FC2ブログ

== 独身OL美奈 ==

独身OL美奈 (9)ヘタレな脅迫者

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
独身OL美奈 目次

独身OL美奈 (9)ヘタレな脅迫者

次の朝、いつもより3時間は早く起床して久しぶりに朝日を見た清司郎は、6時半すぎには美奈のアパートに到着して彼女が出てくるのを隠れて待った。

おっ、早いな…、今日もキレイだぞ、美奈…、お、見てる、見てる…。
10分ほどして彼女がアパートから出てきた。階段横の集合ポストをあけた美奈は新聞の上にあったカードに不思議そうな表情を見せたがポケットにしまって歩き出した。

ちがうのか…、はあ、ええケツ…。
この時間に出勤するなら会社はしのぶの名刺にあった住所ではなくもっと遠いのかもかしれないと思いつつ清司郎は尾行を開始した。昨日と大差ないグレー系スーツに揺れるヒップラインを視姦してムラムラしているうちに駅に到着した。
やっぱ、あっちか…、ちっ、見えねえか…。
清司郎の心配を否定するように彼女はしのぶの名刺にあった場所に行く都心方面ホームに向かった。階段を上がる彼女をローアングルから見上げてパンチラを期待したが、タイトスカートはお尻にしっかり密着してヒザ裏の上が見えた程度だった。
お、見るか…。
ホームに立った美奈は思い出したようにポケットからカードを取り出すとスマホにアドレスを打ち込んだ。スマホを見つめる顔がみるみるこわばって緊張していった。
ぐひひっ…、恥ずかしいだろ…、見られてたんだよ、オマエは…。
美奈の青ざめた顔を盗み見る卑劣なノゾキ学生は効果絶大なオナニー動画脅迫にこみ上げてくるスケベ笑いを懸命に押さえていた。
オマエはもう、オレに逆らえないんだよ…、うひひっ…。
清司郎は動画の最後にメッセージを入れていた。「この動画をバラまかれたくなかったら、オレのいいなりになれ」と。

恋愛禁止という人権を無視した時代錯誤なルールで過去にペナルティを受けたと知った清司郎は、性的スキャンダルが会社生命にとどめを刺す美奈のアキレス腱だと思った。「トイレでオナニーする動画をバラまくぞ」という誰でも思いつきそうな単純な脅しが美奈奴隷化計画実現の第一歩だった。

おおっ、混んでるなあ…。
地方出身の清司郎は朝寝坊したくて2講目以降しか履修しなかったので朝の満員電車に乗った経験がなかった。ホームに滑り込んできたすし詰め状態の電車を見て感動さえしていた。
よ、よし…、えっ…、へあっ、おおっとおっ…。
変態ノゾキ学生は呆然と突っ立って全く余裕のない美奈に気付かれるというよけいな心配でドキドキしながらコークボトルのようなラインを見せるスーツ姿のすぐ後に立った。ドアが開いてオッサンリーマンに後ろから押された清司郎は地味スーツの背中に密着して満員電車に押し込まれた。
おおおっ…、気持ちエエ…。
満員電車初体験の清司郎は痴漢も偶然初体験した。混んだ電車では痴漢と間違われないために手を上げるという習慣を知らずに下げていた手がスーツスカートに密着して丸い弾力が手の平に沁みてくる。

よ、よしっ…、やるぞ…。
トランジスタグラマーな女体の艶めかしい感触に盛り上がる変態興奮でヘタレな尻込みを振り払った清司郎は、
「(み、見ろ…)」
例の動画を再生させたケータイを美奈の顔の前に震える手で差し出すと、
「(ば、バラまかれたくなっ、なかったら、いっ、言うこと、きけよっ)」
い、言った…、言ってやった…、ど、どうだ…。
心の中で何度も繰り返したセリフを周りのリーマン達に聞かれないような小声でしかし精一杯ドスの利かせた声で耳元にささやくと美奈の反応を窺った。

はっ、はあっ…、だ、だめか…、はううっ…、や、ヤバイ、かも…、
ケータイ画面を見つめた美奈はその声にビクッと震えたが身じろぎもせずに固まった。その短い沈黙に押しつぶされそうで腰の引けたヘタレは
いっ、いやっ、大丈夫だっ…。
児戯に等しいずさんな美奈奴隷化計画を達成するのが天に課せられた使命と信じてかろうじてその場にとどまっていた。

独身OL美奈 (10)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 14:17:44 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/4017-a0888a9f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next