FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (60)お茶目なレナ

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (60)お茶目なレナ

「あれ、いなくなったすっ、ダーリン、どこいったすかあ?」
突然しおりの視界から清司郎が消えた。透明人間という非現実を信じてなかったしおりは古井戸の荒れ地で全裸のままキョロキョロしていた。

「あんっ、えっ?…、だれっすかっ」
しおりの後ろに回った透明人間の清司郎がニヤケながらプリプリしたお尻をベロンと舐め上げると、飛び退いたしおりは空手風ファイティングポーズで油断無く身構えた。
「(オレだよ、ゴマちゃん…)」
スキなくあたりを見渡すしおりの後にこっそり回り込んだ透明人間は、耳タブを嬲るようにしてささやいた。
「ええっすっ、ホントに透明人間になったっすかあっ、いやあん、エッチすう~っ」
いやらしいささやきに振り返ってもやはり清司郎の姿は見えない。しかし清司郎が本当に透明人間になったことをあっさり受け入れたしおりは戦闘モードからデレデレモードになっていた。

「あっ、オッパイ、ああっ、揉まれてるっすう~」
清司郎は後から抱きついて見た目よりボリュームのあるオッパイを揉みだした。乳肌が広げた指の形にへこんだオッパイが卑猥に形を変えてゆがんでいた。背中に清司郎の体温を感じるしおりはうれしそうにスリムな裸体をクネクネさせていた。
セックス…、できるのかな…。
インビジブルなイチモツの先端が先走り液で濡れていた。尻タブの弾力に逆らってワレメにねじ込むと濡れたスジに先っちょをこすりつけた。
「あ、そこ…、ああんっ、ダーリンに犯されるっすうっ」
しおりはヌルついた軟らかい肉を押しのけるカリにのけぞってサラサラへアを揺らしたしおりはうれしそうなかすれ声を漏らし、こっそりオマタに手を入れて自分から切れ目を広げていた。
「あ、あんっ…、挿って、くるっすうっ」
誰かがそこにいたらしおりは全裸で悶える変態女に見えただろう。不自然なヘコミでゆがんだスリムな裸体を妖しくよがらせ、心持ちお尻を突き出す立ちバックポーズでナマ挿入されるうれしさにエッチな笑みを浮かべていた。

おお…、さすが、ヤンキー…、いいモン、持ってやがる…。
いまだにしおりをヤンキーだと勘違いしている清司郎は、愛液でヌルつく膣粘膜で締め付けられる気持ちよさにだらしなく笑っていた。
「(おい、そこに、手をつけ)」
ゆっくりと根本まで挿れてセックスが出来ること確認した透明人は、ニヤつきながら古井戸に手を付けてお尻を突き出せと命令した。
「ああ、あんっ…、はいっす…」
しおりは当社比1.3倍のイチモツで膣奥をグリグリされて切なげな吐息をもらし、古井戸の縁に手を伸ばすと挿入しやすいようにお尻を突き出したポーズで脚を広げた。

「…、よかったな、願いが叶って」
清司郎が挿入を開始しようと腰を抱え、丸い尻肉に指が食い込んだヘコミが出来たのと同時に突然井戸からレナが顔を出した。ボサボサ黒髪のスキマから三白眼を覗かせた薄気味悪い笑みを浮かべていた。
「へ?…、ひっ、で、でたっすうっ」
エロデレモードだったしおりは目の前でピースするレナにビックリして悲鳴を上げる。
「う…、げえっ、ぐおおおっ」
は?…、くっ、うう…、づ、づぶれるう…。
レナはお茶目なイタズラのつもりだったが、おばけのたぐいに滅法弱いしおりはレナと気付かずにビックリして膣痙攣を起こした。イチモツを万力で締め付けられたような激痛に清司郎は悶絶した。
「あらら…、オマエ、それ握って『戻れ』って念じてみ」
神様のレナには透明になった清司郎が見えているようで、お尻にしがみついてみっともなく悶える様子にため息をつくととりあえず元に戻るように言った。

「ぐううっ…、は、早くっ、たすけ、てっ…」
ペンダントを握って姿を現した清司郎は全身から脂汗をダラダラ垂らして悶え、半ベソ顔でレナに助けを求めていた。

独身OL美奈 (61)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:04:50 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4070-13f36d89
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next