弱々しく抱きついた。
「ひにゃっ…、やらあっ、にゃに、挿れたろお?…」
雅人は例の媚薬でフランクフルトソーセージをベトベトにして挿入した。美子はヒダヒダ膣粘膜をかき分けて浸入してくるソレにピクッピクッと震え、酔っぱらいのようなあえぎ声を上げる。
「美子ちゃん、ソーセージ好き?」
ロリ顔女教師に異物挿入して昂ぶる変態はフランクフルトを抜き差しするたびに小さくのけぞるアヘ顔を覗き込んで言葉責めしていた。
「ひゃ、にゃらあっ~、食べふろ、好きらけろ、挿れられふのふぁ、いやらあ~」
媚薬が効いてトロンとした虚空に目を泳がせる美子は、アソコの亀裂に差し込まれたソーセージを確認しようと震える手を伸ばした。

「そんじゃ、ホンモノ、挿れてあげるよ」
うひひっ、2本差しだ…。
濃いめの茂みの向こう側をさぐる手をどけた雅人は、密着する下腹の湿った柔らかさにニンマリしてフランクフルトを挿れたままイチモツをブチ込んだ。
「ひなっ…、ひゃ、ひゃらっ、おちんひん、ひひゃっ、いれはら、ひゃっ、やらあ~」
雅人のイチモツでフランクフルトを押し込まれた美子はロリエロな顔を苦しそうにしかめた。子宮に突き刺さったフランクフルトは奥まで突き上げ、文学少女教師は媚薬の効き目でロレツの回らないあえぎ声を上げて悶えた。

「んっ、これっ、おほっ、なんか、あふっ、すげっ」
ブラがはだけたオッパイを波立てのたうつトランジスタグラマーな女体にのしかかり、興奮した吐息にまみれて腰を振る雅人は、イチモツの先っちょにぶつかるフランクフルトに鈴口を広げられ、カリを撫でられ、窮屈に並列する膣圧の快感に小さなうめき声を上げた。
「にゃっ、とっれえっ、ひにっ、いやにゃあっ、にゃっ、変らのおっ、ひゃらほおっ」
勃起したチンポを突き上げるたびにフランクフルトが子宮に出たり入ったりする。白目を剥いてのけぞる美子は天使の輪が滲んだボブカットヘアをサラサラ揺らし、泡の混じったヨダレを垂らしていた。

「んふっ、はへ…、ちょっと待てよ」
あ…、取れなくなったら、どうしよ…。
異物挿入セックスの気持ちよさにのぼせて挿入を繰り返していた変態だったが、もし取り出せなくなったら、と急に心配になった。
「んっ、こ、これっ、おっ、おほっ、うひいっ」
指、届かねえよな…、とりあえず…、
子宮口に突き刺さったフランクフルトは指を入れても届きそうにない。とりあえずイチモツで途中まで引っ張り出そうとするがうまくいかず、
おっ、ひほっ、くほおっ…。
キュンキュン締め付けてくる膣圧とフランクフルトがカリをこするイレギュラーな刺激によがってうわずった間抜けな声をあげた。

美有姫乃雅人 (67)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:47:24 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4178-2a0732ae
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next