FC2ブログ

== ダスノート ==

ダスノート(Dasu Note) (19)学校のアイドルの濃厚フェラ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ダスノート(Dasu Note) 目次

ダスノート(Dasu Note) (19)学校のアイドルの濃厚フェラ

「はあ、じゃ、はっ、じゃあ…、はっ、見る、よ…」
み、見るぞ…、モエちゃんの、おまん(ピー)…。
学校のアイドルの女性器を見る興奮で卒倒寸前に昂ぶる変態は、さらに太ももを広げて黒い茂みの奥の切れ目をのぞき込んだ。

「うっ…、ビラビラ…」
はみ出てるよっ、モエちゃんっ…エロいぞっ…。
恥毛が全く生えてないプックリしたツルツルの肉がせめぎ合う合わせ目から、若干色素が沈着した花びらがはみ出していた。
「はあはあっ、モエちゃん…、はあっ、ひょっとして、はあっ、ヤリマンなの…」
はっ、はあっ、ピンクじゃ、はっ、ない…、
学校一の人気者の女性器が視界を占領していた。吐息が苦しいくらい激しくなって心臓がバクバク高鳴る。人形のように一点を見つめて身動きしない朋恵の可愛い顔をドキドキしながら見つめる変態は、
はっ、はあっ、使い込んで、はっ、るのかな…。
激しい吐息混じりのうわずった声でスケベオヤジようなセリフを漏らしながら、想像していた綺麗なピンク色よりも濃い小陰唇の色に卑猥な妄想を巡らせ、膨らみきった股間を無意識にこすりまくっていた。

あ、そうだ…。
等身大人形というか超精密ダッチワイフのような朋恵に欲情して戯れていた章造は、ダスノートを思い出すと、
いひひっ…、フェラして、モエちゃん…。
「朋恵 ビッチなセリフを口走り ハダカになってフェラをする」と書き込んだ。
あ…、時間止まってるから、ダメか…。
しかし人形のように虚空を見つめる朋恵にフェラをおねだりする様子はなく、
こうするのかな…。
エッチ砂時計の効き目を解くため縦に戻した。

「あ…、本能寺君…、おっきくしてるね…」
意識の戻った朋恵は膨らんだ股間を一瞥して小悪魔な笑みを浮かべると、自分からセーラー服を脱ぎはじめた。
「うっ、うんっ、うんっ…」
やっ、やったっ、デスノートっ、偉いっ、すごいぞっ、ノラえもんっ…。
シュルシュルと赤リボンを抜いてセーラー服を脱ぐ朋恵に、エロ高校生は興奮した吐息混じりにうなずいていた。
「私、エッチな子なの…、オチンチン舐めるの、大好きなんだ…」
乳肌があふれそうなブラのみの上半身を見せた朋恵は紺ヒダミニを脱いで素肌の透けるレースパンティの下着姿になると、かしこまってイスに座った章造の股間の前にひざまずき、ベルトをはずした。
「うふっ、ちょっと、腰上げて…」
ファスナーを下ろした朋恵は風俗嬢のような手慣れた手つきでズボンを脱がせると一緒にブリーフも下げていた。

「うひっ…、く…、ううっ…」
はううっ…、モエちゃんの…、フェラ…。
朋恵は反り上がった分身を唇でなぞるとチュッチュッと音を立てキスした。唾液をなすりつけるように舌を滑らせて丹念に裏スジをなぞる。
気持ちええっ、極楽じゃあっ…。
学校のアイドルが捧げるお口のご奉仕に有頂天のエロボケは股間の膨れあがった突起物が蕩けそうな快感快感にのけぞり、バカ笑いにだらしなく顔をゆがめていた。
「あんっ、うふっ、本能寺君の、おちんちん、おいしっ」
のぼせるエロボケを上目遣いに見上げた朋恵は、ツバでヌルヌルになったサオを優しくさすりながら
「剥いても、いい?…、モエ、包茎おちんちん、剥くの大好きなんだ…」
自らをあだ名で呼んで半剥けチンポのタートルネックをゆっくり剥き始めた。

「うっ、く…、ううっ…」
はうっ、モエちゃんに…、剥かれてるうっ…。
はち切れんばかりに膨張したイチモツを圧迫して剥かれていく軽い痛み混じりの興奮にハアハアと荒い息を弾ませる変態高校生に
「痛くないよね…、ペロペロしてあげる…」
仮性包茎を剥いた朋恵は小悪魔な笑みで見上げるとカリ根に舌を這わせた。
「本能寺君、チンカスいっぱいだね、モエ、チンカス、大好きなの」
溜まったカスを舌で舐め取ったモエは許可を得るかのようにそれを乗せた舌を出して見せてから、ゴクンと飲み込んだ。

「はっ、そっ、そうなんだっ、はっ、はあっ、モエちゃん、はっ、エッチ、なんだねっ」
は、ズベタで、はあっ、ビッチな…、はあっ、学校のアイドル…、はうっ、くうっ、たまらんっ…。
「オレの嫁」として考え得るエロを調教してきた朋恵だったが、リアルに淫らなサービスを受けて有頂天のエロボケは無意識にソフトな言葉責めをしていた。

「うふっ、そう、モエ、エッチなんだ…、ノドマン(びー)も、気持ちいいって言われるんだよ」
リアル女子ビギナーの初歩的な言葉責めに妖しい笑みを浮かべた朋恵はツバだらけにした先っちょをパクリと咥え、
「はんっ…、じゅぶっ、ちゅるじゅぶっ…、んっ…」
ツヤツヤした黒髪を前後に踊らせてしばらくブロージョブしたが、めいっぱいほおばって自らノドまで挿入させるとディープスロートを開始した。

ダスノート (20)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:15:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4126-7d2c1886
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next