FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (35)エロボケに天罰

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (35)エロボケに天罰

「あ…、あの、鬼さん…、ねえ…、次、しないの…」
清司郎はレナをバックから犯すナマ本番にのぼせ上がっていたが、レズ勝負に負けてイカされた美奈は意識が戻ると物欲しそうな甘えた声で近寄ってきた。

「へ?…、うっ、はぶっ、くっ、おおっ、はうっ」
なっ、美奈?…、はうっ、おほおっ、かまって、あひっ、られるか…。
首長美少女の制服風衣装が着乱れた官能的な女体に覆い被さってナマでズコズコする快楽を貪っていたエロ学生は、四つんばいでにじり寄ってくる首無しトランジスタグラマーな女体の胸にミズマリのような巨乳がぶら下がっているのを一瞥したが無視して腰を振り続けた。
「あ、ああんっ、い、いいっ、おちんちんっ、気持ち、いいのっ」
透き通るようなキレイな首筋を左右に揺らして黒髪ロングを切なげに振り乱すレナは、お尻と腰がパンパンとぶつかるハデな音とともに肉棒で突き上げられるたびにのけぞり、艶めかしいあえぎ声を女子トイレのヒンヤリしたタイルに響かせた。
「はあっ、ほおっ、うひっ、くうっ」
かあっ、いいっ…、おほっ、たまらんっ…。
これまでのションベン臭い小娘たちとは別格の絶品名器にナマでヌチョズコ突き立てる快感にアホ面をさらした変態学生は、横でいじましい視線を向ける美奈のことなど全く眼中になかった。

「やあんっ、もうっ、私もしたいっ」
放置プレイというより単に無視されてのけ者にされていた美奈は突然キレると、ドッグスタイルで重なり合ってサカる二人の間に割って入った。
「美奈もっ、仲間に入れてえっ」
興奮して血迷った首無し美少女はお尻と腰がぶつかり合う接合部にムリヤリ手をねじ込むと、あふれた愛液でグショ濡れの花びらを淫靡に広げたイチモツを握りしめた。
「はひへっ?…、うわっ、はっ、はなせっ」
愛液でヌルヌルに濡れたサオを強く圧迫されてマヌケな声を漏らしたエロヘタレは、想定外の握力に焦って情けない悲鳴を上げた。

「あ…、やあん…、もっとお…」
激しい突き上げが突然やんで固い肉棒を下の口で咥え込んだままのレナはうつろな声を漏らすとお尻をイヤらしく振って挿入再開をおねだりしていた。
「やだあっ、これっ、美奈のだからっ、ここに挿れてっ」
駅弁ファックで犯されてイカせまくってくれたイチモツを自分専用だと思っているのか、美奈は当然の権利といわんばかりに名器に半分ほど収まっていたソレをムリヤリ引きずり出して、自分のオマタに引きずり込もうとした。
「ひっ、やっ、めっ、ひぎゃあっ、あうう…」
想定外の怪力でムッチリオマタに引っ張られた息子が、海綿体折損の一歩手前で痛々しく変形していた。大事なひとり息子を襲った激痛にエロヘタレはレナの113dbに負けない悲鳴を上げ、白目をひん剥いて口から泡を吹いて悶絶した。

「あうんっ…、あ…、あ~あ…、もう、ダメかも…」
ヌルヌルの下の口で咥えていたソレをムリヤリ引っ張り出されたレナもダメージを受けたが清司郎ほどではなかった。振り返って美奈がオマタに引き込もうと握ったイチモツがいびつに曲がっているのを見て、レナはもう使い物にならないとあきらめたかのように脱力したため息を漏らした。

独身OL美奈 (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 01:38:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4044-d3fac06d
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next