FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (14)ザーメンパンティ

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (14)ザーメンパンティ

すげえっ…、お宝動画…。
佐藤が出て行った女子教員専用トイレにひとり残った士宇児は、保存したオナニー動画を見直して満足げだったが、
やべ、遅れる…。
朝のHRが始まる時間に慌ててトイレからかけだした。

あ、エリ先生…、ただいまっ、オレののぶたん…。
廊下でエリのセクシーな後ろ姿を追い抜かした士宇児が教室に戻ると、乃舞子は相変わらずうなだれた猫背で前の席に座っていた。
きもちいい、おしりちゃん…。
士宇児は座ると目の前の豊満なお尻を見つめて、痴漢したときの感触を思いだして不気味に一人笑いしていた。

おっ、チャンス…、
すぐにエリが教室に入ってきて全員起立して朝の挨拶したときに、90度に最敬礼して乃舞子のお尻スレスレに顔を下げたエロチビは
見ちゃうぞ…。
すばやく膝丈紺ヒダスカートのスソをつまんで、イスの背の窓側に引っかけた。

やっ、白パン、ゲット…。
変態チビの思惑通り乃舞子はスカートのスソをイスに引っかけたまま座り、窓側にコットンパンティのゴムが食い込んだお尻を大公開していた。
うひひっ、たまらん…。
自分だけのエロい絶景にご機嫌の士宇児は、
そうだ…。
教員専用女子トイレでの悪趣味なイタズラを思いだし、例のビニール袋で今度は乃舞子にイタズラしてやろうと妄想した。


チャンスだっ、ほいほいっ…。
1時間目2時間目をおとなしく過ごした士宇児は、トイレなのか乃舞子が席を立つとカバンからビニール袋をこっそり取りだし、クラスメイトに見られないように白い汁をイスの上に搾り出した。

おひっ、か、帰ってきた…、
ドキドキしながら寝たフリをした士宇児は、ワキの下から休み時間が終わる前に戻ってきた乃舞子を盗み見た。
やるぞっ…、
異常性欲変質者はお気に入りのお尻がいすに座る直前、紺ヒダスカートのスソをシャープペンに引っかけて朝のHRの再現をした。
やっ、やった…。
狙い通り乃舞子はナマパンでイスに腰を下ろした。その直後カラダがピクンと震えた。だがそれだけで乃舞子は何もなかったようにいつものようにうつむいて座っていた。

うひいいっ…、オレの毒液が、のぶたんのパンティに…。
またも窓側に公開された純白パンティのお尻を、ニヤケ顔を見られないように顔を伏せた士宇児が上目遣いに鑑賞していた。

うわはっ、くううっ、わははっ…、
イスに垂らした結構な量のザーメンが純白パンティにベッタリ沁みて、柔らかくて気持ちいい乃舞子のお尻に滲んでいると思うと、体中がスケベな興奮ではち切れそうだった。
だ、だめだ、だめだっ…、今は学校だ…。
突然大声を上げて暴れ出してしまいそうになるおバカな倒錯興奮を、机にカラダを伏せて笑いをかみ殺した士宇児は懸命に押さえ込んでいた。

陰気美少女乃舞子 (15)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:56:05 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3788-5b29c6c8
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next