FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (134)女子のお買い物

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (134)女子のお買い物

「おまたせ…、って、またかいっ、どエロ店長っ」
トイレから出てきた里歩はちょっと内股気味で恥ずかしそうだったが、チェックミニをズリ上がりすけすけパンティが食い込む静香のオマタを、スケベ笑いで眺める店長を認めると間髪を入れずにケリを入れた。

「あっ…」
へっ…、板海苔?…、お、オマ○コ!?…。
大胆にナマ足を広げてケリを繰り出す里歩をエロ本能で見ていた緋都司は、何もはいてないオマタの白い素肌にくっきりした板海苔状の茂みと、その奥に咲いたこじんまりしたピンク色の花ビラを一瞬だったがしっかりと見た。

里歩がトイレに行ったのは実はこのためだった。

見た目は冷静に見えても、ノーパン静香をかまう緋都司へのヤキモチで心穏やかでないセーラー服美少女は、おバカな対抗心を燃やしてトイレでノーパンになり、脱いだパンティをポケットに潜ませていた。

「!…、ま、まあまあ、大谷君…」
容赦ないケリにすっころんだ変態店長は、ケリをくらいながらやはりエロ本能でセーラー服の紺ミニがまくれあがるその奥をしっかり観察し、条件反射的に股間をふくらませていた。
「そんなにツンケンしないで…、これバイト料、イロ付けといたから…」
今夜のオカズを提供してくれた美少女バイトにだらしない笑いを浮かべる店長は、数割り増しのバイト料をとっぱらいした。

「…、ありがとうございます」
バツが悪そうに怒り顔を曇らせた里歩は素直に受け取った。スケベ店長のいやらしい視線を知りながらバイトを続けているのは金払いのよさがあるからだった。

「じゃあ、明日も頼むよ」
しおらしい表情を見せた里歩にうれしそうにスケベ笑いを見せた変態店長は、紺ヒダミニを丸く張りつめるお尻にタッチするセクハラついでに、今夜のオカズにと脱ぎたてほやほやのナマパンをポケットからこっそり抜き取っていた。

実は店内のトイレには隠しカメラが仕込んであり、里歩がトイレにはいるのと同時に変態店長はその様子を確認していた。さすがの里歩も隠しカメラの存在には気づいてなかった。

「…、はい」
パンティを盗まれたことに気づかず、お尻をいやらしい手つきでなでられてもツッコまなかった里歩は、変態店長の上気したエロ笑顔に無表情で応えてコンビニを出て行った。


「…、ちょっと、お買い物、していっていいですか?」
あ…、ちょうどよかった…。
緋都司の家に向かっていた静香はある店を見つけると先を歩く童貞DKの背中に声をかけた。
「は?…、いいけど」
買い物?…、なんだ?…。
封筒の分厚い束を目撃していた緋都司は静香をまだ金持ちのお水女と思いこんでいて、なにかセレブな買い物でもするのかと思った。

「あの、できれば、女の子だけで…」
だって、恥ずかしいよね…。
変態店長にもらったすけすけパンティをオマタに食い込ませて早くも湿らせていた静香は、紺ニーハイ太ももをすりあわせてモジモジしながら童貞ご主人様に恥ずかしそうにお願いした。

「?…、いいわよ、緋都司は先に帰っててよ」
静香が何を考えているのかわからないが、緋都司抜きで話がしたいと思っていた里歩が緋都司の返事を待たずにOKした。

「…、じゃあ、先に行くから…」
なんだよ…、ノーパンのくせに…、
どM従順奴隷の突然の申し出に全く要領を得ない童貞DKは、キリリとした里歩の横顔にさっき見た生マ○コを思い出したが
まあいいか、先に帰って準備を…。
散らかしまくりの部屋を片づけてナマ本番突入しやすい状況を整えておくのもいいと考え、セーラー服美少女とセクシーなんちゃってJKを置いて帰っていった。

淫乱妻静香調教 (135)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます
関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 19:08:30 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3764-b388683f
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next