FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (54)ヘタレな卑怯者

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (54)ヘタレな卑怯者

「は…」
コイツ、何言ってんだ…。
ナマ出しまでされたのに乃舞子は間接キスにうれしそうだった。乙女心がわからない朴念仁はなかばあきれて二の句が継げなかった。

「あ、赤ちゃん、でっ、できちゃっ、うっ、かもっ」
女座りで発育のいい女体を色っぽく傾げた乃舞子は、士宇児に寄りかかってウットリした吃音声を漏らした。

「へ?…」
赤ちゃん?…、うっ、コイツ…。
妊娠結婚を迫られる短絡的な妄想に襲われたヘタレチビは、1回だけのナマ本番で責任取らされるなんてごめんだと逃げ腰になった。

「そうだ、用事があったんだっ」
そんなんっ、ありかっ…。
寄りかかる女体を押しのけるように立ち上がった卑怯者は焦ってそう言うと
「じゃあなっ」
知らねえよっ…。
乃舞子を置き去りにして逃げ出した。

「あ…」
残された乃舞子は缶ジュースを両手で持ったまま、路地を出て行く学生服の背中を見送った。

白いリボンのようなパンティシュシュでポニーテールにしたままの乃舞子は、ギクシャクした歩き方でコンビニに戻ったが士宇児の姿はなかった。

乃舞子は陰鬱にうつむいてしばらくその場に立ち止まっていた。それからパンティシュシュを解いてサダコヘアに戻るとジュースが残った缶をゴミ箱に入れた。ノーパンのままママチャリにまたがってゆっくりとこぎ出した。

「…、仕事、今日も無かったよ」
アパートに戻るとあぐらをかいたステテコ姿の親父が情けない声で迎えた。

「…」
何の反応もない乃舞子は日本人形を手にして折りたたみテーブルの前に座る。
「…、いいだろ」
ステテコを脱いでスネ毛が見苦しい下半身を剥き出しにした変態鬼畜親父は、股間を屹立させて迫ってきた。

「(…)」
親父の存在など眼中にないような乃舞子は、自分の分身のような黒髪人形になにやら小声で話しかけていた。

「乃舞子…、はあはあ…」
変態じみた吐息にせっぱ詰まった声を漏らした変態オヤジは、セーラー服の背中にのしかかって紺ミニスカに手を入れた。
「なあ…、いいだろ…」
お尻をまさぐりワレメの奥に指をねじ込んでアソコがぬかるんでいるのを確認すると
「んっ、おっ」
ミニスカをズリあげてゆで卵のようなスベスベ尻肌を丸出しにして抱え、いきり立った息子を即入れした。

「(…)」
荒い息にまみれて腰を振る鬼畜オヤジの猛々しさと対照的に、重苦しい黒髪で顔がほとんど隠れた乃舞子は変わらずに人形になにやら話しかけていた。

「はあっ、ああっ」
現役女子高生の発育のいい女体にナマで陵辱するオッサンのケダモノじみたうなり声が、小汚いアパートの一室に響いていた。
「ああっ、乃舞子おっ…」
娘を犯して快楽を貪る変態オヤジは、吹き出した汗でたるんだ腹にランニングシャツを貼り付け、バーコードハゲの残り少ない髪を額に貼り付けていた。

「(…)」
挿入の勢いで小刻みにカラダを揺らす乃舞子は呪文のように人形に話しかけるだけで、何の反応もせずに犯されていた。

ただ激しい突き上げに頭がガクンと揺れた拍子に黒髪が流れ、そのスキマから無気力な目が見えた。何も見てないようなボンヤリした目には涙があふれそうに揺れていた。

陰気美少女乃舞子 (55)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)



自衛隊モデル・コレクション9号(7月2日発売予定)は61式戦車です。自衛隊モデル・コレクション公式サイト 最新号・バックナンバー
世界の軍艦コレクション13号(7月2日発売予定)は戦艦陸奥です。世界の軍艦コレクション公式サイト 軍艦コレクション
日本陸海軍機大百科 2013年 7/24号(100号)は零式艦上戦闘機二一型です。
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:43:18 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3828-1fb550a8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next