FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (36)イチゴの国のアンニン

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (36)イチゴの国のアンニン

「あ、オシッコしに来たんだったあ、忘れてたあっ、漏れちゃううっ」
清司郎の一人息子は再起不能とあっさり見捨てた中部支社の人気者レナは、わざとらしくあわてた声を上げて乱れた制服風衣装をそそくさと直すと個室に籠もった。

「ぐげえ…、や…、ぐっ、やめ、ろ…」
や、やめろ…、お、折れる…、し、死ぬう…。
変な角度に曲げられた勃起チンポの激痛に全身から脂汗を吹き出すエロヘタレは、血迷ってオマタにソレを誘い込もうとする美奈に苦しそうにうめいた。
「ん?…、あれっ、どうしたの?、大丈夫?」
エロボケ学生を地獄の苦しみにたたき落とした張本人だったが、全く自覚しないオトボケ首無し美少女は額からダラダラ垂れる汗を見て心配そうにのぞき込んだ。
「とっ、ともかくっ、そっ、それをっ、はっ、離せっ」
ぐ、くうう…、た、たすけ、て…。
痛さでまともに息が出来ない変態エロヘタレは、スベスベ乳肌が伸びて下向きに垂れた巨乳を握りしめるとトランジスタグラマーな女体に抱きついた。

「あ、あんっ…、はああ…、してえ…」
抱きしめられた勢いでトイレの床に押し倒されて素肌を冷たいヒンヤリしたタイルに密着させた美奈は、乳肌に食い込む指の熱さにうわずったあえぎ声をあげて苦悶にゆがむ顔をうれしそうに見ていた。
「で、できるか…、じ、じぬう…」
柔らかい弾力を押しつけてくる美奈のニコニコ笑うカワイイ顔がゆがんできたと思ったら、すぐに見えなくなった。
「ええっ、どうしたのっ、しっかりしてえっ」
清司郎を人事不省に追い込んだ張本人なのだが、ここに至ってもやはりまだそんな意識が全くない天然首無し美少女は悲しげな悲鳴を上げてグッタリしたカラダを揺すっていた。

「ふあ…、へ?…」
はわあ…、あれ?…、ここ、どこ?…。
目を覚ました清司郎はベッドに横たわって白い天井を見ていた。
「あ、起きたあっ?、よかったあっ、心配したんだからっ」
すぐに美奈がのぞき込んできてニコニコ笑っていたが目尻には涙の痕があった。
「あ…、ああ…」
オマエのせいだろ、と言いたいところだったがその顔があんまり可愛かったので清司郎は気まずそうに目線をはずして口ごもっていた。
「レナさんとふたりで運んだのよ、大変だったんだから」
大事な一人息子を再起不能にしかけた罪悪感が微塵もなく屈託無く笑う美奈は、助けてあげたんだから褒めてとおねだりするようにニコニコしていた。

「どうですか、気分は?…」
白衣の医師コスプレで伊達メガネに白髪の交じったズラをつけた美少女が美奈の後ろに立って、わざとらしく重々しい声色を作っていた。
「あの、女の人、ですよね?…」
膨らみがわかるワイシャツの胸をチラ見した清司郎は、コント風オッサンメイクをしていてもにじみ出る美少女オーラに聞かずにいられなかった。
「…、まだ意識が混濁してるようです、しばらく休んでいってください」
切れ長の目で清司郎を一瞥した彼女はシレッと安静を告げると、
「美奈さんは、ナマ写真じゃないんですか?」
ベッドにすがりついて清司郎をのぞき込んでいた美奈に話を振った。
「あ、そうだった、じゃあ先生よろしくお願いします」
本来生真面目でスケジュールに穴をあけたことがない美奈は、シルダンである清司郎がダメになったのでナマ写真撮影もできないのだが、それに気付かずにあわてて医務室を出て行った。

「どうして、そんなかっこう、してるんですか?…」
やっぱり、変だよな…、カワイイのに…。
二人きりになった清司郎はやはり聞かずにいられなかった。
「えへっ、やっぱりわかっちゃいますよね、美奈先輩は班長だったから、逆らえなくて…」
クルッと振り返って白衣をマントのように翻した彼女は照れ笑いを浮かべ、白髪ズラとメガネを取って本来の正統派美少女に戻った。
「伊里山アンナです、よろしくお願いします、イチゴの国からこんちには、あなたのハートをラブズッキュン、アンニンって呼んでくださいねっ」
ツヤツヤした黒髪ロングヘアを垂らしてキレイにお辞儀した美少女はニコニコ笑って自己紹介した。
「はあ…、イチゴの、国…」
イチゴの国?…、ラブズッキュン?…、なんだ、そりゃっ…。
この会社ではいまだにまともな女子にお目にかかってないのでだいぶ慣れたとはいえ、さすがに「イチゴの国」にはひいた。

「あ、やっぱり変ですよね、あのころはよく分かってなかったから…」
清司郎のあきれ顔に照れた困り顔を見せて背中を向けたアンニンは、白衣で見えないと思っているのか医師コスプレのスラックスを脱いでミニスカに履き替えていた。
「あ、いや…、別に、変じゃ、ないですよ…」
おほっ…、ええ、ケツ…、しとるや、ないか…。
白衣が乱れてチラチラする艶めかしい脚線美と純白フリルパンティのキュートなヒップを見たエロ学生は鼻の下を伸ばしてスケベ笑いしていた。

独身OL美奈 (37)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:38:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4045-b563fc62
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next