FC2ブログ

== ダスノート ==

ダスノート(Dasu Note) (18)二人きりの教室でお人形あそび

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
ダスノート(Dasu Note) 目次

ダスノート(Dasu Note) (18)二人きりの教室でお人形あそび

「あっ…、遅れてちゃうっ」
ダスノートの魔力に囚われていた朋恵は誰もいなくなった教室ではたと我に返ると、慌てて科学Iの教科書を取り出して教室を駆けだした。

「やっ、きゃあっ」
教室を出てすぐ横にある階段で向きを変えた勢いで花びらのようにミニスカをふわっと広げた朋恵は、踊り場に立つ章造を見て焦ってスカートを押さえたが、その不自然な体勢でバランスを崩して足を踏み外すと階段から章造めがけてジャンプしていた。


「う、うう…」
う…、なに?…。
章造は股間の膨らみにパンティのモッコリを押しつけてまたがった朋恵に押し倒されていた。
ああ…、うひ…、気持ち、いい…。
倒れた拍子に頭を打ったらしくなんだか頭がボンヤリしたが、染みついたエロ本能は朋恵のお尻にしっかり手を回してスケベに撫で回していた。
「本能寺君、大丈夫?」
ロリ甘ったるい泣きそうな声が鼓膜をくすぐる。朋恵は章造がクッションになったおかげでたいしてダメージはなかったらしい。泣きそうな顔でのぞき込む朋恵のセーラー服のカラダが覆い被さって胸の膨らみが密着していた。

…、これが、そうか…。
こういう形でダスノートに書いた「抱きついてくる」が実現するとは思いもしなかったが、胸を押すオッパイの気持ちいい弾力で顔が緩んでくる。お尻の回した手は相変わらず丸い弾力をなで回していた。
そうだ…。
階段の踊り場で逆騎上位の体勢でミニスカがはだけた太ももを広げ、股間のプックリした膨らみを半立ちの息子に押しつける朋恵にエロ妄想を浮かべる章造は
止まるのか?…。
ポケットに入れたエッチ砂時計を床に横に倒すと朋恵の様子をうかがった。
?…、おおっ、止まってるっ、すげえっ…。
朋恵はセーラー服の胸を押しつけて抱きついたまま焦点の合わない目で見つめていた。エッチ砂時計で時間を止められた朋恵に欣喜雀躍するエロ高校生は、バカ笑いしてセーラー服の女体をなで回した。

うひひっ、じゃあっ…。
階段の踊り場でいつまでも抱き合っていたら2時間目の授業に来る教師と出くわすと思った章造は、
「くっ、ぐうう…」
うぐうっ…、お、思ったより、重いな…。
セーラー服の女体をダッコしたままなんとか立ち上がり、階段を上って教室に戻った。

ここならいいか…。
教室の戻った章造は廊下を先生が通っても見えないように机の陰に隠れると
「うひっ」
かっ、かわいいっ、モエちゃんっ…。
人形のように動かない朋恵を床に座らせて、セーラー服の女体を舐め回すようにいやらしい目で眺めた。
「うっ」
ちょっと…、うひっ、やわらけえっ…。
首の下に垂れる赤リボンをどけて胸の膨らみを指で押した変態高校生は、押し返してくる柔らかい弾力にニヤけまくり、
「うひひっ、モエちゃん…、今日のパンツ、何色?…」
モエちゃんのぱんちい…、みちゃうぞおっ…。
変態まるだしの一人言を漏らして床にぺたんとお尻を付けて座った朋恵の脚を広げた。

「う、くうっ…、はっ、も、モエちゃん…、はあっ、エッチなパンティ、だねえ…」
おおっ、スケスケぱんちいっ…、モエちゃん、大人っぽいパンティはいてんなあ…。
脚を広げてムッチリした太ももの根本をのぞき込んだ章造は、レース地に白い地肌が透けたパンティを見てのぼせ上がった。
「もっ、モエちゃん…、はっ、オケケが、わりと、はっ、濃いん、ですね…」
み、見ちゃう、ぞお…、お、おおっ、縮れてるうっ…。
震える指先をパンティのゴムにかけると、ゆっくり引っ張った。窮屈そうに下げられたパンティのゴムにはじかれたように縮れた剛毛の茂みが盛り上がる。
「は、はあっ、お、ケケ…、はあっ、モジャモジャ…」
も、モエちゃん、もう、大人ですね…。
くっきりした恥毛に興奮して膨らんだ股間を押さえた章造は、フンフン鼻息を鳴らして黒い縮れ毛をそよがせていた。

「はっ、じゃ、じゃあっ、はあっ、恥ずかしい場所っ、みっ、見ちゃうぞおっ」
お、おまん(ピー)…、み、はっ、はあっ、見てやるっ…。
時間を止められて動かない学校の人気者のパンティを下げて変態色情に昂ぶるエロ高校生は、ガクガク震える手でゴムを引っ張って太ももの中程まで下げると、性器が見えるくらい根本を広げようと手を差し込んだ。

「うっ…、ぐううっ…」
うっ…、き、きもち、いいっ…、ああっ、あ、ありがとう、神様っ…。
毎晩のオナニーでエロ妄想して犯しまくった「オレの嫁」朋恵にリアルに卑猥なイタズラする変態は、指先に沁みる肌理の整ったシットリ肌の吸い付いてくるような湿った現実の気持ちよさに感動しまくり、大げさに天を仰いで神様に僥倖を感謝していた。

ダスノート (19)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:52:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4125-eccaddbb
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next