FC2ブログ

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (46)蛍の涙

ろま中男3 作品リスト
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (46)蛍の涙

「幸太君はどっちの味方なのっ」
ボブカットの前髪の下からにらむ蛍から目をそらした雪は、二人の間にしゃがみ込んだヘタレ幸太に気色ばんだ。

「幸太君は、私と何回もしたもんね、こんな思わせぶりで何もできない処女より、私がいいよね」
キッとなってにらみつけた表情を小悪魔な笑みに変えたセクシー女子大生は、中途半端に穿かされたスケスケTバックパンティを脱いで黒パン覆面の上にかぶせた。
「私だって、できるもんっ、ねっ、幸太君っ、きもちいいでしょっ」
大人の魅力で幸太を籠絡しようとする姉にムキになって対抗する蛍は、二人の間でオドオドするヘタレの股間にしがみついてションボリした分身を子猫のようにペロペロ舐めだした。

「ほら、全然ダメじゃないっ」
ぎこちないフェラにションボリしたままで反応しないソレに雪の勝ち誇った高笑いが響く。
「あうう…」
ロリ美少女の不慣れなフェラに萌える気持ちもあったが、姉妹がにらみ合って対峙する緊迫の場面でイチモツを固くできるほどヘタレ幸太は図々しくなかった。
「なんで…、幸太君?…」
やり方がわからないままダランとしたソレを半ムケのカリから裏スジまでカワイイ口で一生懸命愛撫した蛍だったが、元気になる気配が無いとわかると居たたまれなくなって潤んだ目で幸太を見上げ、
「もういいっ」
申し訳なさそうに黙って目をそらす幸太に泣き出して自室に逃げていった。

「あっ、蛍っ」
プリプリ揺れるフリルパンティのお尻を追いかけようと幸太が腰を上げると
「行くの?、幸太君」
コンパクトだが形のいい乳房を強調するように腕を組んだ雪が冷たい視線で見下ろしていた。
「行ったら、もうさせてあげないよ」
恥骨で盛り上がった薄い茂みの奥にスジがかすかに見える股間のスキマを強調するようにつま先を伸ばして足を開くと無表情に最後通牒を突きつけた。
「ううっ…、ごめんっ」
美人女子大生のセクシーナイスバディには未練タラタラだったが、なにをしでかすかわからない蛍が心配で追わずにはいられなかった。

「ふうん…、ばからしっ」
バスローブがはだけて肩から落ちたパンティ覆面の後ろ姿を悲しそうに見送った雪は、ベッドに寝ころぶとシーツをかぶってフテ寝してしまった。

「なあ…、怒るなよ」
ぬいぐるみが置かれたファンシーな部屋に入った幸太は、ベッドに座ってうなだれる蛍のしゃくり上げる肩にオドオドしながら声をかけた。
「…、幸太君のばかあっ」
顔を上げて前髪の下から涙で濡れた目を向けた蛍は両手で突き飛ばして尻もちをつかせるとセクシースキャンティ覆面を奪い取り、
「ううっ、ばかあっ、きらいっ」
躊躇したが思い切ってロリなフリルパンティを脱いで代わりにかぶせ、半分顔が隠れて目隠し状態になった頭を抱えてノーパンの股間を押しつけた。

「わたしだって、わたしだってえっ、おねえちゃんに負けないんだからあっ」
縮れ毛の薄い股間は勢いあまって幸太を押し倒した。床に仰向けになった幸太の顔に馬乗りになった蛍は泣きながらノーパンのオマタをすりつけていた。
「うっ、ぷわあっ、おっ、おちつけ、なっ」
湿り気を帯びた軟らかい肉が鼻や口を覆って窒息しそうになったエロバカはかろうじて体を起こすと、ロリパンティで目隠し覆面されたままパジャマ美少女をダッコする対面座位の体勢でなんとか一息つくことができた。
「なんで、おっきくならないのおっ、私が子供だからあっ?」
ロリエロなナマ太ももを立て膝に絡めてたるんだ玉袋に股間を押しつけて、キョドるヘタレと向かい合うボブカット美少女は泣き声まじりに叫ぶとダランとしたサオを握ってヒステリックに叫んだ。

「いっ、いてっ、いてえっ、やっ、やめろおっ」
伸びきったパンティ生地は全く視界を遮断したわけではないが表情がよく見えなくて声でしか雪の感情がわからない幸太は、大事な一人息子をブンブンと乱暴に振り回されてちぎられそうな勢いに焦って暴れる手ごと蛍を抱きしめた。

水泳部マネージャー (47)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:22:44 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3968-3df77d58
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next