FC2ブログ

== 女教師鈴子のルール ==

女教師鈴子のルール (14)鈴子の決意

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女教師鈴子のルール 目次

女教師鈴子のルール (14)鈴子の決意

私って、変態だ…。
教室を出て私は職員専用トイレに直行した。個室にこもってパンティを脱ぐ。ヌルヌルに濡れた女の子からエッチな匂いが立ちのぼってくる。

若い欲望を見せられただけで指一本触られてないのに私は欲情した。私は今でも斉藤に調教されたセックスマシーンなのだといやでも思い知らされる。

まだドキドキして顔が熱い。あの子達が私に心を寄せてかばってくれたことがうれしかった。そしていけないことだと後ろめたさはあったが、私のカラダにみんなが興味を持って淫らな欲望を抱いていることがうれしかった。

とりあえず落ち着きたかった。幸い2時間目は空きコマだ。あの子達が私のカラダを求める気持ちを知ってフワフワした気分の私は、個室で一人になって冷静に考えたかった。とりあえず今の状況を整理しなければ。

私がソープで働いていたことは斉藤に背負わされた借金が原因だとしても変えようのない事実だ。教師を続けるにはソープで働いていた過去は隠し通すしかない。

昨日までの私なら無理だとあきらめたかもしれない。でも今は無理じゃないと思う。虫のいい話かもしれないが「ルール」を守ればみんなはきっと私を守ってくれる。自分の命と引き換えに私を守ってくれたお父さんが勧めてくれた教職を続けるためには「ルール」に従う以外に方法はないと思う。

立ちのぼるいやらしい匂いに鼻の奥を刺激されて私の女の子を覗き込んだ。エッチなお汁が割れた肉を伝って水面に垂れた。私は多淫で汁気の多いスケベ女だと思う。真面目に考えているつもりでもカラダは男を求めている。

ズル剥け、仮性半剥け、真性包茎、サオ太、サオ細、カリ太、先細、いろんなオチンチンの残像が代わる代わる目の前に現れては消えていく。そんな幻を見て犯されたい気持ちが昂ぶる。私の女の子はジュンジュンして濡れる。

カラダに染みついた淫らな本心はあの子達に抱かれてオチンチンに貫かれたいと思っている。私は教師ぶった真面目な仮面の下に淫らな欲望を隠した、淫らな悦びを求めずにはいられない淫乱な女なのだ。

ソープを辞めて3年間セックスと無縁の生活を送ってきた。辞めて復学した当時は教師になりたくて必死だったし、教師になってからも仕事に慣れるのに精一杯だった。でも今日あの子達にオチンチンを見せつけられてカラダの奥に潜んでいた淫乱な私が蘇った。私という女はセックスの幸せが無いと生きていけないのだと痛感する。

頭のてっぺんから足の先までジンジンするうずきはそうとしか思えない。男に抱かれて弄ばれたい欲望でカラダがはち切れそうだ。私は斉藤にありとあらゆるテクニックを仕込まれたのと同時に、セックスにどうしようもなく悦びを感じる女になっていた。

オナニーするあの子達の真剣で性欲のこもったまなざしに見つめられた時の気持ちは、ソープのお客さんが悦んでくれた時に感じたのと同じ幸せだった。この気持ちはきっとカラダに染みついた色欲の証拠なのだ。

「ルール」は世間の常識とかけ離れたアウトローな内容だ。いけないことだとわかっていても私のカラダに潜んだ淫乱な本性は「ルール」を肯定しようとする。あの子達に見られて、触られて、揉まれて、弄くり回されて、犯されて、精子を注入されたい。そう思う。

それに私のせいであの子達が勉強に手が付かないのだとしたら、私があの子達のムラムラを取り除いて勉強に集中できる環境をつくるしかないのだ。「ルール」は的を射た効果的なアイデアだ。

学年主任も成績を上げろと矢の催促だ。最下位レベルの成績を平均以上に上げるには生半可な方法では無理だ。教師の常識から外れていようと「ルール」を受け入れる以外ないと思う。

薄毛頭から湯気が噴き出しているような学年主任の怒り顔を思い浮かべながら、私の淫乱教室運営は決まった。

女教師鈴子のルール (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:50:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4177-7a5a6945
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next