FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (58)意識が飛びそうな絶頂

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (58)意識が飛びそうな絶頂

「そんじゃ、遠慮無く…、んっ、おおっ」
中部支社で1、2を争う人気者が惜しげなくさらすフルヌード姿の匂い立つようなシズル感に鼻の下をのばした清司郎は、プリプリしたお尻を抱き寄せると片ももを抱えて挿入した。

「ああん、おちんちん、おっきいっ」
いきなりの挿入だったが人気者らしく(?)準備万全の女体はいきり立ったイチモツをすんなり受け入れた。モジャモジャの根本が広がった花びらにビチャッと密着してヌルついたしぶきが飛んだ。

「うううっ、ずるいっすう…」
ビンビンの肉棒が濡れたおちょぼ口の花びらに咥え込まれるのをヘタレ可愛い半ベソ顔で見ているしおりは、体育会系の悲しいサガで先輩のレナに逆らうなんて思いもよらず指をくわえて見ているしかなかった。
「ああ、いいっ、たまらんっ」
清司郎は折れてしまいそうな細すぎるスリムなカラダを欲望のまま突き上げた。滴を垂らす花びらに例のカクテルで当社比1.3倍に膨張した肉棒を繰り返し出し入れさせ、カズノコ天井とミミズ千匹のハイブリッド名器の気持ちよさに浮かれて上機嫌で腰を振りまくって快楽に溺れた。

「ああんっ、つらいっすう~」
横で見ているしかないしおりは落ち込みすぎておかしくなったのか、半泣きの顔でスマホをかざしてナマ本番で淫らに絡み合う二人のナマ写真を撮っていた。
「ああっ、いいっ、もっと、ついてえっ」
のけぞりすぎた上半身が井戸の縁から落ちそうになって、レナは汗が滲んで妖しくテカる太ももを清司郎の腰に絡めてアイドルっぽいキーの高いあえぎ声を上げていた。
「はあ、ふあっ、んっ、うはうっ」
緩急をつけた膣圧と絡みついてくる粘膜の快感にイチモツの付け根がしびれる。落ちそうになる上半身を抱えるとシットリ吸い付いてくる尻肌で支えて思いっきり突き上げる。
「んっ…、ああっ、い、いいっ」
強烈な一撃に長い首をガクンとのけぞらせてボサボサの黒髪を振り乱したレナは、もう一方の脚も絡めて自ら駅弁スタイルになってぶら下がってきた。

「お、おおっ、くっ、おわあっ」
かいわれ大根と揶揄されるほどスリムで軽いとはいえ激しい突き上げの勢いでたたらを踏んだ清司郎は、落ち葉が積もった地面に倒れ込んだ。
「あ、んっ、ああっ」
脱ぎ捨てた白装束の上に都合良く押し倒されたレナはM字に脚を広げた正常位で固定され、おツユまみれの亀裂にヌプッジュプッと卑猥な音を立てて思いっきり肉棒をねじ込まれていた。
「い…、いくっ、いっちゃううっ…」
レナは昇天した。地面に広がって落ち葉が絡まったボサボサの黒髪が妖しく波打ち、ただれた快感の頂点によがる首長美少女の官能美を際だたせていた。
「お、んっ…、ぐあっ…」
ここでセックスするととんでもないエクスタシーを感じるというしおりの話は本当だった。裏スジに熱いこみあげを感じた瞬間、目の前が真っ白になった。
「う…、ああ…」
怒濤のごとく尿道をかけあがる激しい白濁液の反作用で、痙攣した付け根から肛門を通過して脊髄を雷のような衝撃が襲う。快感に悶えるスリムな女体に覆い被さって硬直した清司郎は魂が抜けたようなアホ面で至福の射精感を味わっていた。

「うあわんっす~、神様あっ、次のお願い」
意識が飛びそうな絶頂の余韻を味わってウットリした表情で重なり合う二人に手をこまねいて見ているしかないしおりは、
「ううっ~、早く聞いてほしいっすうっ~」
屈辱感の混じったヤキモチに灼かれて子供のように泣きじゃくり、おもしろ可愛い泣き顔を見せてレナ神様に2つ目のお願いを急かしていた。

独身OL美奈 (59)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:33:12 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4068-3620c6d7
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next