FC2ブログ

== 陰気美少女乃舞子 ==

陰気美少女乃舞子 (3)藤堂エリ学級

ろま中男3 作品リスト
陰気美少女乃舞子 目次

陰気美少女乃舞子 (3)藤堂エリ学級

「1年2組は…」
入学式の間ずっとエロチビ士宇児からソフト痴漢行為を受けつづけ、イヤらしい妄想で汁気まみれになぶり者にされた乃舞子は、式が終わると若い女性教師の号令に従って立ち上がり、猫背のぎくしゃくした歩行で前の生徒に付いていった。

ちょっとぐらい…。
1時間以上もエロ妄想にたわむれ、スケベネタで頭の中がいっぱいになっていた士宇児は、乃舞子に続いて立ち上がったときにさりげなく紺ヒダスカートのお尻にタッチしたが、やはりネクラ美少女に何の反応もなかった。

うっ、うひいいっ…、触ってやったっ…。
誰かに見とがめられたかもしれないドキドキ感で士宇児はゴクンとツバを飲み込んだが、ぱっとしないチビに注目する教師や生徒などいなかった。

姿勢は悪いけど、いいカラダしてるよな…。
若い担任美人教師の先導で教室に向かう間も、士宇児は猫背にうつむく乃舞子の後ろ姿を舐め回すように盗み見していた。

うひょうおっ、これって、運命?!…。
教室に入るとここでも出席番号順に席が決められて士宇児は窓側のいちばん後ろになった。乃舞子は士宇児の前の席にうつむいて座った。

「藤堂エリです、担当は…」
担任教師は藤堂エリと自己紹介した。英語担当でまだ教師3年目だと言った。いかにも入学式らしい薄いピンクのスーツ姿は、成熟した女体のセクシーなラインを隠しきれずに健康的な女体美を漂わせていた。

おおっ…、いい女じゃんっ…。
スケベ少年の妄想対象はネクラ美少女から明るく優しそうな美人教師に移り、さっそく妄想の中でピンク色のスーツを脱がせた。股間で窮屈そうに膨らんだ息子は先端をカウパーな汁でネチョネチョにしていた。

はあっ…、ええ乳、しやがって…。
エリのオリエンテーリングなど興味なさそうに窓の外に顔を向けたエロチビは、スーツを張りつめる豊かな胸やタイトスカートを突っ張らせる艶めかしい腰周りをときどき盗み見て、スケベ妄想を頭の中に充満させていた。

やがて自己紹介が始まって乃舞子が何を言うのかワクワクして待っていた士宇児だったが、終始うなだれたまま重苦しい黒髪で顔さえほとんど見せずにボソボソつぶやく乃舞子が何を言ったのか全く聞こえず、エリが指名したときの小谷乃舞子という名前しかわからなかった。

次に順番が回ってきて美人教師の綺麗な声で指名された士宇児も、根暗美少女とどっこいどっこいだった。

「ウジウジくんっ、なに言ってんのっ、お家に帰って、ママのおっぱいしゃぶらせてもらえばっ」
額に汗を浮かべて口をもごもごさせる士宇児を、ミニスカギャル板東佐知子があざ笑うような口調ではやし立てる。

「板東さん、同じクラスなんだから、仲良くしてね」
小学校以来の幼なじみというよりイジメっ子ギャルの羞恥言葉責めに何も言い返せず、ヘタレにうつむく士宇児にエリが優しい口調で助け船を出したが
「先生、大丈夫だって、ワタシら、仲良しだもんなっ」
反省するそぶりなど一切無い佐知子は、顔を上げられないヘタレチビを嘲笑混じりに冷やかしていた。

殴る蹴るの暴力行為をする側とされる側の関係を「仲良し」と形容するなら、確かに佐知子と士宇児は小学校以来の「仲良し」だった。

「落合君…、座って」
入学式の日から問題児っぷりを発揮する佐知子に、教室の空気が凍りついていた。佐知子の生徒指導は後ですることにして、とりあえず全員の自己紹介を優先したエリは優しく微笑んで士宇児を座らせた。

キレイで、おっぱいがでかい上に…、優しい…。
優しい美人教師の声でうつむいた顔にイヤらしい笑いを浮かべたエロチビは、目の前に座る黒髪陰気美少女のことなどすっかり忘れた、自己紹介の間ずっと変態倒錯妄想でエリの成熟した女体を陵辱しまくった。

「じゃあ、明日からしっかり勉強しましょうね」
クラスメイトの自己紹介などまったく馬耳東風だった士宇児が、エロ妄想で美人教師を5回はイカせた頃にオリエンテーションは終わった。

陰気美少女乃舞子 (4)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:36:10 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3777-23224719
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next