FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (50)腹いせ人妻陵辱

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (50)腹いせ人妻陵辱

「ふっ、くっ、おっ…、はあっ、こっちも、はあっ、縛ってやるっ」
目隠しした美奈にしがみついてとどまるところを知らない性欲をぶちまけていた清司郎は、床に脱ぎ捨てられたブラが目について拾い上げると後ろ手に拘束して剥き出しの水道管に縛った。

「や、ああんっ、どうしてえっ」
視界を奪われた上に両手の自由を奪われて不安そうな声をあげたが、下の口に挿入された愛棒は膣壁でしっかり締め付けて咥え込んでいた。
「オッパイ、吸ってやるっ」
腰を引いてキツイ締め付けからいったん分身を待避させ、天然デカパイをチューチュー吸ってついばむ。
「いやあんっ、あっ、んっ、いいっ、もっとお」
大好きなオモチャを取り上げられて不満そうな声が漏れたが、ナマ乳を愛撫されてうれしそうな声があがる。
「…、なんだよ、出ねえのかよ…、役立たずなデカパイがっ」
トランジスタグラマーな女体に抱きついて乳房を甘嚙みで咀嚼していた清司郎は
「ひっ、いっ、痛い…」
当然だが母乳が出ないことにイチャモンを付けて乳肌をビンタすると
「メータン、乳、吸わせろっ」
トイレの床に直接お尻をつけた一児の母に声をかけた。ザーメン子宮注入されて恍惚とする完熟女体は弛緩した太ももの奥に、男根を咥え込んでいた名残でかすかに開口部を見せる花びらから白濁液が沁みだしていた。

「うふぅん、坊やぁ…、おっぱい、欲しいのおぉ?」
ツンと突き出た乳首から白い滴を垂らすメータンはイヤらしい笑みを浮かべてリクエストに応えると、絶頂の余韻に火照る女体をけだるそうに立たせてケダモノにすり寄った。
「ぷはっ、うめえっ、やっぱオンナはこのぐらいが食い時だなっ」
破られたチャイナドレスがまとわりつく官能的な裸体を抱き寄せてパンパンに張ったミルクタンクに吸い付く。拘束された美奈をイジワルな目で一瞥した強姦魔は母乳に舌鼓を打って愉快そうに笑った。
「やあんっ、してえ、そしたら、すぐに出るように、なるからあっ」
水道管に縛り付けられて何も見えない美奈はナマ本番を中断されてうずくカラダを切なげに揺すって子供のようにむずがり、妊娠させてくれと涙声で懇願した。

「はあぁ、いいわよぉ、挿れてもぉ」
乳首を強く吸引された女体が母性の混じった官能の昂ぶりに淫らに震える。授乳する悦楽に悶えるメータンはビンビンに反り上がるイチモツにイヤらしく指差を絡ませて再試合を挑んできた。
「じゃあ、オッパイのご褒美に、またしてやる」
美奈の情けない声にイジワルな加虐倒錯に萌えた変態学生は、切れ長の目でウットリ見つめる官能人妻に挑みかかってトイレの床に押し倒し、粘液がにじみ出る亀裂を一気に貫通した。
「ひひゃぁっ、はっ、あぁんっ、いぃ、いいのおぉっ」
冷たい床に背中をつけてブルッと震えたメータンは押し倒された勢いで最奥まで挿入されてのけぞり、ウェーブヘアを淫らに踊らせる。
「くうっ、いいっ、んっ、おおっ」
経産婦らしくない締まりのいい女性器の花びらを広げて出入りする肉棒が潤沢な愛液をかき出すイヤらしい音が男女兼用トイレに響く。
「やあんっ、美奈にしてえっ、いじわるしないでえっ」
つながれた両手にぶら下がるように前屈みに泣き声を上げる放置プレイ状態美奈は、空き家になったアソコから太ももにおツユをダラダラ垂らしていた。

「はあうっ、いいっ、いいぞっ、メータンっ」
はあっ、たまらんっ、人妻、きもちええっ…。
熟れた女体にのしかかってトロトロの蜜壺を犯す気持ちよさにニヤけてアホ顔をさらす清司郎は、いろいろひどい目に遭わせてくれた美奈の悲しい声にサディステックな倒錯色情に昂ぶっていた。
「やだあっ、それっ、わたしのなのにいっ」
視界を奪われた美奈の耳にチュクッヌプッと蜜壺をかき回すナマ本番の淫靡な音が響く。黒はちまきのスキマからポロポロ涙がこぼれていた。
「うるせえなっ、みゆ、かわいがってやれっ」
おまえは、レズってろっ…。
本泣きする声に若干良心が咎めた。しかし逆ギレした清司郎はメータンを思いっきり突き上げるとトイレの奥で女の子座りするみゆを怒鳴りつけた。

「え…、や、やだあ…」
前技無しに強姦されたショックとナマ出しされたエクスタシーでボンヤリしていたみゆは、いきなり命令されて尻込みしたが
「うるせえっ、すぐしねえと、今度はケツ犯すぞっ」
納まらない欲望で人妻に腰を振りまくる強姦魔はことさらに大声を上げて急かす。
「は、はいっ…、みなるん、ごめんね…」
トイレのひんやりした壁を震わせる大声にピョンと立ち上がったみゆは、拘束された美奈に申し訳なさそうに声をかけると綺麗に整えられた恥毛の奥に指を差し入れた。
「あ、や、あんっ、いやあんっ」
汗でシットリ濡れたムッチリ太ももの弾力に逆らって蠢く細い指先がネチョネチョの花びらを執拗に嬲る。育ちの良さそうな正社員の指マンテクで翻弄されたトランジスタグラマーな女体が妖しくくねる。

「ああっ、いっ、おちんちんが、ああっ、いいのおっ」
清司郎同様にひどい目に遭わされていたみゆは、拘束された美奈を悶えさせる加虐色情を無意識下に感じてうっすら笑みが浮かんだ頬を紅潮させ、いろんな体液でヌルヌルの花びらを念入りに愛撫していた。

独身OL美奈 (51)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:35:15 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4060-4ef1f097
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next