FC2ブログ

== ダスノート ==

ダスノート(Dasu Note) (39)なんで朝子だけ?

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ダスノート(Dasu Note) 目次

ダスノート(Dasu Note) (39)なんで朝子だけ?

「んぐっ、おっ、ほっ、ほおおっ」
はあっ、いっ、いくっ、うっ、おおおっ…。
水泳の授業で揺れる水面を跳ねる乱反射に照らされながらビキニ美人教師の官能的な女体を陵辱しまくって汗まみれに腰を振った章造は、裏スジがしびれる射精の昂ぶりにアゴを突き出してのけぞった。

「あ、ああっ、い、いいっ、いっぱいよおっ」
自慢の長ドスで膣の奥までグリグリされて中出しで子宮をザーメンまみれにされた結衣は、中途半端にズラされたビキニブラでひしゃげたたわわな乳房を波立てて悶え、淫らな快楽に美人顔を卑猥にゆがめていた。
「は、はううう…」
はくっ…、うっ、いいっ、結衣ちゃん、さいこーっ…。
章造は子種をナマで注入した気持ちよさと水泳部顧問の肉体を征服した満足感に脱力していた。汗に濡れた女体の柔らかい弾力にのしかかった章造は、収縮する膣に尿道に残った残滓を吸い取られるのを感じてだらしないバカ面で笑っていた、

「はあ、はあっ、わかった?…」
幸せなバカ面を見せる生徒にただれた快感の波に襲われて熟れた肉体を痙攣させる美人教師は、エロガキの頭を撫でながらセクシーにささやいた。
「は?…」
毒気が抜けてボンヤリしていたエロボケが聞き返すと
「人工呼吸よ…、もう一回する?…」
セクシーな唇にエッチな笑みを浮かべて大人の色気を漂わせる結衣は、セックスするために言った口実を持ち出して膣内でしぼんでいくイチモツをキュッと締め付けた。

「あひっ、い、いえっ、勉強になりました、ありがとうございますっ」
おほおっ、2回戦?…、いや、もう、だめでしょ…。
気合いの抜けた分身をきつく締め付けられて情けない声を上げたエロヘタレは、ビキニが乱れた官能的な女体から逃げてしまった。
「そう、じゃあ、授業に戻るわね」
逃げ腰になったヘタレに苦笑した結衣はズリあげられたブラに乳房を押し込むと何事もなかったように去っていった。

「…、は?…」
はあ、プリプリ…、もう一回やっときゃよかったかも…、え…。
ビキニパンティが食い込んだお尻が悩ましげに揺れるのをスケベ面で見送った章造は、横で冷たい視線を送る朝子に気付いて固まった。
「…、楽しかった?…」
ボブカットのスキマから見つめる朝子が貞子に見えた。何の感情のこもってない口調が怯える章造には呪詛の文句に聞こえて漏らしそうなほど震え上がった。

「た、助けてえ~、ノラえもん♪~」
ひっ、こ、殺される…、ひいいっ、た、助けてえ~…。
横に寄り添う朝子の恐怖に耐えきれないヘタレは、野良猫型ロボットに悲鳴まがいに助けを求めた。
「…、なにかなあ…、ぼくう、ハイサイニーハイだから、プール入れないよお~」
間髪入れずに空間が丸く開いて猫耳ライトブルースク水美少女が顔を出す。彼女は曖昧な笑顔でロボットだからとは言わずにさっきと同じようなセリフを口にしていた。
「(ノラえもん、見えないんじゃなかったのっ)」
異空間から再び現れたノラえもんに朝子が驚いている。その隙に章造はダスノートでしたことは他の人には見えないと言ったノラえもんに小声で聞き返した。

「…、そうだねえ~、不思議だねえ~、朝子ちゃんも、ひょっとしてえ~、未来から来たのかもねえ~」
何の解決にもならない投げやりな答えをしたノラえもんは反論を許さない完璧な営業スマイルだった。
「でもねえ~、ぼくう、プールの外だったら、章造君とお~、遊んであげられるよお~」
章造の疑問を強引に切り上げたライトブルースク水美少女は、胸元からあふれそうな乳肌を見せつけるようにタプタプ揺らしていた。

「い、いや…、いい…」
なんだそれ…、どうして、朝子だけ?…。
理由を知っていても教えて貰えないのだと何となく理解した章造は、スク水が食い込んでゆがんだ乳肌をチラチラ見ながらあきらめ口調で断った。
「そう…、じゃあねえ~、はぶあぐっどえろらいふう~」
物わかりのいいヘタレにおきまりのセリフと意味深な笑みを残してノラえもんは消えた。

「今の、誰?…」
納得できないわだかまりを抱えた章造に、それまで黙っていた朝子が魔改造で裏地を切り取られて乳首がクッキリした胸を押しつけるようにして、ボブカットのスキマから見つめて迫ってきた。

ダスノート (40)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:41:51 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4147-4d7ed737
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next