FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (14)ナマ本番ナマ出し

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (14)ナマ本番ナマ出し

「おねがい…、いれて…」
背中を当てた壁を後ろ向きにした手の平を当てて上体を支える美奈は自発的におねだりするセリフを漏らし、不自然なほど腰を押し出して濡れてかすかに開いた性器を見せつけて挿入を誘っていた。

「うひっ、そ、そうかっ、そんなに欲しいか」
だはあっ、美奈、かわいいぞおっ…。
何でも言いなりになる美奈を所有物扱いして勘違いした清司郎はスケベオヤジのような笑いを浮かべて抱きつくと開いた太ももの間に股間をねじ込み、腰のシットリ肌を引き寄せてヌルヌルした入り口に先端を食い込ませた。
「ああっ、あんっ」
エロ気分にのぼせ上がった清司郎がお尻を抱え上げて柔らかい下腹に密着すると吸い込まれるように挿入した。下からの突き上げに伸び上がった美奈の辛そうなあえぎ声がして膣壁全体がキュッと締め付ける。
「おくっ…、うひいっ、はうへらあっ…」
んがっ…、きっ、きついっ、はうっ、うわあっ…。
清司郎は童貞ではないがこんな締め付けははじめてだった。美奈がつらそうなよがり声を漏らすたびに膣奥まで浸入したチンポがぞうきん絞りのようにギュウウッと締め付けられて動くことが出来ず、股間を突き出した女体に豊乳を押しつぶして抱きついていた。
「ああ…、ご主人様…、おっきい、です…」
下から串刺しにされて開いた両脚のかかとを浮かせた美奈はしがみつく清司郎の頭にアゴで抑えて、苦しそうなのだが妙に色っぽい声で清司郎の鼓膜をくすぐっていた。

「んっ、くそっ」
なっ…、このおっ、ばかにすんなっ…。
それは動かないのに焦れて催促しているように聞こえた。自意識過剰なヘタレ学生はバカにされた気がして癇癪を起こすと激しく挿入しはじめた。
「あっ、んっ、ああっ、いっ、いいっ、ですっ、あっ、あっ」
がむしゃらな突き上げに美奈は黒はちまきで押さえられたセミロングのスソを忙しく踊らせた。腰のナマ肌に指を食い込ませて抱えた清司郎が突き上げるたびに柔らかい乳肌が大きく波打って突き出た乳首が上下に振り回されていた。
「はおっ、んっ、ぐっ、くうっ」
うおっ、はあっ、年増、女のっ、カラダ…、ああっ、くおっ、柔らけえっ…、きもちええっ…。
勢い込んで腰を押しつけるたびに汗でテカった腰肌を抱えた手が滑ってワキ腹のたるみに食い込んだ。すずやんたちがウワサしていたあだ名を思い出しながらそんな柔らかさに埋没するのを人差し指に感じて清司郎はますますいきり立った。
「あ、いっ、いいっ、ああっ、もっ、もっとおっ」
息もつかせぬ激しい挿入に美奈は悶え狂って肉棒が出入りする肉の切れ目からおびただしい愛液を垂れ流しまくった。
「うっ、くっ…、出してやるっ…、むっ、ありがた、くっ…、うっ、受け取れっ」
はうっ…、くっ、出るっ…。
勢い込んで夢中で欲望を叩きつけ続けた清司郎は裏スジに、熱い混み上げを感じてマヌケなうめき声を上げると薄汚れた壁に美奈を押しつけて股間をおもいっきり突き上げた。

「あっ、んっ、あっ」
力任せにのしかかってくるカラダと壁に押しつぶされて息もまともに出来ない美奈は金魚のように口をパクパクさせていた。
「はにゃらっ、あへっ、ひああっ…」
美奈は子宮の入り口に食い込んでザーメンを注入する肉棒がドクドク震えるのを膣壁全体に感じて絶頂に登り詰め、だらしなくヨダレを垂らしたアヘ顔を天井に向けてのけぞっていた。

独身OL美奈 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:24:19 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4022-dac4d681
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next