FC2ブログ

== ダスノート ==

ダスノート(Dasu Note) (41)美人で気さくな保健室のお姉さん

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ダスノート(Dasu Note) 目次

ダスノート(Dasu Note) (41)美人で気さくな保健室のお姉さん

「あらあ~、君たち、どうしたナリね~」
保健室に着くと、またあっち方面の権利が絡んできそうで怖いセリフを平気で言う美人養護教諭が迎えてくれた。

「いかにもワガハイは北川景子に似てる上にデカイだけじゃなくて綺麗なオッパイと評判の、気さくで美人な保健室のお姉さん、美川村響子ナリよ~」
白衣がはだけた網タイツの太ももをけれん味たっぷりに組み替えた教護教諭は、章造に寄りかかる朋恵を無視して聞いてもいないのに自己紹介した。

過去の作品で何度かチョイ役として登場して作者に気に入られていたにもかかわらず、「保健室のお姉さん」と呼ばれてちゃんとした名前がなかった響子は、フルネームを与えられてゴキゲンだった。

「あの、階段から落ちて、脚、打ったみたいなんです…」
今日もエロいな…、響子先生…。
エリ、結衣と並ぶ三大美人教師の網タイツ太ももにニヤけるエロガキは、寄りかかって女子高生としては十分立派な胸を押しつける朋恵の存在などすっかり忘れていた。
「はい、コイツが助けてくれたんですけど、どっか打ったみたいで」
女王様気質な学校のアイドルは白衣のお姉さんに鼻の下を伸ばす章造にご立腹だった。網タイツの太ももをスケベ面で見るエロガキを突き放した朋恵は憮然として痛めた脚を指差した。

「あら、アナタ、かっこいいわねえナリね~、やっぱり男の子は女の子を守ってなんぼナリねえ~」
朋恵など眼中にないような美人養護教諭は栗花臭さがまとわりついた冴えないガキの英雄行為をことさら褒めそやし、白衣の女体を艶めかしく揺らして淫靡な色気を振りまいていた。
「いやあ~、たいしたことじゃあ~」
うひひっ、響子先生に褒められた~、くひいっ、パンティ、たまらんっ…。
黒網タイツトップが食い込んだ太もも絶対領域の奥に黒パンティらしき陰を見てますますヤニ下がるエロガキは、膨らんだ股間を隠す前屈みの体勢で響子のタイトミニスカを覗き込んでいた。
「せんせい、みてくださいっ」
存在を無視されてキレそうなお姫様は、座れと言われる響子の前に丸いすに座って痛めた脚を差し出した。

「とくに外傷はないけど、どこが痛いナリね?」
ワガママな本性を隠そうとせずにぞんざいな口の利き方をする朋恵をシラッとした顔で一瞥した響子は、女の太ももなど興味ないという表情で女子高生のナマ足を眺めていた。
「…、このへんみたいです」
モエちゃん、かわいいぞ…、
ヤキモチを焼いているように見える朋恵に萌えた章造は響子の前にしゃがむと、憮然として何も言わない朋恵に代わって痛めたらしい部分を指差しながら、
おおっ、すげっ、食い込んでるよおっ…。
ローアングルからミニスカの三角ゾーンをちゃっかりのぞき見していた。

「ふうん…、痛いナリか?」
エロガキのイヤらしい視線がパンティの食い込んだスジに突き刺さるのを意識しながら知らん顔した響子は、ワガママ女子高生ふくらはぎを触ってみた。
「あ、痛っ」
最下層ランクのダメ男に無視されておもしろくないワガママお姫様は触られた脚の痛みに癇癪を起こし、目の前で深い谷間を見せつける美挙乳を思いっきり押しのけた。

「にゃっ…、にゃら…、らめナリい~」
大きな膨らみを思いっきり押されて、ボタンをはずして大きく開いたブラウスの胸元から乳肌があふれそうにだった。乱暴な愛撫に卑猥で間の抜けたあえぎ声を上げた響子は
「ふにい~、ワガハイ、こ、ここ、弱いナリよお~」
ウェーブのかかったロングへを淫靡に波立て手のけぞり、美人保健教諭の痴態にゴクンと生ツバを飲み込んだ章造に見せつけるように、下乳にまっすぐに伸ばした手の平を当ててたゆたゆと揺らしていた。

ダスノート (42)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:26:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4149-4b6628c0
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next