FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (71)幽霊屋敷

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (71)幽霊屋敷

「くっ…、あふあっ…」
うっ…、出るっ…。
性欲と怒りに支配されて狂ったように腰を振った士宇児は、裏スジに熱い込み上げを感じるといきり立った息子を根本までねじ込み、マヌケな声を漏らして尻タブをピクピク震わせた。

「あっ、んっ…」
廃屋の柱にしがみついて激しいだけの挿入を懸命に受け止めていた乃舞子は、めいっぱい膨張したカリで子宮口をこじ開けられた。
「ああっ、くうんっ…」
子宮にナマザーメンを注入された乃舞子は、貞子風黒髪が流れて現れた美少女顔を卑猥なアヘ顔にゆがめた。

「ひいっ」
「わあああっ」
ナマ出しのけだるい満足感に顔を緩めた士宇児がほこりだらけの薄暗い床にへたり込むのと同時に、男の子の悲鳴が響いた。


学校からは禁止されていたが近所の子供はこの廃屋を遊び場にしていた。廃屋の中から聞こえてきた妖しいあえぎ声に少年たちは緊張した面持ちで顔を見合わせた。

半壊したあばら屋から聞こえる声にすぐさま幽霊のたぐいを連想して総毛立つ恐怖に襲われたが、彼らは子供っぽい意地の張り合いと好奇心でおそるおそる廃屋の薄暗がりに足を踏み入れた。

ギシギシきしむ床に怯えてお互いに牽制しながら士宇児たちがいる部屋に踏み込むと、キャミがはだけた艶めかしい女体がボンヤリ浮き上がっている様子が、暗がり慣れた目に飛び込んでくる。

ナマ本番直後の艶めかしいけだるさをまとった乃舞子の姿を目撃してオシッコを漏らしそうなほど震え上がり、乱れた貞子風黒髪を口に含んだアヘ顔にビビって、泣き声に近い悲鳴を上げて逃げ出した。

しばらくして「あの廃屋にはエッチな格好した幽霊が出る」というウワサが近所の小学校で広がった。


「…、なんだ?…」
誰か、いたか?…。
子供たちの悲鳴をなんとなく感じたが、射精直後のけだるい余韻を楽しむ薄らボケにはどうでもいいことだった。

「またっ、しっ、しちゃったっ、ねっ」
幽霊扱いされることに慣れているからか乃舞子も少年の悲鳴を気にしてなかった。乱れたキャミを直した乃舞子は、脱力して座り込む士宇児の横に例の顔面神経痛笑顔を見せて座った。

「あ…、ああ…」
あ…、ナカ出し…。
生殖本能の昂ぶりのままナマ本番してしまったことにやっと気付いたが、その後のことを考えるのは面倒だった。

「で、出来ちゃう、かなっ?」
乃舞子は赤ちゃんが出来るかもしれないことにうれしそうなドモリ声を漏らし、火照った官能的な女体を寄りかからせた。
「あ、ああ…、そうかもな…」
はあ…、めんどくせえ…。
昨日は冷たく突き放して逃げ出した鬼畜チビだったが、薄幸少女の身の上を知って同情していたのか、剥き出しの肩に手を回すと高校生らしくない官能的な女体を引き寄せた。

「うっ…、うんっ…」
肩を抱く手にびっくりしたような表情を見せた乃舞子は、うれしそうにうなずくと重苦しい黒髪の頭を傾げて寄りかかった。

「…、おまえ、髪型、変えたら?…」
カワイイ…、でも、鬱陶しい…。
体を預けてくる黒髪美少女になんだかうれしくて顔が緩んでしまうエロヘタレだったが、やたらと量の多い髪をいじってパンティシュシュのポニーテールを思い出すと、照れ隠しするように思ったままを口に出した。

「…、そうっ、かなっ?…」
愛玩する日本人形と激似の貞子風ヘアがアイデンティティなのか、無責任でお節介なセリフに躊躇した乃舞子は重苦しい黒髪のスキマからとまどいがちに視線を泳がせていた。

陰気美少女乃舞子 (72)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)


エンターベイの12inchフィギュアです。

7月24日発売の101号は飛龍一型(1/120 浜松教導飛行師団)です。7月30日発売の世界の軍艦コレクション8/20号(15号)は重巡青葉です。7月30日発売の自衛隊モデル・コレクション8/27号(11号)は89式装甲戦闘車です。

Tony×宮川武 E☆2オリジナルフィギュア 黒スク水メイドver.は62%引きです(7/16現在)。スーパーロボット超合金 グレンダイザーはただの個人的好みです。スーパーロボット超合金 真ゲッター1 OVA版は予約品です(8/31発売予定)。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:34:58 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3845-8f3b92fb
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next