FC2ブログ

== ダスノート ==

ダスノート(Dasu Note) (23)学校のアイドルに生ザーメン注入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ダスノート(Dasu Note) 目次

ダスノート(Dasu Note) (23)学校のアイドルに生ザーメン注入

「もうっ、おねがいっ、あ、んっ…、もうやめてえっ、んっ、あ、ああっ、もう、許してえっ」
イスに座った章造にまたがって細身の長ドスで子宮の奥までズンズン突き上げられる朋恵は、涙やヨダレを垂れ流したアヘ顔でピストン挿入を続ける章造のスケベ面を押しのけようと暴れていた。

「あふっ、おっ、うっ、んっ、わかったっ」
くひっ、おっ、おほっ?…、そうか、ちゃんとして欲しいんだっ…。
顔を押しのけようとむずがる手を引きはがした章造は、イスに座った騎乗位ではなくちゃんとした体位で犯して欲しいのだと自分勝手な納得をしていた。
やっぱり正常位、だよなっ…。
股間にまたがって大きく広げたムッチリ太ももと汗で湿ったお尻を抱えてダッコするとセーラー服を脱ぎ散らかした床に倒れ込んだ。
「きゃあっ、あっ、あんっ、やっ、やだあっ、ちがうっ、あっ」
ヒンヤリした床に背中を押しつけられた学校のアイドルは軽くのけぞって艶めかしい声を上げたが、鼻息荒くのしかかってくるエロボケを押しのけようとか細い腕を振り回した。
「やっ、あっ、やだっ、ひっ、あっ、んっ、もうっ、あっ、やめてえっ」
朋恵を抱える必要が無くなって軽くなった腰の動きが陰門を容赦なく突き上げ、ヌプジュプとあふれ出る愛液をかき回す淫靡な音を響かせた。広がったカリで子宮口を繰り返し貫通される女体が淫らに波打ち、サラサラヘアを卑猥に踊らせていた。

「はうっ、うほおっ、お、はあっ、オレもっ、はあっ、いっ、いいよっ、モエちゃんっ」
ふぐっ、はうっ、そんなjに気持ちいいんだっ…、
受精を望む肉体の動物的本能に逆らってはかない抵抗を続ける朋恵がセックスの悦びによがっていると自分に都合のいい解釈をする章造は、
はっ、くううっ、モエちゃん…、
全身から汗を垂らして子宮陵辱の気持ちよさにのぼせ上がって湿った吐息を吐き散らし、
ふああっ、モエちゃんの、オマン(ぴー)、さいこーっ、はっ、ううっ、オレも気持ち、いいよおっ…。
涙やヨダレを垂れ流すアヘ顔で悶える朋恵に抱きつき、乳首が飛び出した乳房の綺麗な曲線を押しつぶし、M字開脚した太ももの中心部を愛液にまみれた長ドスで貫き続けた。

「はうっ、うっ…、で、出るっ、はっ、くっ、ううっ…」
はっ、あっ…、おっ、くうっ、ううっ…。
調子に乗って女体の中心部まで貫くピストン運動を続けた結果、射精の予感に襲われたエロボケは一瞬止まって背筋をビクッと震わせた。
「いっ、はあっ、いいよねっ、モエちゃんっ」
はあっ、このままっ、くっ、ふほおっ、いっ、いくよっ…。
ダスノートのおかげでナカ出ししても妊娠しないと思っている章造は当然だと言わんばかりばかりに辛そうに悶える朋恵をのぞき込むと、フィニッシュに向かって腰の振りをさらに早めた。

「あ、えっ、やっ、ああっ、やだっ、あっ、んっ、やめっ、てえっ」
さえないグループのダメ男君だと思っていた章造に何度もエクスタシーに突き上げられてメロメロにされたお姫様キャラでプライドの高い学校のアイドルだったが、ナカ出しされるのだけは避けたかった。
「ひっ、やっ、やだっ、あ、ああっ、やあっ、ひああっ」
全力で抱きついて汗に湿ったカラダをすりあわせてくる章造の、膨れあがった長ドスを最深部まで突きされた朋恵は苦しそうに顔をゆがめて迫ってくるアホ面を押しのけようとしたが、欲情した女体の潜在意識は種付けされるのを望んでいて腕に力が入らなかった。

「んっ、くっ…、ちゅぶっ、んはあっ」
はっ、ああっ、そうだ、くっ、おおっ、チューで…、
頭の芯がしびれるような射精感に襲われながらノラえもんの言葉を思い出した章造は、
んっ、くううっ、終わるんだった…。
裏スジをこみ上げる熱い奔流に唸ってムダな抵抗を続ける女体に抱きついて押しつぶすと、子宮に直接ドピュドピュ注入する気持ちよさに恍惚としながら震える唇に吸い付いた。
「はあっ、うはうっ、くうっ、はふああっ」
ああっ、モエちゃんっ、気持ちいいよおっ…。
子宮を貫いた肉棒がビクビク震えて白濁液をぶちまけた。汗でしっとりした柔らかい下腹を圧迫して女陰の最奥をイチモツで貫く章造は、極楽気分でのぼせ上がって嫌がる朋恵の唇を貪っていた。

「ふあっ、やらっ、ふあっ、んっ、はあっ、ああっ…」
健康な女子高生の女体は快感の絶頂に突き上げられてのけぞり、膨れあがったカリの形に変形して密着する子宮粘膜を白濁液まみれにされる動物的本能で悦びを感じてよがっていた。
「やああ…、ああっ、もう、いやらあ…」
エロボケの性欲に蹂躙されて最後に唇まで奪われた学校のアイドルは、満足そうに脱力する章造のアホ面から反らした目に随喜の涙を浮かべたが、自分より明らかに下のランクと認識するダメ男に妊娠させられるという屈辱の涙でもあった。

ダスノート (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:25:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4130-12dc1515
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next