FC2ブログ

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (36)おバカな勝負

ろま中男3 作品リスト
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (36)おバカな勝負

「触るなっ、変態っ」
幸太は湯気を上げるセクシーナイスバディにのぼせ上がり、温かくて大きな水マリを揉みまくっていたが、腕の中でスルリと向きを変えた雪にのしかかられるとあっさり床に押し倒された。

「ひいいっ」
まなじりを上げた雪は大胆に広げたムッチリ太ももでヘタレ幸太の腰を押さえつけた。
「ごめんなさいっ」
入浴美女の裸体に馬乗りされたヘタレはみっともない声を上げて怯えたが、分身は元気に反り上がったままでセクシー女子大生の局部を左右に押し広げて食い込んでいた。
「…、マネージャー?、水泳部の?」
顔の前に手を上げて怯える1年坊主をにらみつけた雪だったが、アソコにモロに食い込むソレの大きさに淫靡な昂ぶりをもよおしてお湯が垂れる太ももをソワソワさせると、ギュッと目を閉じたヘタレ顔をしげしげと見つめた。

「え?…、は、はい…、頼子さんから、頼まれました…」
怒りのトーンが落ちたのにおそるおそる目を開けた幸太は疑いの混じった強い視線に腰が引けたが、ツンと立ったピンク色の乳首からお湯のしずくが落ちるのをチラチラ見ながら水泳部和風美人キャプテンの名を出した。
「頼子が、アンタを?、ウソでしょ…」
歴代のイケメンマネージャーを知っている水泳部OGは、ブサイク寄りのパッとしない顔を相変わらずいぶかしげな顔で見ていたが、デカマラが食い込んだ柔らかい肉からエッチなおツユを沁み出していた。

「いや、ホントです、頼子さんと理香さんに『おっきい』って褒められましたから」
まだ怒りが収まらない目をまともに見られないヘタレだったが、なんとかこのピンチから逃れたくて懸命に説明した。
「…、確かに、大きいわね…、でも、こんなに大きくしてるなんて…、よっぽど溜まってるのね」
後輩である現正副キャプテンの名前を出され、そのうえ今現在現実に外性器を押し広げるデカマラを実感する雪は、怖じけながらも訴えるヘタレの言い訳に若干信憑性を感じて聞き返した。
「えっ…、いや、その頼子さんと理香さんに…、10回以上…しましたけど…」
その声に怒りの籠もった拒絶のトーンが緩んだのを感じたヘタレは怯えたヘタレ顔を緩めると、エロバカの地を出して自慢がうっすら混じったセリフを口走っていた。

「10回?、今日1日で?」
自分の知っているイケメンマネージャーはがんばってもせいぜい4、5回だったので、絶倫ぶりを自慢する見栄っ張りなブサメンのデタラメだと癇に触った雪は騎乗位で抱きつくように迫ると、詰問してヘタレ顔をにらみつけた。
「ほっ、ほんとですっ、昨日の晩、自分でしたのを合わせたら20回以上は…」
貧弱な胸板に押しつけられる柔らかくて大容量な弾力に自然に顔が緩んでくるエロヘタレは、チューできそうなほど近い怒った美人顔にマゾっぽい倒錯色情を昂ぶらせていた。

「20回?…、ふうん…、じゃあ、私としてみる?」
外性器に食い込むデカマラの熱さで官能的な下半身をゾクゾクさせて変になっていた雪は、口のハシにスケベ笑いを浮かべる幸太の大風呂敷にバカにされた気がして思わず勝負を挑んでいた。
「えへっ?、いいんですかっ」
おバカなセックス勝負を挑まれた絶倫バカは勿怪の幸いとばかりに飛びつくと、覆い被さる艶めかしい裸体に手を伸ばしてまさぐりだした。
「あん…、とりあえず、これからでしょ」
お湯に濡れてピンク色を帯びた柔肌をイヤらしい手で触られてエッチな声を漏らした雪はまたがったまま体の向きを変えると、AVでセオリーになっているお口の奉仕からはじめた。
「うひっ、はわあっ、きもちええっ」
雪はヌメリ気を帯びたアソコをエロバカの顔に向けたシックスナインの体勢でデカマラの先端をペロペロした。
「んっ、ホント、おっきいわね…」
先割れ口からあふれるカウパー汁を舐め取った雪は先端を咥えようとしたが口に入りきらず、あらためてその大きさを実感して呆れたような声を漏らした。

「うへへっ、舐めていいですか?、ずじゅるっずびいいっ」
頼子のプライベートレッスンでエロテク経験値がアップしたとうぬぼれるエロバカは、分身を愛撫される気持ちよさにますます図に乗って目の前でヒクヒク震える外性器にスケベ笑いして思いっきり吸い付いた。

水泳部マネージャー (37)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:06:03 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3958-380b8345
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next