FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (44)再び美奈襲来

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (44)再び美奈襲来

「ええっ、やだあっ、そこ、美奈の場所なのにっ」
エレベーターが開くと美奈が立っていた。あぐらで抱き合う清司郎とアンニンを見て大げさなリアクションで大声を上げると、間に割って入ってアンニンを押しのけた。

「いやあん」
エレベーターの床に押し倒されたアンニンは悲しそうな甘えたアニメ声を漏らしたが
「やだっ、こんなにっ、もう、許せないっ」
太ももの根本でプックリした縦割れの肉からドロリとザーメンがあふれてきたのを見て、美奈は逆毛立てたメス猫のようにアンニンを威嚇した。
「やあんっ、ゆるしてえ、ごめんなさあいっ」
元班長に頭の上がらない正統派美少女は気弱そうなアニメ声をあげるとナマ乳がはだけた胸元を押さえて逃げていった。

「…、もう、直ったんだ…」
逃げていくアンニンのミニスカが跳ねてチラチラするお尻をスケベ面で見送った清司郎のヒザにすがりついていた美奈は顔を上げると、例の垂れ目三白眼で見つめた。
「あ、ああっ、そうだなっ、オマエのおかげだっ」
その目…、きょ、きょわい…。
美奈の迫力にいつものヘタレに戻った清司郎は怯えた愛想笑いを浮かべて黒はちまきでポニーテールにした頭を撫でていた。
「そうよかった、じゃあ、すぐにして」
前のめりに伸び上がって顔のすぐ前で笑った美奈だったが目は笑ってなかった。あとずさるエロヘタレを一瞥して体液にまみれてダランとしたソレにすがりつくとチューチュー吸い出した。

「や、いやっ、まって、そ、そうだっ、チューしたいっ」
ひいっ、もう、で、できるかっ、カラカラだっ、つうのっ…、あっ…。
たった今ありったけはき出したばかりのソレはとうてい勃ちそうになかった。ヘナチンをしゃぶられて焦ったヘタレ学生はトランジスタグラマーな女体を抱えてとりあえずエレベーターから出るとキスを迫った。
「…、いやんっ、そこは『キスをしようか~♪』って、言ってくれないと…」
キレた美奈の怖さを身をもって知っているヘタレは必死だった。その真剣な表情でそれほどまで自分とキスしたいのかと勘違いしたらしく、うれしそうにウットリ笑って発育のいいカラダを腕の中に預けると妙な節を付けて意味のわからない注文を付けてきたが、ヘナチンは握ったままだった。
「…、ああ…」
なにそれ?…、とりあえず、離せ…。
とりあえず意味不明のリクエストは無視して垂れ目まぶたを閉じた首無し美少女を抱きしめて唇を合わせると、息子を嬲る手を引き取って背中に回させた。

「じゃあ、どこでする?」
幸い誰も通りかからずに二人だけのエレベーター前でキスをして唇が離すと、恥じらうようなウットリした上目遣いで胸の柔らかい弾力を押しつけて本番をおねだりしてきた。
「あ、そ、そうだな…、それより、ナマ写真は?」
だから、もう、できねって…、そうだ、撮影っ…。
トランジスタグラマーな女体をイヤらしくすりつけられてもうんともすんとも言わない息子に絶望するヘタレは、シルダンにされたことを思い出してナマ写真撮影がどうなったか聞いた。
「…、あなたがダメになっちゃったから、中止になったよ、すぐ戻ったのに、いなくなったっちゃてたから、すっごい、探したんだから」
話をそらすへなちょこ学生に不満そうな垂れ目三白眼を見せた美奈は、また股間に手を伸ばしてヘナチンを弄りだした。
「そうか、悪かった、あ、明日、ちゃんとするから、なっ」
もう、出ねえって、やめてくれっ…。
打ち止め状態の息子をグニグニされても何の昂ぶりもない。とりあえずこの場をどうにか取り繕おうとしていた。
「そう…、じゃあ、お昼、食べに行く?」
厳しいレッスンを受けて手コキにはちょっとばかり自信のあった美奈は、これだけしても反応がないのであきらめたらしくランチに誘ってきた。
「お、いいな、すっげえ、腹減った」
はあ、助かった…、そういえば、腹ぺこだ…。
倦怠期の熟年夫婦が夜の生活でいい争うような会話が終了して一安心した清司郎は、朝からなんども本番して体力を消耗していたのでランチに誘われて急に空腹を感じた。

「じゃあ、待ってて、しのぶにお金もらってくるから」
パラペコ餓鬼にうれしそうに笑った美奈はくるりと背を向けるとミニスカを花びらのように広げてパンチラし、総支配人であるビア樽女しのぶに昼飯代をせびりに行った。

独身OL美奈 (45)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:29:44 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4054-ffe9280c
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next