FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (7)ナマ出しする父親

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (7)ナマ出しする父親

「ん、おっ、はっ、あ、あっ…」
ランニングシャツに半ケツステテコ姿のオッサンは、無反応の乃舞子に覆い被さって腰を振り続けた。

「あ、ああっ、はあっ」
若く成熟した娘のカラダにのめり込んだ変態オヤジは、あふれる汗でムダ毛がまばらなカラダにランニングシャツをはりつけ、ナマ挿入の快感をむさぼりケダモノじみた吐息にまみれていた。

「(XXXX…)」
ムダな肉をまとった腰をカクカク振って息を荒げるオッサンとは対照的に、陰気美少女は表情を変えずにあえぎ声も出さなかった。着物人形に小さな声で話しかけながら、愛液で濡れた膣壁を荒らす激しい突きあげに新鮮な女体を前後に揺さぶられ続けた。

「はあっ、乃舞子、のぶこお…」
茶系部屋着に手を入れた鬼畜オヤジはたっぷりしたナマ乳を淫靡にゆがめて揉みくちゃにし、娘の名を呼びながら勃起した乳首を指のマタでクリクリした。

「はあっ、ああっ、のぶこお…」
狭いアパートの一室にオッサンのうわずったあえぎ声と、サオで広がった媚肉がたっぷりの愛液まみれに引き出され押し込まれる淫靡なぬかるんだ音が響いていた。

「うっ…、い、いくぞ…」
少女らしくない成熟した娘の女体を邪な欲望で陵辱し続けたオッサンは、突然裏返ったあえぎ声を上げると勃起チンポを若い女体の奥底までねじ込み、大量の白濁液を注入した。

「ん…、(XXXXX…)」
膣奥までねじ込まれたチンポがビクッと震えて、ドピュッとザーメンを放出した瞬間にだけ小さくあえぎ声を上げた乃舞子は、すぐにうつろな目になって人形に小さな声で話しかけた。

「はあっ、はっ…、はっ、はあっ…、ああ…」
娘を慰み者にしてたっぷりナマ出ししたオッサンは、あいかわらず女の子座りでわずかに腰を浮かせたカラダに覆い被さり、汗でランニングがはりついた背中を荒い息で上下させていたが
「ん…、はっ、ああ…、おとうさん、おふろ…、はいるから…」
けだるそうに体を起こすとたるんだカラダにまとわりつくシャツをうっとうしそうに脱いで風呂に入った。

「…」
目線だけで父親を見送った乃舞子はティッシュを何枚か取って立て膝のオマタに当てると
「んっ…」
顔色を変えずに小さく呻き、最前まで咥え込んでいた肉棒の名残でかすかにスキマを見せる媚肉の合わせ目から、ピュッとザーメンを吹き出した。

「…、スー、…、はあ…」
指ですくってそれを顔の前に持ってくると鼻から息を吸った。あいかわらず表情を変えない乃舞子は、温かいザーメンから立ち上るツンとするクリ花臭さに、重苦しい黒髪を揺らしてかすかに首をかしげた。

それをティッシュで丁寧にくるんでゴミ箱に入れると、もう一度オマタにティッシュを当てて残りをキレイに始末した。

陰気美少女乃舞子 (8)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:05:31 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3781-c416ea11
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next