FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (23)また父の慰み者に

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (23)また父の慰み者に

「んっ…」
ノゾキ変態チビが逃げ出す物音にピクンと震えた乃舞子は、
「ああっ、ああっ…」
何事もなかったように床に脚を投げ出したM字開脚ポーズでオナニーを続け、ほどなくエクスタシーに達してセーラー服に包まれた成長過多なカラダを切なげによがらせた。

「あ…、ああ…」
重苦しい黒髪のスキマからのぞく目に淫靡な鈍い光を帯びた乃舞子は、かすかなスキマを見せる花びらの間からピュッと潮を吹き、15歳に見えないセクシーな女体をしばらく痙攣させていた。
「はあ…」
淫靡な雰囲気をまとった黒髪陰鬱少女はけだるそうに立ち上がると、士宇児のイタズラでザーメンが付着したパンティをつまみあげてサッシ窓を開けて洗濯機に入れた。

「…」
サッシのすりガラス部分に付着した粘液をチラ見した乃舞子は、そうするのが当然と言わんばかりに指ですくって艶めかしい唇のスキマに差し込んだ。
「ん…」
パンティに付着したソレと同じだと確信したように小さくうなずいた乃舞子は、ティッシュでサッシ窓をキレイに拭き取り、何もなかったように部屋に戻った。


「…、ただいま」
ほどなくして父親が帰ってきた。
「やっぱり仕事、なかったよ…」
昨日と同じようなつぶやきを漏らしたオッサンは服を脱いでステテコ姿になると
「乃舞子…」
そのまま娘のカラダに覆い被さった。

「だっ、だめ…」
ノーパンセーラー服姿で折りたたみテーブルの前に座っていた乃舞子は欲情する父親を押し返すと
「しっ、シワに、なっ、なったちゃう」
自分からセーラー服を脱いでブラだけ装着した若い裸体をさらし、ドッグスタイルにヒザをついて変態オヤジにスベスベした尻肌を向けた。

「ん…、ああ、乃舞子…」
ハアハアと荒い息にまみれて尻アナ丸見えのお尻に勃起チンポをすりつけたオッサンは、さっきオナニーしたばかりで恥部が十分ほぐれているのを見て即入れナマ挿入した。

「はあっ、ああっ、はあっ」
服従のポーズともとれる四つんばいの姿を続けて挿入される勢いに任せて無表情に揺れる若い娘のカラダに、性欲のまま覆い被さった変態親父は狭いアパートの一室に興奮した吐息を響かせて小汚いケツを振りまくった。

父親が娘を陵辱するおぞましい光景がしばらく続き、オッサンの苦しそうな息づかいと粘膜同士がこすれ合うヌメリ気を帯びた卑猥な音だけが静けさをかき消していた。

「うっ、出る…」
腹の出た中年の体重を緊張した四肢で懸命に支える乃舞子に、本能のまま腰を振り続けたオッサンは絶頂に達して情けないうめき声を上げた。

「おっ、おお…」
娘の膣ナカでドクドクとズル剥けチンポを震わせた中年は、汗にまみれた顔にうっすら不気味な笑いを浮かべて娘にナカ出しするただれた幸福感を味わっていた。
「…、じゃあ、お父さん、風呂はいるから」
射精後しばらく荒い呼吸を続けて新鮮な女体のスベスベした素肌にのしかかっていたオッサンは、ゆっくり体を起こすと一人言のようにつぶやいて風呂場に入った。

「…」
オッサンが風呂にはいるのを無表情な目線だけで確認した乃舞子は、ブラだけの裸体を起こしてしゃがむと、
「んっ」
昨日と同じようにティッシュをオマタの下に引いてからいきみ、充血気味に赤みを帯びた花びらのスキマからザーメンをピュッと吹き出した。

陰気美少女乃舞子 (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:13:45 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3797-c1280ab8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next