FC2ブログ

== 水泳部マネージャー ==

水泳部マネージャー (35)稲沢邸のお風呂

ろま中男3 作品リスト
水泳部マネージャー 目次

水泳部マネージャー (35)稲沢邸のお風呂

「ここ…」
会話がないまま稲沢蛍の家に到着した。とっくに日が落ちてすっかり暗くなっていたが幸太は庭付き一戸建ての真新しい白い壁がまだ新築に近いと思った。

「あ、でも母ちゃん、いるんだよな」
二人で歩いている間、処女のはずの蛍を犯す妄想で股間を膨らませていたエロバカは、蛍のご両親に挨拶しなければならないことにやっと気付いて焦った。
「ううん、お父さん、単身赴任なんだけど、お母さんも一緒に行ってるから」
玄関の前で尻込みするヘタレ幸太に蛍はいつもと同じうつむきがちな視線を向けて両親の不在を告げた。
「あ、そうなんだ」
やりたい放題かよ…。
保護者がいないとはなんて不用心な家なんだろうとよけいなお世話な心配をした幸太だったが、
「おい、パンティ脱げよ」
玄関に入ってドアに鍵を掛けると同時に靴を脱ごうとして前屈みになった蛍の純白セーラーのスカートに手を入れた。
「あっ、あの、ご飯食べてくでしょ」
エロエロ幸太にうっかり無防備なお尻を向けてしまった蛍は、あわてて幸太の手ごとミニスカを押さえると鼻息を荒くして欲情する変態を何とかなだめてキッチンに誘った。

「やあん…、あっ、新条君、ご飯出来るまでお風呂入ってて」
キッチンに向かう廊下でエロバカにお尻を触りまくられる恥ずかしさで頬を染めた蛍は、システムキッチン横の壁に設置したリモコンが入浴可能状態になっているのを見ると、お風呂に入るように勧めた。
「あ?、風呂?…、そうだな」
キッチンで裸エプロンの蛍をバックからバッコンバッコン犯す妄想で萌えていた幸太だったが、今日1日で水泳部正副キャプテンとやりまくって汗をかいていた。ハツモノの蛍とやるときは身を清めた方がいいかもとあっさり蛍の勧めに従った。

…、おほっ、使用済み下着か?…。
蛍に教えてもらってバスルームに入ったエロバカ1年坊主は、脱衣カゴに投げ込まれたパンティをめざとく見つけると早速顔に当ててフンフン鼻を鳴らして嗅いだ。
アイツ、けっこうだらしないな…。
いい匂いに混じってかすかに漂うメスの匂いに息子を緊張させてバカ面で笑うエロボケは、蛍にも洗濯物を出しっぱなしにする無精な面があるんだなと妙な感心をしていた。

「…、うっ?」
パンティの残り香を満喫してアホ面を緩ませた幸太は、浴室のドアを開けると思わず息を飲んでナニが屹立した股間を丸出しにした状態で棒立ちした。
「ん…、あ、蛍、帰ったの?」
湯気の中には瑞々しい女体がいすに座って頭を洗っていた。蛍に水泳部マネージャーの秘密を話した姉の雪だった。シャンプーの泡で目が開けられない雪は幸太を蛍と勘違いしていた。
「う…」
淫靡なシワを刻んだウエストから脂ののった腰肉を伝って垂れる水滴を見つめた幸太は、それがイスにひしゃげたお尻にたどり着く頃には股間のソレをビンビンに硬直させて戦闘準備完了していた。
「なに?、一緒に入る?」
イチモツを反り上げて入り口で仁王立ちする幸太をまだ蛍だと思っている雪は、ふざけて一緒にお風呂に入ろうと笑い混じりに誘った。

「じゃあ、お言葉に甘えて」
頼子や理香とはひと味違う女子大生のセクシーな女体に血迷ったエロガキはせっかく誘ってくれたんだからと調子に乗ってシャンプーを続ける雪の背中に抱きついた。
「えっ?、アンタ、誰?」
男の声とともに固いイチモツを背骨に押しつけられてギョッとした雪は、悲鳴に近い声を上げて泡だらけのまま振り返ると険しくした細目で幸太をにらんだ。

「あっ、オレ、蛍の友達の幸太です、今日から水泳部マネージャーになりましたっ」
ほんのりピンクを差した裸体の気持ちよさに舞い上がってバカ笑いするエロガキはセクシー女子大生の不興などお構いなしに、泡でヌルヌルするたっぷりした乳房を両手で揉み揉みしながら、勃起したデカマラをスベスベした背中の素肌にすりつけてヌルついた悦びに浸っていた。

水泳部マネージャー (36)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 大人の生活ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:21:34 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3957-ae2d109e
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next