FC2ブログ

== 淫乱妻静香調教 ==

淫乱妻静香調教 (132)コンビニ羞恥プレイ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
淫乱妻静香調教 目次

淫乱妻静香調教 (132)コンビニ羞恥プレイ

「あ…、じゃあ、待ってます」
そうなんだ…、この子…。
ぶっきらぼうにツンツンする里歩の緋都司に対する気持ちを敏感に察知した静香は、愛のキューピットになったつもりで二人の仲を取り持ってやろうと考え、うれしそうに目を細めた。

「へ?…」
なんだよ…、早くしてえのにっ…。
静香のお節介な企みなど思いもしない緋都司は早くナマ本番に突入してウハウハしたかったが、ご機嫌な静香の妖しい笑いに何も言えずに、童貞っぽい屈折した思考でもったいぶってコンビニに入ったことに後悔した。

「じゃあ…」
しょうがない…、雑誌でも見て、待つか…、
強引に押し切られた形の緋都司は、しょうがないので里歩のバイトが終わるまで雑誌でも読もうと思ったが
「…、おい…」
あ…、これで…。
従順奴隷らしく横に控える静香の紺ブレザーに包まれた官能的な女体を横目で見ると、青年雑誌のコーナーにずれた。

「はい?…」
なんだろ?…、あ、エッチだ…。
これまでと違ってぞんざいな口調で呼ぶ緋都司にどM従順奴隷の血をゾワゾワさせ、ノーパンのツルツルオマタをヌルヌルにした静香は、テープ止めをはずして成人雑誌を開いた緋都司に心持ち頬を染めた。

「…、おまえも、やれ…」
緋都司が開いたページには、本棚に手をついて股間に手を入れるセクシー美人がデカデカと載っていた。静香の電車内オナニーを思い出しながら、やや緊張気味な童貞DKはご主人様ぶった声で羞恥プレイを命令した。

「あ…、は、はい…」
あの娘…、
レジでバイトする里歩の乙女心に気が引けた静香だったが、従順奴隷にとってご主人様の命令は絶対だった、
でも、はあん、逆らえない…。
命令されるうれしさにニーハイの太ももをモジモジさせた淫乱奴隷は、チェックミニに前から手を入れて電車内羞恥調教の続きを始めた。

「んっ…、ゴクン…」
え…、エロい…、
オマタに手を入れて切なげな横顔を見せる淫乱美人妻にナマツバを飲み込んだ緋都司は、雑誌コーナーの前でしゃがむと
ホントに、やってるよ…、ど変態女…。
チェックミニでかろうじて隠れたパイパンオマタをローアングルからのぞき込み、ネットリした汁で濡れた媚肉をこねくり回す細い指先を見つめた。

「んっ…、あ、んんっ…」
はっ、ああっ、見られて、るっ…、あっ、あんっ、こ、声が、出ちゃううっ…。
ローアングルからの視線で羞恥調教するエロ童貞DKに、どMなメスの本能を熱くする静香は、透明な汁で浸った媚肉の合わせ目からエロ汁をあふれさせ、ニーハイの絶対領域に垂らしていた。

「く…、ん…」
さ、触って、やるっ…。
切なげにもだえる官能的な下半身に目を血走らせたエロDKは、ゆっくりと手を伸ばすとヒクヒク震える菊門に指先を突きつけた。
「あ…、んん…」
や…、ああっ、そ、そこ…、ああっ、お尻…
コンビニの明るい照明の下でナマ尻の中心に指を突き刺された淫乱奴隷は、あえぎ声が出そうになるのを懸命にこらえて絶対領域のナマ肌をピクピク震わせ、濃厚な愛液を一筋トロ~リと垂らした。

淫乱妻静香調教 (133)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます

関連記事

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:06:53 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 

== Trackback ==

http://aosaga9.blog8.fc2.com/tb.php/3762-5e381236
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next